--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ババヘラ vs Pinkberry

2009年07月31日 17:36

夏に食べたくなるもの・・・・いろいろあるけど、ババヘラはその一つ。
夏に秋田をドライブすると、
人っ子一人いない田舎の林道に突然パラソルが現れてドキッ!
そこには、ほっかむりをしたババ(=おばあちゃん)がひっそりと座り、
ヘラでよそったアイスを売ってくれる・・・・。
東北人的には見慣れた、ちょっとシュールな夏の風物詩です

昔風の懐かしい味のシャーベットでとっても美味しいんです!
ちょっと前に脚光を浴びて銀座なんかにもお店がオープンしたらしいけど、
秋田の道端じゃないと、何か雰囲気出ないなぁ~・・・・。

先月からお母さんの実家(秋田)に行っているミッシェルは、
もうババヘラ3回も食べたらしい(笑)

    

サンタバーバラではババヘラは食べられないけど、
ちょっと前にできたPinkberryというフローズンヨーグルトのお店がお気に入りです

090731Pinkberry2.jpg

アメリカでは珍しく、おしゃれで甘さがちょうど良くて美味しい!
(韓国発というウワサもあるのでアジア人好みの味かも。)
2005年にLAで大ヒットして、ニューヨークに出店、最近サンタバーバラにも上陸しました。
フルーツやチョコレートのトッピングをいろいろ楽しめます

090731Pinkberry1.jpg

日本にオープンしたら人気出そう
(日本にもPink Sweet Berryっていうパクリ店(?)ならあるらしい。)
というより、アメリカのスイーツのレベルを考えると、
日本の店がアメリカ進出したら何でも人気出そう・・・・
ババヘラ、チャンスだ~目指せアメリカンドリーム

090731Pinkberry3.jpg

スポンサーサイト

雲の中の虹

2009年07月27日 20:30

090727Rainbow.jpg

今日は不思議な景色を見つけた。

消えかかっちゃってるけど・・・・

ちょっと得した気分

マイケルジャクソンに想いを馳せる@ネバーランド

2009年07月25日 00:07

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)氏が亡くなって1ヶ月の今日、
うちから車で1時間ほどのところにある彼の元邸宅、
ネバーランド(Neverland Ranchに行って来ました。
それほど大きなファンというわけではなかったのですが、
行く前に彼の人生や音楽についてネットで調べたり動画を見たりして、
ちょっと切ない気持ちとともに車を走らせました。

サンタバーバラ郡内とはいえ、ネバーランドは市街からはだいぶ離れた田舎にあります。
両脇に牧場が広がる、こ~んなだだっ広い景色を進んでいきます。

090725MountainRoad.jpg

するとにわかに人影が。
お葬式の頃は、ここに何百人ものファンが世界中から集まり、
前の道路が閉鎖されたりもしたようです。
今日は20人くらいの人が来ていました

090725People.jpg

「ネバーランド、昔々・・・・」と書かれた鉄のゲート。
赤いバラの大きな花輪で飾られています
この向こう側には広大な草地が広がっていて、遊園地や建物をうかがい知ることはできません。

090725Gate2.jpg

何しろ総面積10.83 km2。ゲートから建物までは2.5kmくらい離れています。
「不法進入禁止。違反者は起訴します。」という看板が。

090725NoTrespassing.jpg

ゲートの脇には石塀があって、その上には沢山のキャンドルが置かれていました。
塀の中ではフレンドリーな警護の人が、集まった人の姿を見ています。

090725Candles.jpg

そして塀には世界中のファンからのマイケルへのメッセージや花が飾られていました。
「RIP」 = Rest In Peace の言葉があふれています。

090725Posters5.jpg090725Posters4.jpg
090725Posters3.jpg090725Posters2.jpg
090725Posters1.jpg090725Posters6.jpg

永遠の少年、ピーターパンだったマイケル・ジャクソン
彼の偉業を表現する時に「天才」という言葉がよく使われますが、
人一倍努力し、誰よりも音楽に時間をかけて専門性を磨いてきたからこそ、
歴史を塗り替える音楽やダンスを生み出すことができたのだと思います。

私はそういう人を尊敬します。
そんな気持ちを赤いバラと一緒に・・・・。
ご冥福をお祈りします

090725Roses.jpg

頭のおしゃれは乳幼児から

2009年07月23日 22:01

070723Zizzos.jpg

今日は最近お気に入りのコーヒーショップZizzo'sでお勉強。
まだできたばかり&場所がマニアックなので静かなのがポイント。

    

