--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナルとは

2010年06月15日 19:00

Soccer.jpg

昨日は早朝4:00に起きて、オランダ×デンマーク戦と日本×カメルーン戦を応援しました。
日本代表~!!!嬉しかった!

そしてその後、中田英寿選手と本田圭佑選手の対談動画を観た。
素晴らしい対談だったので、心に残った言葉を紹介します。


        


本田選手に対するヒデ選手からのコメントより。

自分のわがままなプレイをずっとし続ける選手は、馬鹿か本当にいい選手か、どっちかで終わる。結果が出れば、ほんとに良い選手になるし、出なければ、馬鹿。だけども馬鹿な選手って言われても、そこで終わるわけじゃない。そういう選手っていうのは、沈んでも上がってくる。(中略)結果が出ない時でも我慢し続けて、自分の好き勝手、特に外国では、本当に自分のわがままでやらないと、上に登りつめたいと思うんだったら、それをやらないと絶対に無理かな、と。(中略)まあ、どんだけヒールになろうと、どんだけ文句を言われようと。最悪、お前のせいで・・・ワールドカップ負けたぞといわれようと、どんだけ自分のプレーをやってくれるのか。(中略)中途半端で終わるのが一番つまらない。


本田選手のコメントより。

みんなリスクを負うことを嫌うとかって言いますけど、僕はリスク負わへん方が何か怖いんですよね。その方がリスク大きいんちゃうかって・・・・リスク負っても・・そもそもじゃ何背負ってんねんって話やし。



        


二人とも、高いレベルで自分と戦い続けているために、
周囲とは噛み合わない孤独やもどかしさを感じているようでした。
しかしその二人が話し出すと、お互いの感覚が驚くほど噛み合い、
そこには共通の哲学が浮かび上がっていました。
本当に真剣に物事に取り組む者だけが見ることのできる高み・・・・
サッカー以外の世界にも当てはまる哲学だと思います。
野次馬達は表面的なことだけを見て勝手なことを言うけど、彼らは遥かに高い次元で戦っているのです。

私は到底辿り着けませんが、そんな生き方には憧れます。
私の場合、同時に女性としての役割を果たすことにも価値を感じるので、
どこまで専門家としての生き方をストイックに追求できるのかは分かりませんが、
(両方を融合させることで得られるものがあるような気もしています)
少なくとも夫には安心して、リスクを負うワガママな生き方を追求してほしいと思います。
がんばれ~日本の侍達~



コメント

  1. つるまま | URL | -

    サッカー

    初めてパソコン打ってます。
    すごく興奮しました。

  2. つる妹 | URL | -

    お久しぶり!

    こんばんは

    いつもブログ楽しみに見ているよ。
    今日はお母さんのパソコンからお母さんにブログのコメントを打たせました!(笑)
    お母さんに教えるのは一苦労です。

    お母さんはいつも楽しくブログを見ていますよ。

    ちなみに興奮したというのはサッカーの事で、パソコンのタイピングの事じゃないと横で言っています!

    それじゃあまたね!
    離れたところにいるけれど一緒に日本を応援しましょう!

  3. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >つるまま&つる妹へ

    久しぶりに楽しいコメントもらったら嬉しくなって、
    何だかずっとニコニコしています^^ありがとう!
    やっぱり家族っていいね、早く帰って会いたいよ♪

    つるままの初タイピングコメント嬉しかったです!
    パソコンの前に座って鼻息荒くキーボード打ってる変なイメージが浮かんだけど、
    つる妹の解説のおかげで誤解がとけてよかったです(笑)
    (二人でかなり大爆笑したよ^^)

    いよいよオランダ戦!
    みんな一緒に応援してると思うと楽しいね♪
    燃えつきよう!!!うぉぁりゃぅぃ~!!!


  4. ツル夫 | URL | 6TsIg/dI

    離れていても家族みんなで日本代表を応援するんだ!

    >ツル母
    パソコンはじめたんだ。偉いね!

    >ツル妹
    教えるのは骨が折れるだろうけどツル母を宜しく。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/442-768488f6
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。