--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート契約難航中・・・・

2008年08月05日 11:58

やっとビザがそろってアパート契約できると思ったのに、早くも難航中です

これまでインターネットで物件を探し、現地の日本人の口コミを参考に、
気に入ったアパートの管理人と何度も英語のメールをやり取りしてきました。

当初管理人の話では、私達が入国する8/10には入居可能ということでした。
しかし一週間前のメールでは、
改修工事が8/15にならないと終わらないという話に変わっていました
ちょっとイラつくけど、まぁまぁ仕方ないと思い、8/10~8/15の5泊ホテルを予約しました。
ところが今日のメールでは、
8/15以降のいつ入居できるか分からないという返事になってました

えぇ~!!!おいおいおい。
8/10に入居できなくなったから仕方なく8/15までホテルを予約したことを伝えてあるんだから、
それに間に合うようになんとかしてくれよ~!!!
というのは日本人的感覚なの!?
これがアメリカン!?大陸気質なの!?


う~ん、いくら一ヶ月遅れで会社からホテル代が経費として振り込まれるとはいえ、
5泊の時点で10万円くらい立替なのに、それ以上ホテル住まいは厳しいよ~
会社がそこまで長く負担してくれるかも不明だし。

なぜなら最初の1、2ヶ月に出費が集中するのです
アパートの初期費用だけで○千ドル、
9月には授業料一年分を半額以上立替で払わなきゃいけないかもしれません。
車社会アメリカで生きてくために、早めにも買わなきゃいけないし。
家財道具はほとんど持っていけないから現地でそろえなきゃいけないし。

なけなしの貯金とお餞別をもってして、ようやく何とかなりそうな計算で、
異国の地でどんな予期せぬ高額出費が待ち受けているか分からないし、
おそらくお金が足りなくなることはないにしても、
カツカツの不安は味わいたくないよ~

ということでけっこう困りまして、どうしたもんかと思案中です。

アパートの仮契約を日本からするのも、
公証人に証明してもらった契約書がないとダメだそうです
notarial :公証人のって単語初めて知ったよ~。

公証自体はその日のうちにやってもらえるんだけど、
契約者のツル男は仕事で行けないので、
その場合、委任状と印鑑証明を持っていかないといけなくて、
更に印鑑証明をもらうのも代理人なのでそのための委任状と必要書類・・・
と考えるとめんどうだし、公証も1万円以上かかるし、
どうせ入国まで何日もないので結局仮契約はせずに現地で契約することにしました

いつ入居できるか分からないアパート予約してもねぇ・・・・
ホテル住まいしている間に他にめぼしい物件があったら、
そっちに契約しちゃおう!ということで。

なんだか危ない橋を渡り続けてちっとも安全な大地を踏めないのですが、
こうなったら郷に入っては郷に従い、
なるようになるしかない
と覚悟を決めた次第です・・・
うぐっ・・・




コメント

  1. mi-mama | URL | -

    洗礼

    はっはっは!って笑い事じゃないですね。早速洗礼を受けているようですね。そう、その適当さこそがアメリカを代表しているかもしれませんね。ほんとそんなことばっかりです。おそらくその工事もどうせ誰かが夏休みをとっているのでは?と思います。

    私達はこちらで現物をみてから契約したので、大丈夫ですよ!なんとかなります。ただ途中で安いホテルに移った方がいいかもしれないですけどね・・・・・・

  2. ツル子 | URL | -

    とほほ・・・

    洗礼で大歓迎されてますよ~(笑)
    メールの相手が、今までやり取りしてた人ではない人に変わったので、
    あ~もしや夏休みの時期!?と思ってました・・・。

    とりあえず高いホテル10泊に増やしときました。
    ありがたいことに、当日キャンセルでもチャージかからないんですよ。
    そっちに行ってから安いホテルに変えるもよし、
    他の物件を見つけて早めに契約するもよしと思ってます。

    まあ命の危険があるわけじゃないから気長にいきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/43-a40f66a5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。