ところで以前から、黄色人種 VS 白人&黒人の
頭蓋骨の形の違いが気になります。

黄色人種 : 左右にに平べったい。(ヒラメかっ!)
         顔が大きいのがコンプレックス。(私だけかも)
         絶壁だから後頭部の髪を頑張って盛る。

白人&黒人 : 前後に長い(マンボウかっ!)
          前から見ると超小顔、どんなに太っても基本小顔。
          しかし横から見ると「おっ!こんなに奥行きがあるのか。」とびっくり。
          頭の後頭頂部が元々高いので(特に黒人さん)盛る必要なし、
          ただ一つに結っただけでもおしゃれに見える。


「あ~日本人は、白人さんや黒人さんの素(す)の髪型を、
技術を駆使して真似してたんだ~。」と気付きます

そしてふと思った。
あれ!?絶壁の人が皆無・・・・
何しろ前後に長いマンボウ顔ですから。
横から見ると、絶壁どころかきれいに後頭部が丸~く出っ張ってます。

おや!?日本では赤ちゃんの頭を絶壁にさせないように
ドーナツ枕を当てたりして親御さんが必死になるはずなのに
(にも関わらず私は絶壁なのに。)
もしかしてアメリカ人は放っておいても頭の形が良くなるDNAを持ってるのか!?

と思い、軽~い気持ちでネットを調べてみたところ、こんなサイトを発見
アメリカでは頭の形が悪くなってしまった赤ちゃんに、
お医者さんが歯列矯正ならぬ、頭蓋骨矯正を勧めるのだそうです

知らなかった!お子さんのいる家庭なら常識なのかしら!?
どのくらいのアメリカ人が、矯正ヘルメットのおかげで頭の形が良くなったのかは知りませんが、
日本でも、アメリカからヘルメットを輸入して子どもに装着しているお母さんもいるのだとか。

ちなみに歯列矯正率もかなり高く、歯並びが悪いアメリカ人を今のところ見たことがありません。
メガネ率も低し。ほとんどコンタクト。

絶壁は諦めるとして、小顔矯正ヘルメットはないのかしら・・・・

平和な毎日

2009年07月21日 21:40

バスガスバクハツ

日本の家族のためにブログを書こうと思うのですが、
最近は特にネタもなく平和な日々が続いています。
ちょっと寝坊して、二人でコーヒーショップに行って、
毎日の~んびり勉強しております

そういえば今日ツル男の大学から、
「ガス漏れが発生したから大学に近づかないように!」っていう緊急メールが届きました
アメリカだと、ガス爆発事件がさり気なく起こりそうで怖い(笑)

そういえば昔最後の二文字を頭文字に取る「二文字取りしりとり」をしていた時に、
「ガス」が周ってきたので張り切って「ガスバス爆発!」って言って負けたな~。

そんなことを思い出すくらい、何もない平和な毎日です

アメリカトイレ事情

2009年07月18日 17:10

090715WestBeach2.jpg

こっちに来て一番戸惑ったことの一つが、実はトイレです。
短足日本人にとっては便座が若干高いとか、
座り心地の悪い形だとかいろいろあるのですが・・・・。

ちょっと書きづらい話ではありますが、アメリカのトイレには「音姫」がない
おそらく高級ホテルとか、ナイスな施設にはついてるのかもしれませんが、
日本人向けのスーパー以外で今のところ見たことがありません。

もちろん日本でもついている場所の方が少なかったわけですが、
その場合は裏技を使って「はばかる」のが一般的だったと思います。

しかしこちらではそもそも、音姫的な発想はない。
アメリカ人は誰一人「はばかり」ません
アラウンド20歳のギャル達も誰一人恥じらいを見せる人はいません。
むしろ恥らう方が恥ずかしい的な(笑)

更にこっちのトイレは、仕切りの足元に異様にたくさん隙間が空いていることが多い。
隣の人の足とか見えます(笑)
扉も隙間だらけで外の人から見えちゃう。
慣れてくると、トイレで出会った見知らぬ人にちょっぴり親近感が沸いてきます

