--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツル男のサンタクルズ島クルージング

2010年06月18日 16:14

昨日は大学院の後輩でイギリスに留学中のKちゃんが遊びに来てくれました。
イギリス在住の日本人がアメリカ在住の日本人を訪ねるというちょっと複雑な事情だったため、
入国する時に「どこで知り合ったんだ?」とかしつこく詰問されたらしい
何はともあれ久しぶりの再会を喜び、英米の違いなどにも話を咲かせました

私がKちゃんをLAに迎えに行っている間、ツル男はクラスメイト達とクルージングへ。
私は行っていないけれど、写真を撮ってきてもらったので紹介します。

朝早く船が目指したのは、サンタバーバラの沖合いにある
チャネル諸島の中の一つサンタクルズ島
かなり大きな島ですが、無人島です。
こんな無人島が日本にもあったら、米軍基地を置けるのに。
小さな国日本の苦悩はアメリカ人にはピンとこないでしょうね。

DSCN6194.jpg

上陸成功。
そしてハイキング開始!

DSCN6203.jpg

当初ピクニック気分で甘く考えていたらしいのですが、
実際はかなり拷問チックな道のりだったとか
春先は緑の草原とお花の咲き乱れていた風景も、今はこんな荒野に。
「パッサパサだった・・・・」とツル男談。

しかも後でパンフレットを見たら、
「急斜面を避けて時計回りに歩け(上りは緩斜面、下りは急斜面を歩け)」と書いているところを
半時計回り(上りは急斜面、下りは緩斜面)に歩いたらしく、相当キツかったらしいです

ここで歴然としたのがDNAの違い。
白人組のペースの速さについていけず、遅れをとる黄色人種組という図・・・・。

DSCN6214.jpg

白人は筋肉もつきやすいしスタミナがあるようです。
アジア人達がんばれ~

DSCN6220.jpg

下に見える埠頭からここまで、炎天下の中の山登りは相当大変だったに違いない。

DSCN6227.jpg

でも上から見下ろす海は透き通っていてキレイ
登ったかいがあったね

DSCN6242.jpg

帰りは沢山のイルカちゃん達が船に併泳してねぎらってくれたようです

DSCN6270.jpg

おつかれさま~!おつかれさま~!楽しかったね~!

DSCN6272.jpg

家でツル男の帰りを待っていた私とKちゃんはこの後、
すっかり赤ただれ、筋肉痛の足をひきずりながら
ボロボロになって帰ってきた姿にギョッとするのであった・・・・(笑)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/444-8553822f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。