--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと&東北弁

2009年11月14日 09:45

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る


日本語専攻のアメリカ人、ナタリー&ステイシーと、日本の映画鑑賞会をしようという話になり、
第一回目は、「おくりびと」を鑑賞しました。

アカデミー賞受賞作とあって、ちょっと期待しすぎた感はありましたが、
「納棺師」というお仕事の奥深さに感動しました。
あの、茶道や剣道などの○○道に通じる、納棺の美しい所作の一つ一つ、
そこに込められたキメ細やかな「思い」というのは、日本ならではの文化なのでしょうね~
改めて、日本に帰ったら何か○○道を習って、その心を勉強したいと思いました

それから個人的には、映画の舞台である山形が、
生まれ故郷岩手を思い出させて懐かしい気分を味わえました
「行ぐ行ぐ」「行ご行ご」というセリフが出てきたのですが、
ナタリーとステイシーは、ギャグだと思ったらしいです(笑)
いや、ちゃんとした東北弁だから~私も子どもの頃普通に使ってたから~!

ちなみに、岩手弁と山形弁は似てるけどだいぶ違いま~す。
岩手弁(盛岡弁)は「壬生義士伝」で渡辺謙さんがしゃべってるやつです~
我田引水かもしれないけど、東北弁の中では岩手弁が一番温かくて穏やかな感じがして好き




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/351-9bd5822a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。