--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の幸せ!?

2009年02月16日 20:42

突然ですが、ツル男はグルメです
ツル男のお母さんからは、
銀座のデパ地下の美味しい霜降和牛やら本マグロやら
高級果物やらをしょっちゅういただいてました
食べ歩き・飲み歩きが趣味で、
日本にいた時は美味しいお店をリサーチしては毎週のように外食、
「迷ったら一番高いものを頼め」と言って、
けっこう豪遊していたと思います。

そんなツル男が、アメリカに来てからというもの、めっきり外食をしなくなりました・・・。
こちらでどんなに評判のお店に入っても、日本で言えば二流三流の味です
当然下の肥えているツル男が満足するわけもなく・・・・
私の料理だけで我慢させているのが気の毒な気がしますが、
家で食べる料理が多少期待外れでも諦めがつくというところでしょう。

こっちの人が「素晴らしい」と絶賛するレベルのレストランが、
日本にはごろごろあることを考えると、日本ってスゴイ!と感心します
それは、ミシュランガイド(2008)を見れば明らか。
ニューヨークサンフランシスコロサンゼルスラスベガスの四都市が全部まとめてかかっても、
東京一都市の足元にも及びません。

    三ツ星5 二ツ星18 一ツ星87   計110
    三ツ星9 二ツ星36 一ツ星128  計227

いや~やっぱり日本ってすばらしいよ
史上最年少で三ツ星に輝いたQuintessenceのフレンチシェフ岸田周三さんの動画を見ても、
日本人の職人魂(?)に感嘆いたします
アメリカの直火焼の焦げた魚、余熱に2時間半かける岸田シェフが泣くよ・・・・。



ツル男ほど美食家でなく、納豆ご飯一杯でも満足できる私ですが、
そんな私でも日本のレストランは恋しくてたまりません
日本に帰ったらまずどの店に行きたいか、
いつもツル男とよだれを垂らしながら話します

その一方で、こんな思いもある今日この頃。
美味しい物を食べなくても、お金をかけて贅沢をしなくても、
十分幸せを感じられているんじゃないかって。

美味しい物も便利な物も、お金を出せば何でも手に入った日本。
今思えばけっこう贅沢をしていたのかもしれません
それに比べてアメリカでは、外食も服もレジャーも我慢して暮らしています。

日本では人に会う時も大抵飲み会なので、その度に5000円札が飛んでいたけれど、
ここでは手作りの物を持ち寄ってホームパーティーが普通なので、お金はさほどかかりません。
日本では流行やすれ違う人に感化されて、
ああいう服とあんなブーツがほしいな~なんてしょっちゅう思ってたけど、
ここでは何故か物欲が沸きません。
レジャーも魅力的だけど、今は勉強が一番優先したいことだし。

そんな生活をしていると、あら不思議
いろんなことがシンプルになって、
ささいなことに幸せを感じられるように

何かそれでいいんじゃないかなぁと思います。
自分で何でも作って食べ、自然の風景に感動したりしながら、地道に勉強する。
もともと野生児の私にとっては特に、何かいいかも・・・・

日本でも、こんな気持ちで生活できたらいいな~と思いますが、
誘惑が溢れる日本では、それを貫き通すのは難しいことなのかもしれません。
とりあえず帰ったらまず、あの店に行って豪遊・・・・かな(笑)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/192-5718e8ef
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。