--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひた走る

2010年04月28日 22:04

シリコンバレー再びなう

実際は、シリコンバレーという名前の街は存在しないそうです。
マウンテンビュー、サンタクララ、サニーベール、サンノゼ、パロアルトなど、
サンフランシスコの南の、アメリカ人がベイエリアと呼ぶことの多い地域のことです。

今回は一人でマウンテンビューのホテルに滞在し、
明日からパロアルトのMRIで「3-Day Brief Therapy Intensive」を受講します。
先週の研修後、サンタバーバラに一旦帰ってまたすぐに戻ってきました

正直、今回足取りが重かった
それが、研修に参加する精神的苦痛のせいなのか、
2週連続で往復10時間運転しなきゃいけない苦行のせいなのかよく分からないけど。
かなりせめぎ合った

よく考えると、運転の苦痛が理由の7割くらいな気がしてきた
はい。今日もひた走りました
ヘリコプターが農薬をまく果てしない畑や
石油採掘機の畑みたいな場所や
半径10キロは全部牧場だろうと思われる丘の間を

カリフォルニアの風景はだだっ広いです。
でも春は特に美しいです
優しいラインでひたすら続く丘が、黄緑の草と色とりどりの花に包まれています。
丈の低い木がポツポツ生えていて。
日本で言うところの北海道の美瑛の風景に近いような。
もう少し暑くなると草が枯れて茶色くなって「砂漠感」が増すんですけど。
今が一番キレイな時期

もう二度とここを走ることがないかも知れないと思うとありがたく思えてきて、
美しさをしっかり心に焼きつけながら走りました
そうだ。今の状況を精一杯楽しもう



コメント

  1. たか | URL | EgVy1U8c

    自動車って何?

    僕が学生のころはいろんなことを我慢してでもクルマがほしかった 
    一方今の学生はクルマは興味なし コミュニケーションが大事!? 
    でも考えてみると僕が学生のころもコミュニケーションが大事だったように思う 
    ただ、自己表現、見栄を張る、人と会うための移動手段として、クルマがコミュニケーションにとって重要なツールだった
    一方、今の時代コミュニケーションツールとしてのクルマの重みは???
    一方、アメリカでは生活するためにどうしても必要なもの そうですよね
    日本ではクルマよりもケイタイ 
    アメリカでは、ケイタイとどっち?って、どちらかを捨て去るなんて出来ない、生きていくためのツールなんだろう
    日本ではいくらでもクルマを捨てることが出来る
    都会なら明日クルマをうっぱらっても地下鉄などの交通手段を使えばいいだけ
    面倒なときには全てタクシーに切り替えることもできる
    タクシーに切り替えるって大変そうだが、コスト的にはクルマを持つことと大差ないか逆に安かったりする 意外と知られていないが・・・

    往復10時間 それも一人で 凄いですね

    でも今の日本では、よほどの車好きでもない限りあまりみられなくなりました
    クルマが無くても生活できるし、クルマより大事なものもいっぱいある
    それが日本です

    つまらないことを書いてしまいました
    研修後、気をつけて事故のないようかえってください
     

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >たかさん
    コメントありがとうございます。
    私は結婚前まで東北で暮らしていましたので、日本に暮らしていても車は必需品でした。上京する時に一人で地図も持たずに仙台から調布まで5時間運転してきましたが、予想外に複雑な首都高に面食らい、それでも何とか野生の勘を頼りに無事たどり着いてほっと安心したことを覚えています。あの時は大冒険でしたが、今それと同じ時間(距離はそれ以上ですが)でも平気で運転するようになったのだなぁとしみじみ思います。

    その車はしばらくして売ってしまいました。たかさんのおっしゃる通り、東京で高いコストをかけてまで車を維持しなくても生きていけることが分かったからです。それでも、いつでもどこでも自由に行き来できる車生活を時々恋しく思っていましたので、その点では今の生活をとても快適に感じます。

    個室の中でゆっくり話せる車がコミュニケーション手段としても好きですが、東京に帰ったらまた電車とタクシー生活が始まって、もう二度とこんなに長距離を運転することはないかも知れませんね。便利な東京が懐かしいような寂しいような気がしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/429-2bba333c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。