--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会心理学のセミナーに潜入

2008年11月09日 12:46

この間、社会心理学の研究者のSayakaさんに誘ってもらって、
大学のセミナーに潜り込んできました。

UCLAのBenjamin R. Karney先生による、結婚満足度の変容に関するモデルの紹介です。
分野は違いますが、家族や夫婦は私にとって主要な関心対象であることと、
大学レベルの英語の講義体験をしてみたいという目的意識を持って行きました。

教室は意外に狭くて生徒も20人弱。
インフォーマルなセミナーだったので、モグリの私はちょっとドキドキしましたが、
ぜ~んぜんノープロブレムでした

しかし、アメリカ人の先生はやっぱり話が上手ですね~。
かなり熱を込めながら、抑揚の高音がかなり高いところまで行っていたのが印象的でした。
しかし早いこれが大学の講義のスピードかぁ・・・・
パワポがあるから良かったようなものの、全て聞き取るのは私には不可能でした

幸い内容自体はシンプルなものだったので、何を説明していたか、
最終的には大体理解できたと思います。
7割方チンプンカンプンになる予定だったのでほっとしました

女性の結婚満足感は、
夫に対する個々のポジティブ行動の認知とその時の妻の原因帰属能力の状態に影響され、
更にそれらはストレスによってネガティブに作用するというような内容だったと思います。
私的には「ストレス」と一言に言ってもどんなストレスで、
どんな相互作用を経て夫をネガティブに帰属するのかな~ということと、
ネガティブ認知や不適切な原因帰属を防ぐ要因は何かな~というところに興味が沸きました。
今回は直線論的な話だったので、
臨床家の端くれ的にはやはり相互作用と介入方法に興味が沸きます。

でもとっても面白い体験でした
機会があったらまた懲りずに潜らせてもらうことにします



コメント

  1. ツル実母 | URL | -

    へぇ~。 そんなことも出来るんだ。

    専門分野の勉強に触れられて、これからも時々そんなチャンスが持てるといいね。

     

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    楽しかったよ。こんな機会に誘ってくれる友達がいることに感謝です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/132-f0218031
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。