--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のラッキーイベント!

2010年08月04日 23:31

トレーニング最終日から一夜明け、我が家に向けて出発する前にある場所に寄りました。
ミルトン・エリクソン財団です。
特に何があるというわけではないだろうけれど、
行ってみたことがなかったので一度ちらっと見に行くか的なノリでした。

DSCN6769.jpg

そこで何とまたしても、最後の最後にラッキーイベント発生!
何だか見たことのあるメルセデスがとまっているなぁと思ったら、
偶然ジェフも財団を訪れていたのでした!
そして例外的に建物の中を案内してもらえることに!

DSCN6763.jpg

沢山の貴重な動画や文書などの記録が保管された部屋。

DSCN6739.jpg

ジェフのお部屋も見せていただきました。

DSCN6745.jpg

デスクの横の棚には、エリクソンから譲り受けた木彫りの置物などが飾られています。

DSCN6746.jpg

エリクソン直筆の手紙も、写真とともに壁に飾られていました。

DSCN6761.jpg

これは有名なエリクソンとベイトソンのツーショット写真。
先日訪れたエリクソン邸のリビングルームです。
それにしてもベイトソン巨人すぎる・・・・(笑)

DSCN6748.jpg

ここら辺一体の土地はエリクソン財団が所有していて、
近々財団の新しい建物を建てる計画があるそうです。
別の場所にはクリニックを作っていて、教育活動を活発化していく方針のようです。
6ヶ月間のレジデンシーコースもできるとか。
63歳のジェフ、今後ますます精力的に活躍していきそうです。

正直、このトレーニングに参加を決めた当初は、
エリクソンに興味はあるものの、催眠にはほとんど興味がありませんでした。
2月に2週間終えた段階でも、この先自分が催眠療法を使って仕事をしていくとはあまり思えませんでした。
しかし3週目を終えた今、何か気持ちに変化を感じています。
しかもこのラッキーイベント、私に引き続き催眠を続けろってことか!?

とにかく今後の臨床活動についての方向性が定まった、
帰国前の締めくくりにふさわしい、一連のトレーニング(ニューヨーク&フィニックス)でした。
詳しくはここには語りませんが、今後はブリーフセラピーを柱に、
催眠療法の肉付けをしながら臨床の実践をしていきたいと思います。
そして臨床的にも英語的にもレベルアップした姿で、
またニューヨークやフィニックスに更なる学びのために戻ってきます!
それまで、さらばじゃ~!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/462-8edcd40b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。