--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカに来て驚いた車事情

2010年01月31日 14:56

100131Signs.jpg

この間車の話題を書いたので、ついでにアメリカの車事情について
私がこちらに来て驚いたことが二つあります。

①車検の義務がない
②免許取得のために自動車学校に行かない


①のおかげで、窓が全部割れてビニールシートで覆われた車や、
何かにぶつかって中身がむき出しのままの車や、
サイドミラーやライトがない車や、
ガラガラ音をさせて走る、ものすごい古そうな車など、
いろんな整備不良車が平気で路上を走っています
高速道路を走ると、路肩に寄せてボンネットを開けている人を沢山見かけます。

以前、ドライブスルーに並んでいるとやけにガソリン臭いので見回すと、
前の車から滝のようにボタボタガソリンが漏れて水溜りができていました。
びっくりして、前に回ってドライバーに教えたところ、
「そうなのよ。分かってるの。」と肩をすくめ、
ガソリンを撒き散らしながら走り去っていきました

大抵の人は、定期的に点検に出して整備していますが、
こんな車も一緒に道路を走っているわけで・・・・
車検代として毎回高いお金を払わなくて済むのはいいですが、
いつ他人の事故に巻き込まれるか分からない危険と常に隣り合わせです。

100131Pedestrian.jpg

②について。
日本ではほとんどの人が自動車学校に行くと思いますが、
こちらでは、親が同乗して練習させたりして、独学で免許を取る人が多いそうです。
一応自動車学校的なものはあるらしいのですが、
講習時間が日本よりだいぶ少ないらしいです。
独学で免許を取ったばっかりの若者も一緒に走っていると思うと怖いですね~


        


どちらも、自分のことは自分の責任の下で管理したい
アメリカ人の性格を反映したものなのでしょうか。
多少リスクがあっても自由な方を選ぶというような。

こっちに来たばかりの時は「あり得ない~!」と思っていたのですが、
最近は「楽でいいかな。でも何が起きるか分からないから覚悟しなきゃな。」という感じになりました

スポンサーサイト

創造性とコミュニケーション力

2010年01月30日 00:49

100129Morphoses.jpg

昨日はThe Wheeldon Companyというバレエ団によるMorphosesという舞台を観てきました。
ニューヨークバレエ団の元バレリーナ、Christopher Wheeldonという振付師の
クラシックバレエと新しいアイディアの融合が絶妙な振付が話題の集団です。

シュールで美しくてミステリアスで斬新な踊りは見ていて飽きず、
どうやったらあんなクリエイティブな動きを考えられるのか感心しました
狂気の中にチラ見える秩序が美しさを感じさせるのは、精神病理と似てるかも~なんて思ったり。

終了後に、振付師とトップダンサーに対する質問タイムがありました。
つくづく思うのは、アメリカ人って人前で話すのがうまいな~ということです。
メインの3人はもちろん、質問する観客も、誰一人緊張してキョドったりしておらず、
とうとうと淀みなく、ユーモアを交えながらリラックスして話せるというのは、本当にうらやましいです。
幼稚園で、好きなおもちゃを持ってこさせて、
それが何故好きなのか一人ずつプレゼンさせたりするらしいですから、
小さい頃から鍛えられてるのかな。

やっぱり言葉の力って大事。
自分が話すことが苦手なので特にそう思います。
私も自分の未来の子どもには、何でも言葉で表現できるように訓練してあげたいな~と思います。

信頼できる修理工場

2010年01月29日 11:02

100129ParmTrees.jpg

以前のトラブル以来、長距離運転にも耐え、割と機嫌よく走ってくれていた我が家の愛車。
この冬に入ってエンジンルームから異音がし始めました。
キュルキュルキュルキュル・・・・
明らかにヤバそうな音。

NissanでFordを買うという拭い去れない失態はさておくとして、
Nissanで加入した保険がかなりの威力を発揮してくれるので、
いつもNissanの修理工場でメンテナンスをお願いしていました。
ところが彼らメカニック、あまりちゃんと車を見てくれているとは思えず、
正直言ってあまり信用できなくなっていました

そんな時にアメリカ人の知り合いが紹介してくれた別の修理工場で点検をお願いしたところ、
いくつか問題が見つけてくれ、しかもちゃんと親切に説明してくれ、料金安い
そして、Nissanの保険を持っていることを話すと、

「これとこれ(高額修理)は保険を使うべきだよ。
来週Nissanに持って行って、そこから電話して。そしたら直接説明してあげるよ。」


と言ってくれました
Eric Krebs Automotiveという修理工場、かなりいいです!

