--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナへの旅☆2日目 その③

2009年09月23日 11:35

アリゾナへの旅(9/17~21)2日目はまだまだ続きます。
そしていよいよ旅の目玉イベントが近づいてきます。
と、その前に事件勃発!?

2日目 9/18(金) その③ モニュメントバレー


      

アンテロープを後にし、次はモニュメントバレー(Monument Valley)に向かいます。
実はここからが、今回の旅のクライマックス
すごいツアーを発見してしまったので、それに参加するために17:30に待ち合わせています。

同時に、ここが疲労一番のクライマックスになることも予想された・・・・
砂漠のだだっ広い道をひたすら3時間西に向かいます。

砂漠というのは、殺風景な変化のない景色が広がっているものと思っていましたが、
アリゾナの砂漠は変化に富んでいて面白いということを知りました。
あり得ない形の岩や壁が頻繁に現れ、長時間運転していても飽きません
途中道路工事渋滞に巻き込まれたものの、16:00くらいに目的地に到着しました。
一人$5払って入場。
迫力のある神秘的な景色が目の前に広がります

待ち合わせ時間までまだまだ時間があるので、
お土産やさんをぶらついていたところ、ツル男が気付きました。
「壁の時計が17:30になってた。ここって時差あるんじゃない?」
なに~!?ここはアリゾナ州のはずなのに。
と思った私のツメが甘かった・・・・

アリゾナ州でもここはナバホ族の自治区内なので、
DLTを導入したインディアンタイムに時計が設定されているのです。
まだ1時間ある~と思っていたのに、すでに待ち合わせ時間じゃないかっ
慌てて待ち合わせ場所に向かい、何とかセーフ。
危なかったぁ~

DSCN3336.jpg

ナバホの青年と挨拶をかわし、オレゴンから来た老夫婦、デニスとメアリーとも握手です。
これからサンセットツアーに出発ですが、これはまだ目玉イベントの序章に過ぎないのです

DSCN3337.jpg

ナバホの青年 「名前覚えてくれた?」
    ツル子 「え~と、パー・・・・パーセル?」

「小包か!」と一瞬突っ込みが入りそうになりました(笑)
パーネルが正解でした

レディーファーストでジェントルマンなデニスと、
天真爛漫でかわいいおばあちゃんのメアリーもとってもいい人達で、
和やかな雰囲気でモニュメントバレーの中を進んでいきます

DSCN3339.jpg

キリストに見える岩。

DSCN3340.jpg

ラクダ。

DSCN3341.jpg

スリーシスターズ。
一番左の女性は妊娠しているように見えるとか。

DSCN3343.jpg

おっきなブーツ。

DSCN3359.jpg

陽が傾き、モニュメントの影が長く伸びて幻想的な雰囲気です

DSCN3366.jpg

陽気で古風でしっかりした29歳のパーネル、恋人募集中だそうです
日本人の友達を紹介して~ってしきりに言ってました(笑)

DSCN3350.jpg

彼はナバホ語と英語のバイリンガルで、別の国有財産(?)の中に住んでるそうです。

DSCN3352.jpg

興味のある方はご一報を(笑)

DSCN3368.jpg

ナバホの人達の犬が放し飼いにされています。
そんな姿も絵になりますね

DSCN3355.jpg

この後は、一般車は立ち入り禁止のエリアに入っていきます。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/323-88df07db
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。