(『手のひらを太陽に』にのせて)
みんなみんな、生きているんだ、トイレに行くんだ~

サンタバーバラの街並み

2009年07月16日 19:16

サンタバーバラは街並みがとてもきれいなことで有名です。

090716Downtown1.jpg

高い建物やギラギラのネオンは禁止され、
白壁とオレンジの屋根のスペイン建築に統一されています。

090716Downtown2.jpg

カリフォルニアは昔砂漠だったそうですが、
人々の努力によって、今では緑や花であふれかえっています。

090716Downtown4.jpg

そんな街並みの写真を、そういえばろくに撮っていなかったな~と思い、
カメラを持ってお散歩に行ってきました。

090716Downtown3.jpg

窓を掃除しているおじさん・・・・の銅像+ツル男。

DSCN2559.jpg

何かを読んでいるおじさんの銅像を見つめるツル男。

090715Tsuruo@Downtown.jpg

かわいい電話ボックス。

DSCN2573.jpg

今日もきれいな街並みに癒され、家路についたのでした・・・・。

アメリカホームレス事情

2009年07月15日 18:40

090714Downtown.jpg

サンタバーバラにもホームレスの方はいらっしゃいますが、日本とはちょっと様子が違います。

何というか・・・・積極的
「お腹がすいた。金をくれ!」
「のどがかわいた。ヘルプミー!」

などと書いたダンボールのパネルを持ってアピール活動をしています。
ハイウェイやスーパーマーケットの駐車場の出口に立ち、
パネルをかかげている姿もよく見かけます。

今日見かけたパネルの文字は、「オマエもこうなるかもしれないぞ!」

私は物をあげることに疑問を感じるので、彼らに何も渡したことがありません。。。
文化が違うとホームレスの人達の行動も違うのですね~。

エロかわいいリブラちゃん from デンマーク

2009年07月11日 10:59



サンタバーバラからほど近いデンマーク村、ソルバンクにお出かけした時のこと。
デンマークの由緒ある陶器ブランド、Royal Copenhagenのお店にふらりと寄りました。
するとツル男、何故か陶器の置物にひとめぼれ・・・・そしてまさかの衝動買い
普段あまりそういうことをしないので、意外な行動にびっくり

・・・・これです。

DSCN2545.jpgDSCN2546.jpg
DSCN2547.jpgDSCN2548.jpg

まさかロイヤルコペンハーゲンの置物を手に入れることになろうとは
「Because it's very beautiful !(日本語禁止中)」とのことです。

Christel Zodiacというシリーズで、ツル男の誕生日のてんびん座のリブラちゃんです
ちなみに私の誕生日のおうし座トーラスちゃんは、あんまり可愛くなかったので買いませんでした

多少の動揺を抱えながら帰宅したものの、いざ部屋に飾ってみると意外にしっくり
我が家の書斎のテイストによく合います。
しかもカワイイし

DSCN2531.jpg

論文執筆作業中の主人の後姿を見つめるリブラちゃん

DSCN2538.jpg

高いところから見下ろすリブラちゃん
ご主人様、ガンバレ

DSCN2534.jpg

今日もエロ癒しパワーで主人をしっかりサポートしております

日韓ホームパーティー

2009年07月09日 11:06

090710KoreanFood.jpg

同じアパートの韓国人の友達夫婦がホームパーティーを開いてくれました。
美味しくて美しい料理をたくさん作ってくれました~

  

最近聞いた韓国事情で面白いな~と思うもの。

・ ソウルで賃貸物件を借りる時は、
  2000万円くらい(2年分の家賃とデポジット)前払いしなければいけない
  解約時にだいぶ返してはもらえるらしいけど、大家さんが金利や運用でもうけるためらしい。
  買った方が安いんじゃない!?と思うけど、
  買う時は頭金が半額以上必要で、とても払える状況じゃないらしい(ソウル限定)。
  大抵親が出したり借金したりして払うらしいけど、
  大家さんに金利を奪われたあげく更に借金で金利を払うって、絶対おかしいと思う・・・・。
・ 韓国の結婚式には、招待していない見知らぬ人もフラッと来たりする
  出欠確認は取らないので何人来るか当日まで分からず、
  食事をかなり多めに用意しておかなければいけないらしい。
・ 結婚式では、まずバージンロード?花道?を両家のお母さんが手をつないで通る
・ 両親や親戚達に挨拶するときは、新郎が土下座(?)する

  

お互いの結婚式映像を見せ合ったりして楽しみました~

七夕気分を味わいたくて・・・

2009年07月07日 18:31

090707SeaTsuruo.jpg

7月7日。七夕の日
日本にいると分からなかったのですが、
日本は伝統行事が沢山ある国なんだなぁと気付きました
行事を通して季節を感じられるって幸せなことだと思います

そんな伝統行事のあまりないアメリカにいても、
日本の七夕が恋しくなって夜の湖に星を見に行ってきました
ほとんど満月に近かったので、星はあまり沢山見られませんでしたが、
明るい月の光に照らされた湖面は鏡のようでとてもキレイでした
晴天続きのカリフォルニアでは、
織姫と彦星も毎年会えちゃって何かロマンチックじゃないなぁ・・・・(笑)

