--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイム終わる

2008年11月02日 22:25

081113夕焼け

今日から冬時間
Daylight Saving Time(DST)の時期は終わり、時間が一時間遅くなりました。
午前2時になると同時に、時計の針は午前1時に戻すという不思議な現象が起きたことになります。

最近朝晩半袖では寒く(それでもキャミとホットパンツで歩いてる人が多いのはさておき・・・)、
毎日雲一つなかった空に写真のように雲が出るようになり、
朝起きるとしっとり道路が濡れていたり、木々の葉がほんのり色付いたりして、
サンタバーバラにも微かな秋の訪れを感じていた今日この頃
冬時間になったことで更に季節の変化を実感することとなりました。
昨日までの18時が17時になったので、「あ~17時でもこんなに暗いんだぁ」と、
急に日が短くなったような気分になるんです。

今回は時間が1時間戻ったので、何だか得をした気分になりました。
朝グダグダ過ごしていても、「あれ~まだ10時じゃな~い」という感じ
逆に冬時間から夏時間に移行するときは、損した気分になるということ。
心疾患の発作発生率が高まるとか
(逆に夏時間から冬時間に移行する時発生率低まるらしい)

私は正直言ってDSTは好きじゃありませ~ん
何で時計自体を操作しなきゃいけないの~と思います。
それなら、9:00~18:00勤務を8:00~17:00勤務にしてくれた方がまだいいです。
(それでは意味ないのでしょうか。)
そもそもそんなにメリットあるんでしょうか。
毎年2回時差ボケ状態・・・・気持ち悪いです。
もし日本で施行されたら大混乱になりそうです。
(ちなみにアメリカに占領されていた時代、日本もDSTを導入させられていたとか!)

日本にDST導入反対~



コメント

  1. ツル実母 | URL | -

     サマータイムのことは経験がないから良くわからないけど、想像してみると貴女の言うことが正しいように思えます。 

     日本人は季節の移ろいを自然に受け入れて、そこに情緒とか風情とかを感じながら生きてきた太古からの生活の歴史があるからねぇ。サマータイムは馴染めないのかも。 もしかしたら、日本の衣替えのような感覚なのかなと想像しました。
     
     

  2. ツル子 | URL | mjPE0GIo

    そうだねぇ。
    正に日本の衣替えみたいで、節目を感じられる出来事ではあるんだけれど・・・。

    自然の流れに自分を順応させることを心地よいとする日本人として、時間の流れを人工的に操作することは倫理的に違和感があるという私情はさておくとしても、それに見合うメリットの証拠がはっきりしていないのでイマイチ意義を感じられません。明らかに大きなメリットがあるのなら、とても画期的なアイディアだと思うけど。

    少なくとも日本では、エネルギー削減につながるどころか、夕方なかなか涼しくならないのでエアコンを更に使うことになって逆効果なのではと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turunao.blog45.fc2.com/tb.php/125-25f30ce0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。