--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFLでの珍事件

2009年05月09日 22:29

090509TOEFLNAIL.jpg

英語のテストが終わったので、ボロボロになっていたネイルを久しぶりにキレイにしました
今回はフレンチにラメでラインを入れました



さてさて、今回のテストはいろいろ珍事件が相次ぎました。

まずは前日。
当日は試験開始時間が早いので、会場の近くのモーテルに宿泊したんです。
しかしそこには、飲んだくれの若者グループ(スペイン語圏)も宿泊しておりました。
部屋の窓のすぐ外のプールで、真夜中にドンチャン騒ぎ
車のクラクションを鳴らすわ、悲鳴をあげるわ、
プールにバシャーン!と飛び込むわ
で、
眠りを阻害されまくりました
夜中の2時にプール使っちゃダメなルールになってると思うんですが

「お楽しみのところ大変恐縮なのですが時間も時間ですし静かにしていただけないでしょうか明日は早朝から大事な試験がございまして・・・・

と心の中でつぶやきつつもじっとこらえておりました。
管理人に英語で苦情を言うことも考えたのですが、
覚醒して逆に朝まで眠れなくなりそうなのが怖かったので、
耳栓をつけてウトウトしていました

ただでさえ、火事の混乱でちょっと平常心ではなくなっていたんで、
「トラブルが起きれば起きるほど、どんどん落ち着いていく~」
とエリクソン的な自己暗示をかけて乗り越えました。
だから、ここまでは大した問題ではなかったんです。
むしろ「トラブルよ、どんどん来てみなさいくらいの強い気持ちになれていました

試験当日。
会場には100人くらいの人が集まっていました。
TOEFLという試験には、PBT(Paper Based Test)とIBT(Internet Based Test)
という二種類の試験があります。
IBTはスピーキング試験があってアジア人にとって難関、
スピーキングの代わりに文法試験のあるPBTを好んで受けます。
逆に文法が苦手でスピーキングの得意なヨーロッパ人や南米人はIBTを好んで受けます。
今回はPBTだったため、アジア人率ほぼ100%でした。

さて、このブログにも何度か書きましたが、
アジア人とアメリカ人の体感温度は違っていて、アジア人の方が寒さに弱いんです。
ところがこの日の会場は、アメリカ人に合わせて冷房が強めに効いていました。
試験監督のアメリカ人男子学生は半そで短パンで平気な顔をしていましたが、
アジア人達は寒そうに体をさすったりしていました。
私は、こんなこともあろうかと着込んでいたので平気だったのですが・・・・。

異変は、試験が始まって少しして現れました
リスニング試験中にも関わらず、トイレに立つ人人人
緊張に冷房の効き過ぎが重なって、
みんなそろっておなかを壊し始めたのです・・・・


一人や二人じゃありません。
全部で20人くらいはトイレに行ったと思います。
しかもカンニングを防ぐために一人ずつ行かせるので、
一人行くたびに、パタパタパタ ギィ~バタンッ!
中には、試験時間が足りなくなったことを焦るあまり、
ドアを乱暴に閉めてダッシュで席に戻る人もいます
私は最悪なことに、通路側&ドアの脇の席
いくら耳栓をしていても、小走りで通路を通る人の足は視界に入ってきます。

ありえ~ん

私は正直かなりパニクり、内心ブチギレそうになっていました
普通なら、試験中にトイレに行くことは許されないはずです。
それにトイレに行って戻って来て解けるほど、時間に余裕のある試験でもないと思います。
全員にストッパを配ってあげたい・・・・とどんなに思ったことか

それでも試験は続いているし、心を落ち着かせて試験を解き続けるしかありません。
リスニングが終わり、文法試験になってますますトイレに行く人が増えたので、
リーディングが始まった瞬間に手を上げて試験監督に不満を訴えましたが、
改善される様子はなく・・・・後は自分自身との戦いでした
「トラブルが起きれば起きるほど~どんどん落ち着いていく~」
何度も心の中で必死にとなえ・・・・
おかげでリーディングの後半は、かなり集中して解くことができました。
そこに限っては、かなりよくできたと思う・・・・。
結果はいかに・・・・。



正直、試験がよくできなかったとしても、人のせいにして言い訳はしたくないので、
ネガティブなことを書くつもりはなかったのですが、
あまりに珍ハプニングが続いたので面白すぎました
人生いろいろなことがあるものです・・・・。
(ブログのネタになる・・・・とほくそ笑んでた自分もいたりして。)

今回は、「どんな最悪な状態でも平常心を保つ」という課題と
最後まで戦うことができたので、自分的にはとても満足です。
よく最後まであきらめずに戦ったエライよツル子(笑)



コメント

  1. nu | URL | -

    お疲れさん。
    って言うか、あり得ん。日本だったらね。

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    >nu
    ありがとう!マジありえん・・・・日本だったら大問題!?まあしょうがないか(^_^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/247-d5bd8180
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。