--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セドナへの旅☆2日目 その③

2009年10月19日 10:30

日本から遊びに来た友人と、セドナへ二人旅。

10/14(水) 2日目 その③  チャペル・オブ・ザ・ホーリー・クロス
                 レッド・ロック・クロッシング
                 エアポート近くの展望台


      

カセドラルロックを後にし次に向かったのは、
チャペルオブザホーリークロス(Chapel of the Holy Cross)です。
DSCN4169.jpg

ここは、あの有名な建築家フランク・ロイド・ライトの弟子のマーガレット・ストードが
1956年に建てたものだそうです。
岩と一体になるように建てられていて、周りの景色に溶け込んでいてステキ

DSCN4176.jpg

この周辺の景色に魅せられた彼女は、
イエスを抱いてたたずむマリア像のように見える岩を発見した時に、
チャペルを建てるのはこの場所だと直感したそうです

DSCN4185.jpg

写真の真ん中がその岩。

DSCN4183.jpg

チャペルの中は意外にこじんまりとしていました。

DSCN4180.jpg

私はキリスト教信者ではないけれど、
観光客として軽い気持ちでバシャバシャ写真撮影するのは、
信者にとっての神聖な場所を土足でズカズカ踏み荒らすような申し訳ない気がして、
気休め程度ですが寄付して、心の中で挨拶してきました。
今思うと、神社にお賽銭を収めないと何か居心地が悪い日本人魂だったかも(笑)

DSCN4179.jpg

チャペルを後にし、ランチに巨大なシーザーサラダを食べた後に向かったのは
妖精がいるというレッド・ロック・クロッシング(Red Rock Crossing)

DSCN4243.jpg

妖精さ~ん。どこですかぁ~?
もちろん妖精は見え・・・・ませんでしたが、
こんな風に気持ちいい場所にはどこにでも妖精がいる(と感じる)のかも知れません。
そう考えると日本って、スピリチュアルスポットの宝庫なのではないかなぁと思います。

DSCN4212.jpg

どうしても中洲に渡りたくて、赤い土でヌルヌル滑る川をおっかなびっくり歩きました。
水が冷たくて気持ちいい~!

DSCN4220.jpg

友人は、瞑想するとか何とかいいながら、完全に爆睡体制(笑)
最高に贅沢な過ごし方です
私が旅行の計画を立てたら、こんな風にのんびり過ごす発想はないから新鮮でした。
友よ、ありがとう

DSCN4236.jpg

この日も夕陽の時間が近づいてきたので、エアポートメサの近くの展望台に向かいました。

DSCN4250.jpg

沢山の人が夕陽と、赤く染まる岩を見守っています。

DSCN4254.jpg

今日は雲が少なかったので、シンプルに日が沈みました。
夕陽も一期一会、毎日表情が違います。

DSCN4257.jpg

夕食でおなかをいっぱいにしてホテルに戻った後、
友人は水着を着て中庭のジャグジーでリラックスしていました。
今日も一日おつかれさ~ん

DSCN4266.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/341-38a7004f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。