--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨセミテ(Yosemite)への旅☆2日目(午前)

2009年06月25日 16:01

二日目はヨセミテ渓谷の乗馬ツアーと、マリポサグローブのトラムツアーに参加しました
まずは午前中の乗馬ツアーから。
「続きを読む」をクリックしてどうぞ。

Day2_am.jpg
二日目の朝。今日も晴天です

朝起きてパティオに出ると、この鳥がすぐそばの手すりにとまっていました。
青い羽の珍しそうな鳥ですが、あまり怖がる様子がありません。
「エサ、くれる?」とばかりに小首を傾げてしばら私を見つめていましたが、
何もないと分かると隣のロッジのパティオに飛んでいきました。

DSCN2322.jpg

ヨセミテでは、野生動物の生態系を守るために餌付けは厳しく禁止されていて、
最大$5000(約50万円)の罰金が課されます。
それでも、かわいさのあまりエサをやってしまう人はいます

DSCN2319.jpg

Steller's Jayというこの鳥は、人間からもらうエサに味をしめて、
フードコートのパラソルに巣を作るまでになってしまったようです

DSCN2323.jpg

公園内にはリスも沢山いましたが、彼らも人間を恐れずにむしろ近づいてきます。
3歳くらいの子が手からリスにエサをやって喜んでいるのを
ただただ傍観しているお母さんがいたのには驚きました
生態系を崩すだけでなく、伝染病の恐れだってあるのに・・・・



そんな人間の身勝手さを、私も実践したうちの一人です。
餌付けしたわけではないけど、ラバの背中に乗せてもらってハイキング
(Mule/Horseback Riding) してきました。
大学時代ちょっとだけ乗馬経験がありますが、
こんな大自然の中を乗馬するのは初めての経験です。
アメリカに来てからホーストレイルがある場所を良く見かけ、
一度はやってみたいとずっと思っていました。

事前に電話で、9:30からのツアー(一人$60)に申し込んでいました。
その時電話では、「9:30に○○にただ集合すればいい。」とだけ言われていました。
ところが正しい集合時間は9:00で、
最初に30分間オリエンテーションを受けなければいけなかったらしく、
結局10:30のツアーになってしまいました
(今回は私のリスニング力の問題ではないです。)

気を取り直し、今日乗せてもらうラバ、ペッパーちゃんとご対面です。
ラバはロバと馬の合いの子だそうです。
ペッパーちゃん、すでに眠そうっていうか寝てますけど大丈夫でしょうか

DSCN2328.jpg

ツル男もロイヤルアーチ(Royal Arch)を背に、
ブラックウェル君にまたがります。

DSCN2392.jpg

こんなキレイな景色を見ながら、ゆっくりのんびりミラーレイク周辺を2時間散策します

DSCN2336.jpg

木漏れ日の中、青空に映える壮大な景色を見ながらの乗(ラ)バは気持ちいい

DSCN2376.jpg

透き通る小川の上にかかる橋を渡ったり

DSCN2388.jpg

気分は爽快
長時間運転で疲れた骨の歪みも治っていく気がします。

DSCN2373.jpg

しかしだんだん道は悪路に
足場の悪いけっこう急な斜面を暑い中
人間を背負って登っていくラバ達が可愛そうになってきました

DSCN2344.jpg

特に操縦しなくても、隊列を組んで前のラバに付いていくようにしつけられています。
20人くらいの列でトコトコ歩いていくのですが、
最初から眠そうだったペッパーちゃん、道中もかなりやる気ない状態です(笑)
中盤からのスタートだったのに関わらず、ついに最後尾に
しかも観察していると、歩くのが疲れる場所の手前で決まって一休み。

ペッパーちゃん : はぁ~これ登るのけっこう息切れるのよね~
             ふぅ~ここ下るのは関節にくるのよ~
      ツルコ : こうやっていつも同じ道を歩かされているんだねぇ。
            ごめんねぇ、私が乗りたがったばっかりに

ペッパーちゃん : そう思うんだったら降りて自分で歩いてくれ。それか水くれ。ブルル~ン

と、超テンション低いペッパーちゃんにちょっと気を使って、
キツい箇所を歩き終わる度に首をなでたりしておりました

ペッパーちゃん : そんな気休めいらん。同情するなら水をくれ。ブルル~ン


DSCN2366.jpg

そんなペッパーちゃんを騙し騙し、ミラーレイクに到着!?
ペッパーちゃんがあまりに遅くて説明の声が聞こえなかったから、
どこがミラーレイクなのか、水が残ってたのか残ってなかったのか分かりませんでしたが、
とりあえずそこにあった水らしきものを撮影。
(ミラーレイクは夏の間は水がなくなる。
水があると岩山を鏡のような湖面に映してそれはそれは美しいそうです。)

DSCN2385.jpg

Uターンして折り返したため、最後尾だったペッパーちゃん、一気に先頭に
しかし完全になめられてるのか何なのか、
一頭だけ隊列を乱して木の葉っぱとかコケとか食べに行くため、
結局再び最後尾に・・・・(笑)

ペッパーちゃん : あぁのど渇く~コケでも食べなきゃやってらんないわよ
     ツル子 : いやいやペッパーちゃん、頼むから左向いて進みましょ~。
ペッパーちゃん : そんなに蹴らないでちょーだい。ただでさえ暑くてイライラしてんだから。
            あ~コケまずい。ムシャムシャムシャ


てな感じで、相変わらずやる気のない気まぐれペッパーちゃんでしたが、
ゴールに近づくとにわかにやる気を見せ始め、
他のラバ達と一緒に無事に帰って来れたのでした(笑)

DSCN2394.jpg

今回体験してみて、馬に気を使うような山道の乗馬はもうやめようと思いました(笑)
(サンタバーバラのビーチでなら、いつかやってみたいな。)
でも楽しくて爽快で、とってもいい思い出になりました
ありがとう!ペッパーちゃん!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/276-bde9de27
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。