100129SchoolBus.jpg
(写真はこちらのスクールバス。側面のStopサインが立ち上がって赤いランプが点等した時は、
子ども達が乗降中なので後ろに停車して待たなければいけません。)


そんなこんなで、車の診断書を握り締め、いざNissanへ。
Eric Krebs Automotiveに電話して説明してもらっていいか聞いたところ、
「No! 分かるから大丈夫大丈夫(ちょっとイラつき気味)」
結局その日はアポなしで行ったので、次の週にアポを取って帰されました

何か心配だ・・・・ホントに分かるのか!?
そのメカニックをかなり信頼していない私は、Eric Krebs Automotiveに相談に行きました。
するとまたまた親切に、車の診断書に説明を手書きで付け加えてくれ、
やっと安心してNissanに車を預けたのが27日午前10時

Eric Krebs Automotiveの話では、修理には4~5時間かかるんじゃないかということでした。
Nissanでも最初、その日のうちに直ると言われていたのですが・・・・。
夕方電話がかかってきて、修理は次の日までかかるとのこと
ちょっと困るけどまぁしょうがないかと、不便なバス生活をすることに

ところが次の日!
留守電に折り返し電話をくれというメッセージが。
「この部分は保険でカバーできて、この部分は実費になるけどどうする?」
という意思確認でした。
「で、もう修理したんですか?」
「まだ何もしてないよ。だって電話したけど出ないから取り掛かれなかったんだよ。」

えぇ~!!!っていうか電話くれたのつい1時間前だし・・・・。
車預けて丸一日なにしていたんだろ~多分何もしてなかったんだろうな~

相変わらずの感じで、車が戻ってくるまで結局3日もかかってしまいました。
料金は保険がきいて$50。

修理中、車がないと不便なので、レンタカーを割引してもらおうと思い、
Nissanで唯一信頼できるマネージャーの携帯に電話すると、
慌ててレンタカー屋まで駆けつけて手続きしてくれました。
昔散々文句を言ったりしてるので、このマネージャーだけは気を使って対応してくれます。

どの店もサービスの質が平均的な日本と違って、
アメリカでは店によってサービスの質にかなりの差があります(料金に比例する傾向あり)。
たまにEric Krebs Automotiveのように(しつこく宣伝 笑)、
良心的な値段でサービスもいい店がありますが、
信頼できる良い店を見つけることってアメリカで生活する上で重要だな~と思います

日本から友人来訪

2010年01月28日 09:38

日曜日から三泊の日程で、日本から友人が来ていました
サンタバーバラで知り合った心理学つながりの友人です。
ラスベガスの学会でポスター発表する前に、サンタバーバラに足を運んでくれました。
こちらで知り合った人はみんな同窓生みたいな感覚なので、再会できるのは嬉しいです

時差ボケも何のその、懐かしい顔ぶれが集まるパーティーに出席。
10ヶ月ぶりにサンタバーバラを再訪した彼女は、いろいろな人に会う予定がびっしりです。
おかげで私は一度も夕食を振舞いませんでした(笑)

100124SushiParty.jpg

彼女のスーツケースのの半分はいろいろな人へのお土産で埋まっていたに違いない。
我が家にも、お菓子やら節分セットやら、ちゃっかりリクエストしたレピシアのお茶やら、
山のようなお土産を持ってきてくれました。
気を使いすぎるほど気を使ってくれる彼女らしいです
ありがとう!

楽しい時はあっという間に過ぎ去り、4日目の早朝にサンタバーバラ空港でお別れ
また日本で会うまでお互い元気でがんばろう!

まだ暗いうちにお見送りしたついでに、せっかくなので朝陽を見るために山に上りました

100127Sunrise1.jpg

息が白くなるくらい冷たい空気も、陽が昇るとともに暖められていくことでしょう。
朝陽パワーを充電して、ちょっと得した気分になったのでした

100127Sunrise2.jpg

ゴミはほどほどに

2010年01月22日 18:17

100122Sunset.jpg

調子に乗って台所のディスポーザーにばんばん生ゴミを捨てていたら、
昨日の夜パイプが詰まり、完全に水が流れなくなりました

今日になって、偶然通りかかったアパートのメンテナンスのおじさんを捕まえ、
トイレが詰まった時の要領でズポズポやってもらったところ、
排水溝にゴムのアイテムをかぶせて上下するたびに、
水道の蛇口の脇に開いてる穴から汚水が勢い良く吹き出てきます
その穴にタオルをかぶせて抑えるのを手伝ったら、
思いっきり汚水をかぶり、台所も燦燦たる状況に

でも、そんなおじさんと私の共同作業の苦労のかいあって、
ゴボゴボゴボ~!という大きな音とともに、無事水路開通!
ありがとう・・・・おじさん

こんな時アパートだとすぐに無料で対応してもらえるので、
特に海外生活ではありがたいです

今日も朝から雨が降ったりやんだり晴れ間が出たり。
山のてっぺんには雪がうっすら積もっているのが見えました
空気が一気にひんやり冷たくなります。
今年の日本も寒いとか!?
みんな健康で元気に暮らせますように

