--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しいお別れ

2010年08月31日 17:50

080809ちよ

ツル男の実家の愛犬チヨがこの世を去った。
ツル男によくなついていて、勘の鋭い穏やかな賢い犬だった。
ツル男も帰国して会うのを楽しみにしていた。
あと2週間ちょっとで会えるはずだった・・・・。

最期にもう一度会えなくてとっても悲しいけど、
看取っていたらもっともっと悲しかったと思う。
そう考えると、チヨの最期の優しさだったような気がする。

私も去年実家の愛犬リンダを失った。
高齢だから覚悟はしていたけれど、中2から一緒に育って、
私の心を癒してくれる存在だったから、とっても悲しくて泣いた。
今思うと、リンダも優しいお別れをしてくれたのかもしれないと思う。

悲しい出来事があると人は、周りの人の悲しみを思って余計悲しむ。
案外お互いに、自分の悲しみより相手の悲しみを思って悲しんでいるのかもしれない。
何だか変だけれど、そこが人間の奥深い所なのかもしれない。

私達が日本を離れていた2年間に、
日本の両家の家族に不幸や病気や大変なことが色々起こった。
そんな時、アメリカからでも何か役に立てないかと画策したけれど、
何もしなくてもただそばにいることが一番の支えになることを思い知った。

やっと家族のそばに帰ることができる。
今まで駆け足で自分達のことで精一杯だったけど、
(そして少なくともまだ数年はバタバタする予定だけど、)
せめて一緒にいる時間を今まで以上に大切にしたい。



コメント

  1. ケイ | URL | -

    本当にけなげで優しい、チヨちゃんだね。
    心からご冥福をお祈りしてます。
    いまごろ天国できっと楽しく遊んでるに違いないよ。

    別れは突然訪れるものだね。後悔したくないから、大切な人に精一杯、気持ちを伝えたり、そばにいたり、自己満足じゃなくて、それが大事にするってことで、思いやりだよね。きっと。。
    私もまた心新たな気持ちにさせてもらいました。

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >ケイちゃん
    ありがとう。

    >別れは突然訪れるものだね。後悔したくないから、大切な人に精一杯、気持ちを伝えたり、そばにいたり、自己満足じゃなくて、それが大事にするってことで、思いやりだよね。きっと。。

    本当にそうだね。
    今回日本の家族と離れて、「このままだったら後悔するかも」って思いました。
    いつでも会える状況だとついつい麻痺して忘れちゃうんだけど、
    伝えたい時に素直に気持ちを伝えたり、
    自分がその時できることを精一杯やったりすることが、
    相手のためにも自分のためにも大事なんだね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/471-c7520c1f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。