--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロールプレイ恐怖&感動体験

2010年05月02日 11:47

100501MRI.jpg

昨日無事に我が家に帰ってきました
スピード違反に気をつけながらも、恍惚とした気持ちに包まれて運転していたら、
トレーニング直後にもかかわらずノンストップでとっても早く到着しました。
とにもかくにも、このトレーニングに参加したことは本当に本当に良かった

最終日は、朝からワーク三昧でした。
私は過去に自分が担当したケースについてどうしても聞いてみたくて、
勇気を出して朝一のロールプレイでクライエント役に立候補しました。
ちゃんと話せるか不安なので、前の夜にブツブツ表現をシミュレーション済み。
その結果、目から鱗が落ちる沢山のことを学びました
勇気を出して挑戦してみて本当に良かった

しかし午後に突然、イタリア人の女の子が泣き出すハプニングが。
前日から様子がおかしかったのですが、
どうやら濃厚なトレーニングの内容についていけなくて(語学の問題ではなく)、
多分ロールプレイも怖くて、絶望的な気持ちになってしまったようです
みんなで励まし、ロールプレイに挑戦してみるように促しますが、
「No....I can't....」とポロポロ涙をこぼします

うぅぅ・・・・分かる分かる分かるよぉ、その気持ち・・・・
でも絶望する必要ない、あなたがダメなんじゃない、
周りの人がみんな優秀に見えるかもしれないけどそれは違う。
たまたまちょっと知識や経験が多いだけ。
それはあなたの能力や才能とは一切関係ない。
クリエイティブに見えるのは、セラピーが職人芸だから。
でも一定量繰り返し訓練してパターンを身に付ければ必ずできるようになる。
劣等感を持つ必要ないよ~
と心の中で励ましつつ、そっとしておきました。

その子だけでなく、参加者全体にひしひしと漂うロールプレイ恐怖
誰もやりたがらないのをこれ幸いに、今度はセラピスト役に挑戦することにしました。
今度は完全アドリブだし、英語でカウンセリングなんて・・・・って思ったけど、
何かもうふっ切れちゃったのか、楽しんでやることができました。
そしてここでも目から鱗の学びが

最後の最後に、連日ずっと静かに自分の殻に閉じこもっていた例のイタリア人の女の子が、
一生懸命質問をし始めました!
どんなにその姿が嬉しかったことか

だって自分の限界に挑戦しさえすれば、どんなに恥をかいても失敗しても、
「自分は逃げずに挑戦できた」という達成感が得られることを
私も前回のトレーニングで嫌というほど経験して知っていたから。
だからその子が、勇気を振り絞って挑戦した経験を少しでも持って帰ってほしかったのです。
彼女が自分との戦いに勝って、行動を起こしたことがすごく嬉しかった
多分メンバー全員嬉しかったと思います

そんなこんなで、最後は全員が喜びに包まれながらハグし合って別れを惜しみました。
そして私は講師のカタリーナについて行くことを決めました(?)
神様ありがとう!素晴らしい出会いに感謝です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/431-90c01e45
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。