--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動したこと

2008年05月16日 19:10

今日はびっくり感動エピソードがありました。

同じ職場で働いているSちゃん。
思いがけない共通点が発覚
それは知的障害者の兄弟がいることです

私は4つ上の兄、Sちゃんは2つ下の弟。
しかも障害が重度。
軽度の知的障害や身体障害の身内がいる方は何人か知っているのですが、
二親等に重度の知的障害者がいる人と普段の生活で知り合ったのはお互い初めてでした
初めて家族以外で共感しあえる人を身近に発見したことで、お互い大興奮でした

もちろん周りの友人知人は、理解と関心を示してくれますが、
本当の共感ができないのは仕方ないことだし、
深刻な雰囲気になりがちでお互いに気を使う・・・
ということで私もSちゃんも、気兼ねなく人に話せないできたのです。


「うちは知能が2歳で止まってるんだ~
「うちもうちも。ていうか知能検査自体できないからホントはもっと低いかも

「ファスナーが上手に上げられないだけでパニックになるよ~(笑)
「うちはハンカチから糸が1ミリ出てるだけで大騒ぎ(笑)

「子どもの頃は辛かったよね。兄弟のことで友達にからかわれたりしてさ
「分かる分かる。家でも母親がしょっちゅうヒステリックに怒鳴ったりして気が狂いそうだったよ~

「でもかわいいよね~。心がピュアでさ
「うん。癒されるよね~


同じ気持ちを共有できる嬉しさ
何の気兼ねもなく笑い混じりで普通に語り合える喜び
何か運命を感じてしまいました

知り合った当初から、Sちゃんには何となく自分と似た部分があることを感じていました。
似た経験をしてきたからパーソナリティに共通点があるのかと腑に落ちました。
思えば今の仕事に就いたのも、Sちゃんと出会うためだったかもしれません
実は今の職場は、アメリカに行く前の期間だけ働くための仮の職場なのです。

そして思ったこと。
年を重ねるってすばらしい
今回のように運命を感じる出会いってそう頻繁にあるわけじゃないけど、
年を重ねていくごとにその回数が増えて、
自分の周りに心が通じる人がどんどん増えていくんだ
そういう人を見つけるのが人生の喜びの一つかもしれないなぁ・・・
そういう出会いを大切にしていきたいなぁ・・・




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/15-739aee79
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。