--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチへ体験

2009年02月09日 15:59

090209Stove.jpg

先日火がつかなくなって修理を頼んでいた我が家のオーブン、正確にはストーブ。
本日10分ほどで修理完了いたしました
おじさんが来てバラバラに分解して、寿命だった部品を交換し、
あっという間に組み立て直してくれました

overhaul = 分解検査(修理)する
ってこういう時に使うのか!と納得
単語帳で覚えた時は、「こんなマニアックな単語いつ使うんだよ~。」と思っていた言葉も、
アメリカで実際に生活していると、意外に身近な言葉であることが分かります。
そして今回のように、知識としてだけ頭の中にあった単語が、
目の前で起こる状況とリンクした時は、感動ひとしおです
プチへレンケラー体験です。
思い返せばこの半年間、けっこういろんなプチヘ体験をしたものだ・・・・。

① hummingbird = ハチドリ
 日本人にはほぼ無縁の鳥の名前をなぜ覚えなければならないのか!?
 と思っていたら、庭先をぶんぶん飛んでいてびっくり。

② inauguration = (大統領)就任
 言うまでもありません。
 オバマ大統領のおかげで記憶に完全定着。

③ custody = 保護
 「24」なんかのドラマでしょっちゅう飛び交ってる言葉。

④ massacre = 大虐殺
 サンクスギビングの時に、七面鳥のこれを経験・・・・。

⑤ plummet = 急に下がる
 ツル男の購読してるファイナンシャルタイムズの株価欄なんかで、
 見かけるようになって久しい単語(悲)

⑥ subpoena = 召喚状
 単語帳に、やたら「主張する」やら「起訴する」やらの単語が多くて、
 主張の強いアメリカ人だけに・・・とゲンナリしていたのですが、
 裁判系・法律系の単語は、新聞でよく目にすることに気付きました。

たぶん他にも沢山・・・・。
頭の中にはある。確かにある。
書いてあることが辞書なしで読めるようになってきたし、
人が話していることも分かるようになってきた

ところが話すとなると頭の中にあるはずのボキャブラリーはどっかにすっ飛んで行き、
簡単な単語をアホみたいにたどたどしく話すことしかできません(笑)
瞬間的に出てくるようになるまで繰り返し覚えろってことか。

しかしありがたい環境にいさせていただいていることは確か。
少しでも無駄にせず学ぶべし!ダ~
(ツルコッ ボンバ~イエッ ツルコッ・・・・・)



コメント

  1. ツル実母 | URL | -

     正に貴重な体験。その調子で頑張って!

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    ありがとう!最近になってやっと勉強の楽しさが分かってきた気がするよ☆がんばります!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/186-cfba73ef
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。