--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院で見つけた面白カルチャー

2009年02月20日 23:59

前回の記事に続き、今回も美容室ネタですが、
そこで遭遇したアメリカの面白カルチャーを紹介します

①ティーカップを床に置く
 待合室で待っている間にお茶のサービスがありました。
 更に連絡先などを記入する紙も渡されかけたのですが、
 ティーカップで手がふさがっている。周りにはテーブルがない。
 どうすればいい?と困っていると迷わず・・・・「床に置け」と指示
 あぁ、ここはアメリカだった・・・。

 子どもの頃、こういうことをすると母に
 「ミソクソ一緒にしないの」とよく怒られたものですが・・・・。
 (この言葉も今思うとすごい言葉だな・・・・。)
 アメリカ人は衛生感覚が日本人とは違うと感じます。
 
 大の大人も女の子も、靴のままテーブルに足を乗せる。
 同じテーブルに食べ物も乗せる。
 飲食店の店員が靴のままお客様用の椅子に登り、拭かずに戻す。
 ちょっとした距離なら、アスファルトの上を靴下で歩く。裸足でも歩く。
 
 土足文化と畳文化の違いなのでしょうかね~。


②みんなおしゃべり
 私も美容院で髪を切ってもらいながらおしゃべりするのはけっこう好きですが、
 日本ではしゃべらずに雑誌を読む人がいるのも普通だと思います。
 しかし今日は基本的に髪を切ってる間雑誌は渡されなかったし、
 どのお客さんもすごい勢いでおしゃべりをしていた。しかも、
 
 客しゃべる→あいづちなし→それでも客しゃべりまくる→やっとあいづち(聞いてたのかっ)

 という感じで、アメリカ人はおしゃべり好きな人が多いなぁと改めて思いました。


③店員が店の前でランチ
 店員さんもランチを食べる権利はある。確かにある。
 でも店の前に置いてあるコーヒーテーブルで
 店員さん二人がサラダやらサンドイッチやらを楽しげに広げていてびっくりしました(笑)


④流行のカラーリング
 上半分を明るい色、下半分を暗い色に染めるのが流行っているそうです。
 上下を金と紫にカラーリング中の人がいました
 (そんな私もそれに習い、上半分にだけハイライト入れてもらった)


⑤シャンプーの時の白い布
 日本では必ずある、シャンプーの時に顔にかける白い布が今日はなかった。
 顔丸出しで気まずいかと思ったけど、
 よく考えたら日本の方が変じゃないか!?何か縁起悪いし。
 シャイな日本人ゆえの白い布だったのだと気付きました。
 


コメント

  1. ツル実母 | URL | -

    昨日オーラの泉に、フランス人と4~5年前に結婚してパリに住んでいる「中村江里子」さんがゲスト出演していましたが、「日本の文化がどんなに素晴らしいかが、パリに住んで見てよくわかった。」と言っていました。
     2人の子どもたちに「是非その文化を身につけさせたい。」とあせっていて、「いそがなくてもいい。」と言われていました。三輪さんも「海外に住むと日本がどんなに素晴らしい国か、よくわかる。」と言っていました。
    母は、誇りに思っていいんだと、この頃政治家が恥さらしなことをして沈んでいたけど、少し嬉しい気分になりました。
     貴女も日本の文化を大切にしながら、暮らしてください。

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    そうだね。私もこっちに暮らしてみて、日本の素晴らしさに改めて気付かされることもあれば、アメリカの優れた部分に関心させられることもあります。どちらの国にも良い部分もあれば悪い部分もある。

    今のところ感じている日本の素晴らしい部分は、文化(芸術とか習慣とかセンスみたいなもの)と接客マナーかな。逆にアメリカの素晴らしい部分は、考え方(問題解決の仕方とか)とコミュニケーションの仕方です。私は、どちらの国の良い部分もたっぷり観察して、自分のものにできたらいいなと思ってます☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/199-f8e49cf9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。