--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチロー vs 松井 !!!

2010年05月29日 15:19

昨日はLAのエンジェルスタジアムで、
松井所属のエンジェルスとイチロー所属のマリナーズの試合がありました!
ツル男がナイター試合のチケットを予約してくれたので、いそいそとLAに向け出発
エンジェルスタジアムはディズニーランドのすぐ近くということもあり、ミッキーがいました。

DSCN6083.jpg

もちろんMatsuiパネル

DSCN6088.jpg

スタジアムは3階席までいっぱい。
4万人ちょっと入っていたそうです。
日本人の姿も沢山見ました。

外国人の中で改めて日本人の姿を見て思うこと。
大抵の日本人は何となく品が良くて穏やかで人が良い感じに見えます。
アジア人って他の人種の中にいると、下品でぶっきらぼうでダサく見えることが多いのです。
人のフリ見て我フリ直せだな。

DSCN6014.jpg

我らの席はライトスタンドの一階席。
お目当てはイチローです。

ichiro.jpg

嬉しかったのは、松井の人気が予想外に高かったことです
バッターボックスに立つ時の歓声が一際大きく、
「あ、アメリカでもちゃんと認知されているんだ~」と嬉しく思いました。

DSCN6045.jpg

もちろんイチローも人気者。
エンジェルスファンなのに「イチローコール」している人もいました。
液晶の一番右側に並んだ全メンバーの打率を比べてみても、イチローの凄さが分かります。
ちなみにお客さんの9割は地元エンジェルスファンでした(客席が真っ赤)。

DSCN6046.jpg

松井は残念ながら打てませんでしたが、
イチローはマルチヒットで、守備でも大活躍でした。
私達の席の近くまで滑り込みながらボールをキャッチして2塁に完璧な送球をしたり、
その度に拍手や歓声が上がって、「一体どっちのファンなんだ?」と思いました(笑)

DSCN6037.jpg

メジャーリーグでは応援団はいませんが、
スタジオの電光掲示板に「音を立てて!」「大声を出して!」「聞こえないよ!」など、
応援の指示が出て、エンジェルスを盛り立てます。

回の合間の余興でアメリカっぽくて面白いと思ったのは、キスタイム
スタジオの巨大液晶画面に客席のカップルが次々映し出され、
そのカップル達はキスをしなければいけません
老若男女、みんなノリノリで熱いキスをしてましたが、一組だけ拒否されていました(笑)
自分達が写るんじゃないかと思ってちょっとドキドキでした。

結局イチローの大活躍により、8-3でマリナーズが圧勝しました。
試合終了後にはけっこう立派な花火が上がりました(音楽4曲分くらい)。

DSCN6062.jpg

祭りの後・・・・
アメリカの不思議な常識の一つ、ピーナッツを食べたら殻を床に捨てる。
マナー違反とかではなく、これが普通の感覚らしいです。
「後は掃除の人にお任せ」という感じで、ゴミをシートの下に置いて帰るのも当たり前

DSCN6076.jpg

海外で挑戦し続けている日本人の姿にパワーをもらって家路につきました

DSCN6102.jpg

スポンサーサイト

赤ちゃんほのぼのドキュメンタリー『Babies』で萌えた

2010年05月24日 01:22

母の日の月なので上映しているBabiesを観て来ました!
フランスの監督による、ナレーションなしのドキュメンタリー映画。
ナミビア・モンゴル・日本(渋谷)・アメリカ(サンフランシスコ)
それぞれ産まれた4人の赤ちゃんが産まれてから約1歳までの成長をひたすら追います。
とにかくかわいい!ほのぼのムービーです
ネタバレOKな人は「続きを読む」をクリックしてどうぞ。

[ 続きを読む ]

海辺の日常風景

2010年05月21日 14:43

海辺でちょっと運動
毎日気持ちいいお天気で、パワーを充電できる場所も沢山あってありがたい。

100521Ocean1.jpg

ゴールデンレトリバー2匹を連れて散歩中のおじさん。
テニスボールを海の中にポーンと投げると、犬達は喜んで海にダイブ
さすが犬、体力あるなぁと感心してみていたところ、
おじさん、鬼コーチばりにこれでもかというくらい容赦なく繰り返す。
さすがの犬も最後の方、完全にテンション下がってた(笑)

100521Ocean2.jpg

その目線の先には、一人静かに沖に向かって歩く、物凄くマッチョでロンゲの男。
じっと波を見てたたずんでいたが、体一つでおもむろに波乗りを始める。
波に乗っては立ち上がり、水しぶきと共にバサーッと長い髪を後ろに払うワイルドな海男。
海男にはサーフボードはいらない。
何だかシュール・・・・でもそんな日常生活