ストーム襲来

2010年01月20日 10:27

100120Storm.jpg

数日前から、ストームに見舞われて毎日雨が続いています
日本の台風と比べると大したことないんだけど、サンタバーバラにしては激しい雨風。
一晩空けて塀がなくなっちゃってる家があったり、大木が倒れていたり。
しかしこんな日でもずぶ濡れでチャリ通の学生がけっこうな数いるのには驚きます。
風邪ひいちゃうよ・・・・

ウインターストームシーズンに入っても
ほとんど雨が降らなかったこの地域にとって、
これは貴重な恵みの雨です
大地よ。沢山水を吸収してください。

夜中から降り続いた雨も、大抵午後には上がって青空がのぞくのでした

100120AfterStorm.jpg

ラスベガスへの旅☆二日目

2010年01月17日 19:00

『今朝起きるとどしゃぶりで「残念だけどあそこに行けないね~。」と話す』という夢を見ました。
私の心の奥底では、本当は『あそこに行きたくなかった』のかも知れません。
そう・・・・そこは来る者を拒むように天高くそびえ立つ、ストラトスフィアータワー・・・・。

[ 続きを読む ]

ラスベガスへの旅☆一日目

2010年01月16日 13:34

先週末は三連休だったので、ラスベガスに行ってきました。
ネバダ州の砂漠のど真ん中に位置するラスベガスは、サンタバーバラから車で5~6時間。
行こうと思えば行ける距離にあるので、誰もが足を運ぶ人気のコースなのですが、
アメリカ生活1年半目にして、私達はまだ一度も行ったことがなかった・・・・。

「よし、ベガるか。」

[ 続きを読む ]

ぽかぽか陽気

2010年01月08日 20:28

100108BacaraBeach.jpg

アムロちゃんとロンブー淳のセドナ旅行が気になっていたここ最近、
サンタバーバラは最高気温が22℃~25℃くらい、
初夏のようないいお天気が続いています
外に出るのが気持ちいい今日この頃。
でも、去年の春を最後に山火事も起きてないから、そろそろ起きるかしら・・・・

今年の日本は大雪ですか~?
二次災害など起きませんように

お年玉プレゼント

2010年01月06日 00:07

おおみそかの午後、我が家に謎の小包が届けられました。
包みを開けることを許さずに、何やらコソコソごまかすツル男。そして迎えた新年。
「お年玉プレゼントで~す!」と、ツル男が取り出したものは!!!

100106Kendama2.jpg

『日本けん玉協会認定 オフィシャルけん玉 TK16 master』

小学校の時にやったのが懐かしくなって注文したらしい。
私は最初へたっぴだったけど、意外にはまってお正月は夫婦で猛特訓してました(笑)
何気にうっすら汗ばむ運動量、お正月早々右肩が筋肉痛に。
素朴な木の感じとかわらしい形に何か癒されます
帰国する頃にはけん玉名人になってるかも!?

100106Kendama1.jpg

あけましておめでとうございます

2010年01月03日 15:33

遅ればせながら・・・・
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

おかげさまで、サンタバーバラで2回目のお正月を迎えることができました。
2年目ともなると、日本の家族や友人にいろいろなことが起こる中で、
ノンキにお祝いしていていいのかという心苦しさはあるのですが、
一年に一度のことですので、贅沢をさせていただきました。

今年は、すきやき→しゃぶしゃぶ→カニ鍋の贅沢三昧三日間コース
やっぱり和牛、和カニはおいしいです

091231Sukiyaki.jpg

ニューヨークのカウントダウンを見ながら年越しそばを食べ・・・・

091231ToshikoshiSoba.jpg

やっぱりお正月は和風に限ります。
今年のおせち、にんじんとれんこんにぜひ注目していただきたい!
腱鞘炎になるかと思うくらいがんばって沢山作ったお花
時間がある今だからできることですが、料理がぱっと華やかになって良いですね~

100101Osechi.jpg

すっかり気をよくして、お雑煮のかまぼこと大根も飾り切りしてみました。
ちなみに扇型の大根はオリジナルでございます(笑)

100101Ozoni.jpg

料理が華やかだと味まで美味しく感じてくるから不思議~。
奥の方に、門松・・・・ではなく何故かクリスマスツリーが写っております
去年は12月26日にすぐ片付けてしまったのですが、アメリカでは年末まで飾る家も多いので、
少しでも長く楽しむために粘った結果、飾り切りで手一杯になり片付けそびれました

100101Gantan.jpg

紅白なますを作って柚の中に入れてみました。

100101Namasu.jpg

ずっと食べたかったナマコも、LAのジャパニーズマーケットで買って来てポン酢と共に。

100101Namako.jpg

かわいい和菓子も買ってきました。
友人達がくれた和グッズが大活躍です

100101Okashi.jpg

やっぱり日本は良いよ~ステキよ~

100101Sanganichi.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。