--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろ○○通学

2010年04月07日 10:26

100407Skateboard.jpg

ツル男の大学には、自転車専用レーンと同様にこんなレーンがあります。
「スケートボード専用レーン」
スケートボード通学の学生の多いこと多いこと。
もちろん女の子も。

アメリカ人A 「何でこんなにスケートボーダーが多いの!?(呆)」
アメリカ人B 「そりゃ~ここがサンタバーバラだからさ(笑)」


という会話が聞こえてくるぐらいなので、アメリカ全土の常識ではないのかもしれませんが、
私が目撃した、いろいろな通学方法について書こうと思います。


          


まずは先ほどの、
①スケートボード通学
これは大学も認めていて、生協にスケートボードが売ってます。
時々ワイルドすぎて危険な時があるけど、まぁ、気持ち分かる。

Skateboard.jpg

②キックボード通学
キックボード(英語ではScooter)はもはや日本でもアメリカでも、
チビっ子の遊び道具に成り下がってしまいましたが、
それでも広い構内を移動する方法としては確かに便利。
時々エンジン付きで、差を見せ付けている人もいます。

Scooter.jpg

③ローラースケート通学
これは、靴を履き替えなければいけないという煩わしさがあるものの、
スケートボードには乗れないけれど楽して通学したいという人にぴったりな方法。
ローラースケートで駆け回った、子どものころの思い出に浸れる。
場合によってはスケートボードよりも機動性が高い。

100407Rolerskate.jpg

④セグウェイ通学(通勤)
これは、おそらく構内移動用にある教授が利用しているものと思われます。
貧乏学生にとっては、憧れの対象であるクールな通学方法です。
(写真はサンタバーバラではありません)

Segway2.jpg

というように、みんな思い思いの方法で通学しているツル男の大学。
もはや日常風景となり、ちょっとしたことでは驚かなくなりました(笑)
自転車一つ取ってみてもいろんなバリエーションが。

こういう人も珍しくないし、
tandem bike

こんな人もよく見かけます。

recumbent-bike-400.jpg

こういう学生もいたし。

人目なんか気にせんでえぇ。
みんな好きな方法で通学したらえぇうんうん

しかし、そんな私でも一つだけ解せなかったのは・・・・

Bicycle1.jpg

⑤一輪車通学 である。
小柄な女の子が一生懸命一輪車をこいでいた
でもあんまり進んでなかったし、かえって大変そうだった
かなり斬新な発想だと思ったけど、目撃はその一回限りだったので、
やっぱり通学に一輪車は向いてないと思ったのだろうか(笑)

unicycle2.jpg

みんなおもしろいね~

unicycle.jpg



コメント

  1. たか | URL | EgVy1U8c

    カルフォルニアですね!

    私が学生のころですから、もう30年位前
    ポパイが創刊したころ、カルフォルニアを雑誌でしか知りえなかったころ
    同じような光景を見てあこがれていたことを思い出しました
    キックボードとセグウエイはさすがに無かったですが
    後は、変わっていないなって感じです
    1970年の万博のとき ボーイスカウトのイベントで お祭り広場で、一輪車
    パレードをしたときも思い出しました
    あれから40年、今、息子はサンタバーバラを歩いてカレッジに通っているようです

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >たかさん
    カリフォルニアならではの光景なんでしょうかね(笑)
    挨拶も、こっちでは誰に対しても「H~i!」なのに、州が違うと「Good morning.」が当たり前でカルチャーショックでした。
    服装も地域によって違いますしね~。

    サンタバーバラは、カリフォルニアの中でもリベラルで大らかな地域なようです。息子さんもノビノビ勉強できているのではないでしょうか。

  3. たか | URL | EgVy1U8c

    今ではカルフォルニアだけではないのでしょうね。
    でも私が学生のころはカルフォルニアだけだったと思っていました。
    今では、日本でもバイク(ママチャリではなく)でかっこいいヘルメット(別の呼び名があると思いますが)をかぶって通勤する人も見かけるようになりました。

    服装についても変わりましたね。
    日本の会社でも夏場はノーネクタイが当たり前になりましたし、
    私のようなおじさんでも、たまにはチノパン(コットンパンツ)とジャケットで出かけることもあるんですよ。
    何が正しいかは普遍ではなく時代や場所で変わるんだと肌で感じてきましたし、人によっても感じ方が違います。
    だから大事なことは、思いやりですかね。

    今日の英会話で、make profitよりも、generate profitと言ったほうがいいのではと
    アドバイスされました。
    また、tell somethingではなく、share w/ you somethingのほうがと気持ちが伝わりますよって
    教えられました。
    まだまだ私の英語力はニュアンスの違いを学ぶレベルにありませんが、それでもそれなりに勉強になりました。

    それから、私はマーケティングが専門なんですが、この2年間、07年以降のサブプライムに興味をもって経済や金融の本にこっています。
    50を超えたおじさんですが、too lateって言葉を辞書から捨てて前向きに生きようとしています。
    今年度はメンタルについての本を読もうと思っています。
    前にも言ったと思いますが、メンタルな問題、会社でも学校でも、また家庭内でも少なくないからです。

  4. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >たかさん
    日本はもうそろそろクールビズの季節ですね。ノーネクタイになったとはいえ、蒸し暑いのに長袖長ズボンと革靴で働かれる男性は大変だなぁといつも思っていました。

    英語や金融やメンタル、いろいろなことをお勉強されているんですね。
    私も見習ってがんばります☆

  5. ゆきりんご | URL | -

    おぉ!いつのまにかテンプレートかわってますね★
    ビターチョコなかんじが素敵♪
    セグウェイのってみたい!

  6. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >ゆきりんごちゃん
    素人がわけわからずいじるのは難しいね^^;
    何か暗号がいっぱい書いてあって意味が分からないの。
    翔君が大きくなる頃にはいろんな新しいことが常識になってるんだろうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/422-299d670e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。