今日のつぶやき

2010年05月19日 22:53

「柳の泉」を意味する名前のアパートに住んでいます。
最近その柳の木が満開に

100520Willow.jpg

サンタバーバラには山の上に住むのが好きな人たちが沢山います。
けっこうな豪邸ばかりなんだけど、この家はやだな・・・・
地震大国出身の日本人ならまず選ばないロケーションでしょうね~(笑)

100520House.jpg

最近Twitterを本格始動した
最初は「どうせただの暇つぶしでしょ」くらいにしか思ってなかったけど、
何かちょっと面白さが分かってきたかも
自分のモチベーションを高めたり情報収集したりするのにはいい道具かも・・・・と今さらながら。
(ちなみにちょっと背伸びして専門系のマジメつぶやきオンリーです。)

アメリカっぽい食べ物

2010年05月11日 21:07

1005011IHOP.jpg

アメリカっぽい食べ物の一つ、IHOPのパンケーキ。
日本人的にはギョッとするかも知れないけど、けっこう美味しいです
一人では食べ切れません。

健康第一

2010年05月06日 18:17

100506Segway.jpg
<写真は街で見かけた、セグウェイで犬の散歩の図>

あれは7年前の春・・・・
大学院卒業記念に仲間5~6人で台湾旅行に行くことになった時のことです。
みんなで行く海外が楽しみで仕方なく、ワクワクしながら計画を立てていました
そこににわかに勃発したのが、SARS騒動

SARS。覚えているでしょうか。
和名、重症急性呼吸器症候群
謎の新型ウイルスSARSの流行で、当時8,098人が感染し、774人が亡くなりました

私達の出発日直前、
台湾人医師がSARSに感染して空港で倒れる
という恐ろしいニュースが飛び込んできました
旅行を取りやめるべきか否か・・・・協議の末、私達は予定通り旅行を決行することに。
旅行当日はSARSの心配はどこへやら、思いっきり楽しんで帰ってきました

帰国翌日。
一人で電話相談のバイト中(休日でほとんど電話はかかってこない)に私の体ににわかに異変が・・・・
悪寒、節々の痛み、倦怠感、
そして熱はみるみるうちに39℃台に突破
朦朧とした意識の中で、私はたった一人で葛藤しました。

・・・・私、SARS?どうしよう・・・今すぐ病院に行くべきか・・・・
SARSだとしたら、この部屋は完全に汚染されているから、
誰かに報告して消毒してもらわなきゃ。
一緒に行った仲間達にも感染しているかもしれない。
更に感染するのを防ぐために今すぐ仲間に伝えた方がいいのかな。
でもSARSじゃなかったとしたら、ただの人騒がせになってしまう。
親にもまだ言えない。
私、死ぬのかな・・・・遺書書いた方がいいかな・・・・。


などなど。
そして朦朧とした頭で自ら運転して、医大の休日窓口に向かいました
看護婦さんに、台湾旅行から帰ってきてこの状態になったことを説明すると、
看護婦さんの顔色が変わり、マスク装着。
周りの患者さんも私の周りから逃げるようにいなくなっていきます。
慌てて売店にマスクを買いに走る人も。
ほんとに申し訳ないと思いつつ、藁にもすがる気持ちでそこにいるしかない状態

しかしその日は運悪く休日だったため、当番は麻酔科のお医者さんでした。
「インフルエンザの検査は陰性だからもしかしたらSARSかも知れないけど分からない」と言われます。
「とりあえず薬を飲んで様子を見て、悪化するようならここに電話して。」
SARS緊急窓口みたいな電話番号を渡されて帰されました

後は覚えてません。
家について薬飲んで、泥のように眠り続けました。
3日後。
熱はウソのように下がって普通の状態に
一時は死を覚悟したけど、どうやら旅の疲れが原因だったようです
あぁ・・・・SARS感染者日本人第一号にならなくて本当に良かった。

以前も強行スケジュールなサンフランシスコ旅行から帰ってきた翌日、
発熱して4日間寝込み、その後ウソのようにケロリと回復したということがありました
昔から体が強そうに見えて弱く、疲れると体が一時的に休眠状態になるみたいです(汗)
おかげさまで今回の体調はすっかり復活し元気一杯
それにしても、健康第一・体力第一だなぁ・・・・。

急性胃腸炎的な何か!?

