--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からっぽの部屋と思い出と

2010年09月13日 07:26

今日は、午後にレンタル家具屋さんが家具を引き取りに来る日でした。
午後の何時になるか分からないけど、到着1時間前に電話するという約束でした。
9時半すぎにちょっと買物に出かけて戻ってみると・・・・
家の前にレンタル家具屋のトラックが横付けされてる!なにぃ~!
焦って小走りで家に戻ると、チャイムの音でたたき起こされたツル男の横で、
もう撤収作業が始まるところでした。
「午前中に来ると思ってなかったよ!?」と言うと「ソ~リ~」と一言(笑)

結果オーライ
早目に今日の最重要ミッションが片付いて良かった
ベッドや食卓などがなくなって、今度こそ部屋がからっぽになりました。
今日から2日間は、スーツケースを食卓にして、布団で寝る生活になります。

DSCN7078.jpg

撤収終了後、
毎週月曜日に友達数人と集まって英会話の練習をしている場所に駆けつけました
ボランティアで私達の相手をしてくれているルース
いつも楽しい大らかな雰囲気を作ってくれたおかげで、
英語の練習をしていると意識することなく、
自然体で英語を話す楽しさを感じることができました

こういうボランティアの人達に、外国人の私はずいぶん支えられました。
本当にありがたいことです

ちなみにこの間お別れしたアナも今日のルースも一人暮らしです。
ちなみにルースは80代。予想ではアナはもっとご高齢。
一人暮らしのお年寄りというと「気の毒」「社会問題」というイメージが付き物ですが、
アメリカのお年寄りはそういう雰囲気を感じさせません。
何歳になっても自立心を持ち、
社会貢献して人生を主体的に楽しんでいる姿は素敵だなぁと思います

DSCN7082.jpg

ランチを食べた後は、ツル男の大学で思い出巡りをしました。
1年目に毎日通って英語の勉強をした図書館の最上階。
この海の見えるお気に入りの席で、
いつもマフィンをかじりながらがんばっていました。

DSCN7091.jpg

将来大切な場所の一つとして、懐かしく思い出すのだろうと思います

DSCN7097.jpg

こちらはツル男の特等席。
ツル男の授業が終わると、この部屋に下りてきて一緒に勉強しました。

DSCN7102.jpg

キャンパス内のラグーンの周りをお散歩

DSCN7103.jpg

ラグーンはそのままビーチに続いていて、学生達の憩いの場になっています。

DSCN7108.jpg

大学の近くのカリフォルニアご当地カフェで、
Santa Barbaraという名前の入ったタンブラーをお土産に買いました。

DSCN7110.jpg

夕方はまた湖でジョギングして、一日を締めくくりました
出発まであと2日とちょっとです。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/483-2d02a8e3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。