--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦愛とは・・・

2008年12月11日 10:42

081211BakerHouse.jpg

以前にもパーティーに呼んでいただいたことのある、
英語の先生のおうちに遊びに行きました。
最近は一緒に行動するのが、大体固定メンバーになっています。

ベーカー先生は91歳!
以前にも書いた通り、愛すべきグランマという感じのステキな先生です
今日も上下ピンクの部屋着に真っ赤なマニキュアで私達を出迎えてくれました。

そして今日は泣かされました
先生のダンナ様はツル男の大学の化学の学部長を勤められ、
ガン研究の第一人者として世界的に活躍されていたそうです。
ノーベル賞候補に挙がりながらも、40年近く前に惜しくも他界されたそうです。
(ノーベル賞は故人には贈呈できない決まりがあるのです)

そんなダンナ様を支え、愛し続けたベーカー先生
先生の話の端々には、ダンナさんを称えるエピソードがいつも登場します。
ダンナさんが貧乏なドクターの学生だった頃、
「私がこれから3年間あなたのために働くから、その後あなたは私のために働いてね。」
と約束して、ハードな仕事と家事をこなしてダンナさんのキャリアを支え続けた日々のこと
土日も休むことなく化学の研究に没頭するダンナさんでしたが、
国際学会がある時はベーカー先生もついて行って、世界中を旅行することができたこと

そしてダンナさんは、
自分のキャリアが奥さんの支えによって作られたものだということを分かっていてくれ、
日々感謝の気持ちを表すことを忘れなかったそうです。
貧乏時代、銀食器屋さんのショーウィンドーの前をふと通りがかった時、
「今は買えないけど、将来必ずプレゼントする」と約束し、25年後にその約束を果たしたこと
出版された本を開けてみると、冒頭に「ベーカーへ感謝を込めて」の文字が印刷してあったこと

ベーカー先生はダンナさんが亡くなってから、
ダンナさんがどんなに自分を愛していたか、
自分がどんなにダンナさんを愛していたかを知ったそうです

数々のステキなエピソードと想い出の品々を目の前に見せられ、
何度、目に涙があふれたことか
そして、困難を一緒に乗り越えた夫婦の絆の素晴らしさと、
夫を支え二人三脚で歩いていく決意を改めて感じるのでした。

40年近く前に愛するダンナ様を亡くして未亡人となってしまった先生ですが、
その後、留学生とその家族のためのカンバセーションクラスを立ち上げ、
以来36年間、ボランティアでクラスを続けられています。
その人柄のため、母国に帰った留学生達から今でも慕われ、
先生が「ミュージアム」と呼ばれる部屋の一室は、
世界各国のおみやげであふれ返っています。

3人の実のお子さんの他に、
「世界中に子ども、孫、ひ孫がいるのよ。
夫が亡くなった後は生徒に会うために、また世界中を旅行するようになった。」

と嬉しそうに話す先生。
毎年誕生日には、70人くらいの人が集まってパーティーを開いてくれるそうです。

アメリカ人は、自分のパートナーを堂々とよく褒めます。
聞いているととても幸せな気分になるし、とてもステキな文化だなと思います。
そして先生の人生はステキだねぇとしみじみ話しながら家路に着いた私達でした



コメント

  1. ツル実母 | URL | -

    素晴らしい先生と交流出来て幸せですね。 そこに集まった誰もが、そんな人生を願っていることでしょうと想像しています。

     貴女も、いい人生の先輩として勉強させてもらってください。 母は、そんなに立派ではなかったけど貴女の結婚式の日に送った言葉にそんな気持ちを込めたつもりです。

     貴女も頑張っているのにエンジョイしてると勘違いして、御免ね。

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    ステキな人生に触れられて本当に幸せです。先生は「今の私達の立場を昔経験したから」と励ましてくださって心強いよ。

    お母さんからもらった手紙はとっても心に染みたよ。宝物として大事にとってあります。

    何だかんだエンジョイさせてもらってるうえに自分のために勉強までできて、何て恵まれているのかな~と思う今日この頃。この記事の後だからというわけではないけど、ツル男の目標達成を支えるのが第一の指名だと思ってるので、そっちが疎かにならないようにうまくバランス取ってやっていこうと思いま~す(^-^)q

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/154-d90bf6a5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。