--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

2008年09月24日 15:01

080924花束

今日は、親切なお隣の家族とのお別れの日でした。
2488km離れたテキサスの地に引っ越すためです。
この日が来ることは分かっていましたが、いざお別れとなるととても寂しくてなりません。
わずか1ヶ月半のご近所付合いだったのにもかかわらず、
こんなに寂しい思いがするのは、短い間でもとても温かい心の交流ができたからです

イラン出身の、本当に親切で気さくないい夫婦でした。
右も左も分からずに不安で一杯だった私達が安心して生活を始められたのも、
お隣さんが親切に接してくれたことが大きかったと思います。
お互い母国語でない英語で一生懸命コミュニケーションし、
お互いに困っている時助け合いました。
最後はメールアドレスを交換し合い、ハグをして別れました。

最後の最後の去り際に、パパの肩越しにこっちを見た一歳のライアンがニィっと笑ってくれました。
人見知りで泣いてばかりいたのに、今まで見たことないようないい表情でした。
もしかしたらライアンも何かを感じていたのかもしれません

こんなステキな触れ合いができたのは、
コミュニケーション媒体が英語だったからだと思います。
年齢や立場は気にせず対等に名前で呼び合え、
心の距離を早く縮めることができるパワーが、英語にはあると思います

本当にありがとう
新天地での幸せを心から祈ってます




コメント

  1. ツル実母 | URL | -

     真心は世界共通で伝わるんですね。
     
    これからもその精神でいい経験を積み上げて行ってください。 

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    日本では菓子折り一つで済ませられてしまうけど、
    こっちには気の利いたお菓子なんてほとんど皆無なので、
    真心を伝えたい時にけっこう真剣に考えちゃいます。
    次にお隣に来る人もいい人だといいなぁ・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/94-a1777482
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。