2010年05月05日 21:08

春ですなぁ~

100504Flowers2.jpg

下のオレンジのお花は、カリフォルニアポピーです。

100504CaliforniaPoppy.jpg

昨日の夜突然悪寒がして胃腸が痛くなって、熱をはかったら37.2℃
トレーニングの後「何か幸せすぎて食欲がわかないよって言ってたけど、
実は体調不良だったらしい(笑)
がんばった後に体調を崩す私のいつものパターン・・・・。

昨日はそれに気付かずに、若干の腹痛をおして
ビーチでフリスビーをやったので悪化してしまいました(笑)
でもビタミンと水飲んでたっぷり寝たら今日はだいぶ復活しました

Happy Birthday To Me!

2010年05月04日 21:09

トレーニングのバタバタで書くのを忘れていましたが、
4月24日は私の32歳の誕生日でした~
おめでとう~!そしてありがとう~!

出産した友人から話を聞いたところによると、
子どもを産むと親の偉大さが心底分かるらしい。
最近誕生日は、産んで育ててくれてありがとう日にするようにしてるのですが、
今年は特に母の出産に思いを馳せてみたりして。

そして友人やツル男の実家からプレゼントありがとう!
偶然みんな私の大好きなお花モチーフです。幸せ

100505BirthdayPresent.jpg

ツル男には「何かほしい物ある?」って聞かれたので
「ビッグサーの5ツ星レストランでランチが食べたい」と答えましたが、
ビッグサーマラソンによる通行止めによってそれは適わず・・・・。
でもこっそり別にプレゼントを用意してくれていました。
Jessie Steeleのエプロンと、Borne Confectionsのチョコレート。

100505Chocolate.jpg

その他、Mixi・Facebook・email経由でお祝いをもらって、
時代は確かに変わったのだなぁと感じましたありがとう!
何歳になっても、誕生日を祝ってもらうのは嬉しいものですね~

ロールプレイ恐怖&感動体験

2010年05月02日 11:47

100501MRI.jpg

昨日無事に我が家に帰ってきました
スピード違反に気をつけながらも、恍惚とした気持ちに包まれて運転していたら、
トレーニング直後にもかかわらずノンストップでとっても早く到着しました。
とにもかくにも、このトレーニングに参加したことは本当に本当に良かった

最終日は、朝からワーク三昧でした。
私は過去に自分が担当したケースについてどうしても聞いてみたくて、
勇気を出して朝一のロールプレイでクライエント役に立候補しました。
ちゃんと話せるか不安なので、前の夜にブツブツ表現をシミュレーション済み。
その結果、目から鱗が落ちる沢山のことを学びました
勇気を出して挑戦してみて本当に良かった

しかし午後に突然、イタリア人の女の子が泣き出すハプニングが。
前日から様子がおかしかったのですが、
どうやら濃厚なトレーニングの内容についていけなくて(語学の問題ではなく)、
多分ロールプレイも怖くて、絶望的な気持ちになってしまったようです
みんなで励まし、ロールプレイに挑戦してみるように促しますが、
「No....I can't....」とポロポロ涙をこぼします

うぅぅ・・・・分かる分かる分かるよぉ、その気持ち・・・・
でも絶望する必要ない、あなたがダメなんじゃない、
周りの人がみんな優秀に見えるかもしれないけどそれは違う。
たまたまちょっと知識や経験が多いだけ。
それはあなたの能力や才能とは一切関係ない。
クリエイティブに見えるのは、セラピーが職人芸だから。
でも一定量繰り返し訓練してパターンを身に付ければ必ずできるようになる。
劣等感を持つ必要ないよ~
と心の中で励ましつつ、そっとしておきました。

その子だけでなく、参加者全体にひしひしと漂うロールプレイ恐怖
誰もやりたがらないのをこれ幸いに、今度はセラピスト役に挑戦することにしました。
今度は完全アドリブだし、英語でカウンセリングなんて・・・・って思ったけど、
何かもうふっ切れちゃったのか、楽しんでやることができました。
そしてここでも目から鱗の学びが

最後の最後に、連日ずっと静かに自分の殻に閉じこもっていた例のイタリア人の女の子が、
一生懸命質問をし始めました!
どんなにその姿が嬉しかったことか

だって自分の限界に挑戦しさえすれば、どんなに恥をかいても失敗しても、
「自分は逃げずに挑戦できた」という達成感が得られることを
私も前回のトレーニングで嫌というほど経験して知っていたから。
だからその子が、勇気を振り絞って挑戦した経験を少しでも持って帰ってほしかったのです。
彼女が自分との戦いに勝って、行動を起こしたことがすごく嬉しかった
多分メンバー全員嬉しかったと思います

そんなこんなで、最後は全員が喜びに包まれながらハグし合って別れを惜しみました。
そして私は講師のカタリーナについて行くことを決めました(?)
神様ありがとう!素晴らしい出会いに感謝です




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。