--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナへの旅☆3日目 その②

2009年09月24日 10:05

アリゾナへの旅(9/17~21)3日目。
感動の一夜が明け、後は特に何もせずに
モニュメントバレーの余韻を楽しみたい気持ちでいました。
ここからのんびりスケジュール突入のつもりだったけど、どうかな?

3日目 9/19(土) その② レイクパウエル
                 マーブルキャニオン
                 クリフドウェラーズ


      

モニュメントバレーの感動について語り合っていたら、あっという間にペイジに着きました
睡眠不足の後の3時間ドライブで疲れているはずなのに、
脳内麻薬が出ていて疲れを感じません(笑)

レイクパウエル(Lake Pawel)が一望できる高台に車で上ってみました。
前に書いたように、ここは17年かけていっぱいにされた人口湖だそうです。
このどこか違和感のある不思議な美しさは、そこから来るのかもしれません。
植物がほとんど生えない赤や白やグレーの岩場に、突如真っ青に広がる湖はどこか不自然です。
でもその不自然さがまたミステリアスで美しく、人々を魅了するのかもしれません

DSCN3511.jpg

う~ん、写真で見るとそこらへんの河川敷と変わらなく見えるなぁ
でも行ったことのある人には、この凄さ分かっていただけるはず
ここは、「猿の惑星」「スーパーマン」「チャーリーズエンジェル」などの
映画のロケ地にもなったそうです。
まさにそういう感じ!猿の惑星の世界ですよ。

DSCN3513.jpg

ペイジを離れ、残りの二日間はグランドキャニオンノースリムで過ごします。
その途中、高台から砂漠を一望できる見晴らしのいいビューポイントがありました
ここ、来る時に通ってきたはずなのに、
真っ暗だったからこんなにすごい道だとは全然気付かなかった(笑)
カリフォルニアのビッグサーの陸バージョンという感じ

DSCN3520.jpg

今日はとっても暑いです
鳥達も岩陰にとまって暑さをしのいでいます(笑)

DSCN3524.jpg

ナバホブリッジ(Navajo Bridge)に到着。
ここは行きは右の橋、帰りは左の橋を渡ります。

DSCN3530.jpg

橋の真ん中まで歩いて行くと、マーブルキャニオン(Marble Canyon)が見下ろせます。
足がすくむくらい高い所から見下ろすコロラド川がきれい

Merble.jpg

暑いのでそそくさと車に退散、車を走らせます。
私はノースリムに行く途中のこの道がたいそう気に入りました
両側には城壁のような巨大なかっこいい岩壁、果てしなく続く砂漠、まっすぐ伸びる道。
走っていてとても気持ちのいい道路でした
こういう道を走ると疲れも感じません。

そして、クリフドウェラーズ(Cliff Dwellers)に到着。
マーブルキャニオンもここも、道路からすぐ寄れるところにあるので、
気楽に観光できて楽チンですね

DSCN3539.jpg

不思議な岩たちは、昔ナバホの人達によって住居にされていたそうです。

DSCN3531.jpg

でっかい岩を屋根にしたおうち、かわいくて面白い

DSCN3862.jpg

窓から見える景色、

DSCN3861.jpg

何か絵になるなぁ・・・・

DSCN3864.jpg

不思議な景色を見ていたら、何かパワーが沸いてきたぞ!
ふんぬぅ~!!!
あなたも超能力を開花させたければぜひCliff Dwellersへ!

DSCN3538.jpg

ペイジから2時間くらい車を走らせたでしょうか。
今夜泊まるロッジ、Jacob Lake Innに着きました。
ノースリムの入り口付近にあって、税込み$98くらいです。

DSCN3542.jpg

ここは林の中のロッジで雰囲気が良く、
ガソリンスタンド・ATM・レストラン・お土産屋さん・キヨスクなどもあって
便利なためかにぎわっていました。
今回もほとんどがフランス人です

DSCN3543.jpg

大人2人で予約したら、ダブルベッド2部屋がバスルームでつながった不思議なつくりの部屋に

Jacob.jpg

ドライヤー・冷蔵庫・歯磨きセット・テレビ・インターネット・コーヒーメーカーはありませんでしたが、
フランス人を意識してか、フランス製の石鹸(顔用&体用)と、
リンスインシャンプー、モイスチャークリームが置いてありました。

DSCN3545.jpg

割と雰囲気の良さそうなレストランがあったので期待したのですが、
アメリカの味にかなり慣れた私達でも残念ながら美味しくない料理でした

ちょっとがっかりしながら部屋に戻ると、
命の次に大切なデジカメをレストランに置き忘れたことに気付いたツルコ
どうしてこうおっちょこちょいなのか・・・・
取りに戻るとカウンターに届いてて良かった~ホッ
安心して眠りにつくことができました



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/327-0d05d24e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。