--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔しない生き方って!?

2010年08月17日 10:03

出国準備の段階から書き始めたこのブログ、
書き続けてもうすぐ2年5ヶ月が経とうとしています。
それくらい続けているとおかげさまで、
サンタバーバラ関係者の方が見てくださっているようで、
「ブログを書いてるツル子さんですか?」と言われたり、
サンタバーバラの留学生やその親御さんから連絡をいただいたりすることがよくあります。

今日は一人の好青年な留学生が我が家に遊びに来てくれました。
ほんとはもう一人同じようにブログを通して知り合った女の子を招待するつもりだったんだけど、
残念ながら風邪で寝込んじゃったらしい。 

DSCN6832.jpg

留学生と話していていつも感心しますが、
みんな積極的に人に会いに行ったり、
自分の夢に近づくためにあえて苦しい環境に自分を追い込んだりと、
自分自身で新しいことに挑戦しながら道を切り開いています。
しかもそれを楽しみながらやっているのがキラキラしていて素晴らしい

やっぱり自分で決心して留学するだけあって志が高いというのはもちろんなのですが、
「海外パワー」というものが人を変えてくれる気がします。
海外生活って、いい意味でも悪い意味でも刺激的。
「目の前に魅力的な可能性がいっぱい
→自分も手にしたいからがんばる」
というモチベーションと、
「今まで当たり前だったことを全部覆されて誰も助けてくれない
→自分自身で何とかしなくちゃ」
という生存欲求とが、
アメとムチの絶妙な相乗効果を生んで、人の潜在能力を引き出してくれるようです

一方で思うのが、海外に住むことが特別偉いというわけではなく、
どんなに平凡に見える暮らしの中でもみんなそれぞれ苦労しているし、
色んなことを考えながら成長しているんだろうなぁということです。
ジェットコースターで緊張と弛緩の連続を味わうのが好きな人もいれば、
足元の小さな花に心を留めて穏やかに時間を重ねるのが好きな人もいる。
生き方にも好みがあって、どれもいい人生だと思うのです

ただ、もし何かやりたいことがあるのだとしたら、
ぜひ躊躇せずに思い切ってチャレンジした方がいい・・・と、
私は今回のアメリカ生活を通して心から思いました。
一度きりの今の人生、どんなに型破りだってのたれ死ぬことはない。
飛び込んでみると、最初は地獄を味わってもいつの間にか乗り越えているし、
思いがけないことが思いがけない方向に動き出すと思うのです。

アメリカのお年寄りに「人生で後悔していること」を尋ねた調査で、
第一位は「挑戦しなかったこと」だったそうです。
日本にいると、「安全でそつなく理性的に」生きなきゃダメと刷り込まれるけど、
日本の外には、「無鉄砲で危なっかしくて本能的に」、
それでも自分の好きなように活き活き楽しく生きている人達が沢山います。
この調査結果は、アメリカ人のメンタリティーを反映しているのかもしれません。

どんな生き方を選ぶにしても、
後悔しないような生き方をしたいものだなぁと思いますが、
どんな風になってるだろう、未来の自分よ・・・・。



コメント

  1. ジャック | URL | WO4gVKkY

    深く反省を表明したんですね。これって最後のブログですか? 

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >ジャックさん
    NYのジャックさんですか?
    これは、深く反省を表明したというよりは、
    将来反省や後悔をしないように「決意」を表明したんですよ^^
    ブログはもう少し書くつもりです。

  3. ジャック | URL | WO4gVKkY

    ほかのジャックが居ますか v-7。 そうなんですか。 なんとなく「表明する」はだれも使わない表現気がします v-14

  4. ケイ | URL | -

    アメリカにいると、生活がシンプルになる。
    日本は情報や物や人や、しがらみとかいっぱいで、
    受身でいても過ごせてしまうんだけど、
    アメリカは自分から動かないとダメだと感じるし。
    家にいるだけだと、いい意味でも悪い意味でも、
    ゼロの状態になれる。
    自分と向き合い、見つめ直すことができていい機会だけど、
    ゆっくり過ごしてるのも、今はもったいないから
    出来るだけ、自分の敵=弱い私に負けないように
    チャレンジ精神で残りのアメリカ生活を過ごしたいわ。
    ツル子ちゃんはextraordinary personだとRuthさんが
    言ってたよ。その通りだと思う。
    十分、臆せずやってきた感があると思うけど、
    でも残りのアメリカ生活がよりやりきった感でいっぱいになる
    といいね。またいつか、おばさんになって4人で戻ってきたいわ☆^-^vv

  5. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >ジャック
    念のため、確認してみました^^;
    「表明する」はちょっとformalな表現だから、
    普段の会話ではあまり使わないかも。
    でも、ふざけた感じで、わざとかしこまって使うことはあるよ。
    普通は、「反省したんですね」かな?
    Sorry for not finding time to skype!


    >ケイちゃん
    確かにアメリカにいると余計なものが削ぎ落とされて生き方がシンプルになるよね^-^不器用な私は日本では気にしなきゃいけないことが多すぎてパンク気味だったから、アメリカでは自分がホントに必要なことだけに集中できてとても心地よかったです。

    でも、自分で自分のことを知ってる私の本音としては、そんなにいつも頑張り屋じゃないし、extraordinary personなんてとんでもない・・・って感じなんだけど、でもそんな風に言ってもらえるなんて、頑張ったかいがあったなぁって思って嬉しいよ^-^ありがとう!

    私は少し不自然にガツガツし過ぎだと思ってるので、ケイちゃんはケイちゃんらしいやり方で、残りのサンタバーバラ生活を楽しんでね♪

    おばさんになって戻ってくる計画、ぜひ実行したいね♪ぐふふ

  6. peanut | URL | -

    暴力と拝金の国

    はじめまして。
    宗教に関心がある者です。神を信じて人生を前向きに歩む努力をしています。
    すべての出会いは、超越した運命によるものであり、
    自分の努力で獲得するものではないと最近感じています。

    アメリカとの出会いが良いものとなるかならないかは
    努力では無いと思います。
    一歩間違えはホームレスに転落する国であり、
    暴力と拝金主義にまみれた覇権主義国家です。(アフガニスタンをみてください)
    しかし、私はキリスト教に救われ、交流しているのは
    殆どこの関係者です(様々な国籍の知人がいます)

  7. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >peanutさん
    コメントありがとうございます。

    >すべての出会いは、超越した運命によるものであり、
    自分の努力で獲得するものではないと最近感じています。

    私も、自分の努力で人生がコントロールできるとは思っていなく、
    人間を超えた力の示す方向性を感じて、
    それを素直に受け入れて逆らわずに生きることを心がけています。

    ただ、自分の努力が全く関係ないかと言われれば
    そうではないとも思っていて、
    全ての出会いが良いものになるかならないかは、
    自分の努力が大いに関係してくると思いますし、
    努力しなかったら出会えなかったものもあるのを実際に感じています。

    私はアメリカで生活することができた運命に心から感謝しています。
    それは、アメリカの良い部分と悪い部分、
    日本の良い部分と悪い部分を両方知ることができたからです。
    アメリカに光と闇があるのは、本当におっしゃる通りです。
    だからこそ私は、悪い部分は心の中でこっそり反面教師にし、
    良い部分は堂々と認めてお手本にしたいと思っています。

    キリスト教を通して様々な国籍の方と交流されているというのは、
    とてもステキなことですね。
    きっととても奥深い経験を積み重ねられていると想像します。
    その中で感じられた貴重なご意見、どうもありがとうございました。




コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/467-96f02b84
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。