  

ところで、最近さぼっていた勉強、ぼちぼち再開です
長~い夏休み期間は英語のクラスもなくなったりして、
油断すると英語力が退化してしまいかねない恐ろしい期間ですが、
逆に集中して勉強できるチャンスでもあるので、ツル男と共に図書館通い再開です

それと同時に、一日中日本語禁止生活も再開です。
ツル男とだと一番リラックスして気兼ねなく話せるので、
実は意外に英会話練習相手に適しています。
以前に比べれば大分いろいろなことが英語で話せるようになってきたかな。
まだまだ3合目くらいという感じですが
めげずにエッチラオッチラ登って行きます

Independenceの大切さ

2009年07月04日 21:45

090704FireWork.jpg

今日はアメリカの独立記念日
近所の公園で上がった花火を家のベランダから眺めました。

こっちに来て感じたアメリカの良い部分の一つに、Independenceの精神があります。
そしてその結果得られるFreedom

誰かのせいにするのではなく、自分でどう解決できるか考えられるように。
他人にどう見られるか気にするのではなく、自分が正しいと思ったことを堂々と行動に移せるように。
人がしてくれるのを待つのではなく、自分から何ができるかを探せるように。
恥を避けたり遠慮したりするのではなく、思いやりを言葉と行動で直接表せるように。
してもらって当たり前なのではなく、してもらった喜びと感謝を素直に伝えられるように。


そんな自分になれた時、国にも組織にも家族にも友人にもいい意味で依存しない、
自由な思いやりのある人間になれると思います。
そしてそんな人間が増えた時、
日本はもっと臨機応変に正しい判断のできる国になれるのではないでしょうか
がんばれ自分がんばれ日本

切なさと心強さと・・・・

2009年07月03日 20:44

090702MobyDick1.jpg

昨日は一昨日に引き続き、友人の送別会第二段でした。
一昨日は日本人オンリー、昨日は仲良しの韓国人友達も含めて。

みんなにとってサンタバーバラは、期間限定の非日常生活、
そしていつかはそれぞれのタイミングでそれぞれの場所へ去って行きます。
ここで共有できた思い出が輝いていればいるほど、それがなんだか儚くて切なくて・・・・
最後はちょっとセンチメンタルな気分になってしまいました

でも、4年に一回日韓合同同窓会を開こうと話し、そんな帰国後の未来も楽しみだったりして
奇跡的な出会いに感謝して、また会える日までがんばって成長しようと思います

カキアレルギー患う

2009年07月02日 00:51

Oyster.jpg

私はカキが大好き
特に生ガキ・・・・あのジューシーで濃厚な味、ちゅるっと何個でも食べたい・・・・。

でもカキは私が大嫌い
いつからか、私を激しく攻撃してくるようになりました。
そう・・・・私はカキアレルギー。

  

昨日、和食レストランで友人の送別会をしました。
そこである噂が話題に・・・・。
「サンタバーバラの海は日本より海水温度が低いので、
カキにウイルスがいなくてあたらない。」


ん?もしや私の症状はアレルギーではないのでは?
もしそうだとしたら、サンタバーバラではカキ食べ放題なのでは?


大好きなカキを食べたいあまり、思い切って賭けに出てみることにしました
もしダメでも少量ならひどくならないでしょと考え、
ほんの一口だけ、久しぶりにカキを食べてみました。
う~ん、この味だぁ
久しぶりの生ガキの味にご満悦。
しかし3時間後に、地獄を見ることになろうとは・・・・

その夜、トイレとお友達になったのは言うまでもありません
というか、一晩中トイレと添い寝しました
おかげさまで1キロダイエットに成功して復活しました

ウイルスでカキにあたった経験があると、
カキ自体を毒だと判断して、例えウイルスがなくても徹底防御するのがアレルギーだそうです。
そして食べる度に抗体がパワーアップして症状がひどくなるらしいです。
確かに今回はほんの一口しか食べてないのに
何もあんなに一滴残らず搾り出そうとしなくてもいいのにというくらい
私の体はカキエキスを徹底防御してくれました

怖いのは、その時一緒に食べたカキ以外の物でも、
毒だと思い込んでアレルギーになってしまうこともあるそうな。
そういえば昨日ウニを一緒に食べたんだけど大丈夫かしら・・・・
頼むからウニを毒だと誤解しないで~私の体よ・・・・(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。