--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬逝く・・・・

2009年05月24日 16:40

090511Linda.jpg

4月30日に中学から飼っていた実家の愛犬が天に召されました。
享年16歳と10ヶ月、大往生でした。

小さい頃から動物が大好きで、犬を飼いたくて仕方がなかった私は、
怒られるのが分かっているのに何度も何度も迷子犬を拾ってきました。
犬の代わりに友達と空き家でこっそり猫を飼ったり、
怪我したスズメやカラスを見つけて世話したり、
インコやヒヨコやハムスターや虫をペットにしたりもしました。

中学2年生の時に両親が、待望の子犬をもらってきてくれた時はどんなに嬉しかったか。
リンダと名づけて可愛がりました。
室外犬だったのに、私がこっそり家の中に入れることが多いので、
いつの間にか室内犬になって毎日一緒に寝ました。
風の強い日の音が怖い臆病な犬でしたが、
ピアノの音は大好きで、弾くと必ず足元で静かに聞いていました。

私が結婚する頃には年老いて耳が遠くなり、
あんなに怖がっていた風の音にも反応を示さなくなりました。
久しぶりに実家に帰っても玄関に出てこなくなり、
近くで呼ばないと気付かないようになりました。
痴呆症が進行していたのか、喜怒哀楽をあまり表さないようになり、
私のことも忘れてしまっているかのように見えました。

そんなリンダは、家族の外出中に静かに息を引き取りました。
不思議なことにその時玄関に、きれいな色の鳥が死んでいたそうです。
アメリカに来る時に覚悟はしていましたが、
日本に帰ってもう一度会いたいという夢は叶いませんでした。

今も死んだという実感が沸かないままでいますが、
リンダと一緒に過ごした日々は、沢山の経験として血となり肉となり、
今も私の中で生き続けています。
思春期から結婚まで、私の成長を見届け元気付けてくれたリンダ、
大切な時間を一緒に過ごしてくれて、本当にありがとう



コメント

  1. nu | URL | -

    リンダついに旅に出てしまったのか…。
    でも16年ってことは相当長生きだったのだな。
    うちのごまも私が不在の時に旅に出てしまったので、
    未だに実感はないけれど、ごまのいた場所には、
    真っ白い猫が毎年プラッとやって来るようになったよ。
    きっと天国でのんびりしているんだろうね。二匹とも。

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >nu
    nu~!そうなのよ~(T_T)
    ついにリンダもゴマとナックの後を追ったよ。
    リンダ達の生きてた頃には、中学・高校と濃い想い出が沢山あるから、
    青春時代が完全に過ぎ去った気がして淋しいね~。
    でも天国でのんびりしてるだろうからちょっとホッとした気持ちもあるよ(^-^)
    おつかれさん!だね☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/249-4831c512
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。