--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャグマンガの話

2009年03月31日 22:48

アメリカに来てからというもの、アマゾンで和書を大量購入し続けております
海外発送すると送料が毎回イタイ金額になるんですが、
こんなに読書の時間が取れる貴重な時期もなかろうということで、
主にツル男の興味に引っかかった本は、容赦なく注文しております。
毎回10冊くらいずつ取り寄せるのですが、
先日届いた専門書や実用書達の中に、こんなものが紛れておりました・・・

デトロイト・メタル・シティ 7 (7) (ジェッツコミックス)デトロイト・メタル・シティ 7 (7) (ジェッツコミックス)
(2009/02/13)
若杉 公徳

商品詳細を見る


聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)
(2009/03/23)
中村 光

商品詳細を見る


DMCとセイントおにいさんではないか
ツル男も私も大好きなマンガです。
確かに続きが気になってはいたが、ついに海外発送までしてしまったか・・・・

アメリカの笑いには「ツッコミ」がないんです。
ボケにボケで返してみんなボケっぱなし
ツッコミの妙味がお笑いのスパイスと感じる日本人的には、
母国のギャグマンガを読むと収まり所が良くて癒されます

ちなみみに私はこのマンガ(初期の頃)が好き。
ダメ人間のギャンブラーの話だけど、妙に人生の教訓が散りばめられていて深いです。
少女マンガより少年マンガが圧倒的に好きな私なのでした

カイジ―賭博黙示録 (1) (ヤンマガKC (608))カイジ―賭博黙示録 (1) (ヤンマガKC (608))
(1996/09)
福本 伸行

商品詳細を見る


スポンサーサイト

まぬけな強盗のお話

2009年03月30日 22:22

今日の新聞の記事より。

19歳の男がペンシルバニア州で強盗に入った。
拳銃を突きつけてお金と携帯を脅し取り、
タクシーに乗って逃げようとしたがあっさり捕まった。

なぜなら・・・・。

彼が拳銃を突きつけた相手は、現役警察官だったのだ。
しかも300人の警察官が集まる集会の会場だった。
警察官は男にお金を渡した後、数人の同僚と男を追跡して現行犯逮捕したそうな。
ある元警察官曰く、
「おそらくペンシルバニア州で最もまぬけな犯人だな・・・・

極め付けに、裁判所から出てきた犯人をリポーターが突撃インタビューしたところ一言・・・・。
「I'm smooth.....」

この言葉の意味は~???
良く分からないけど、
強盗したけどスムーズに捕まって裁判所送りになったってことなら、
この犯人なかなかのユーモアの持ち主(笑)!?
どういう意味なんだろ~!?

春大好き

2009年03月28日 12:58

090328UCSB.jpg

一年のうちでどの季節が一番好きか・・・それは
道端にツクシやオオイヌノフグリが顔を出し、
雪解け水のせせらぎがどこからともなく聞こえ、
いもむし達が元気に動き出し、
黄緑の新芽があふれかえる春・・・・
命の躍動・・・あぁ~春よ・・・・

日本の優しくて穏やかでパステルカラーな春とはちょっと違い、
ギラギラ、ジリジリ、原色な季節が一気に到来するサンタバーバラでも、
日差しや花達の一斉開花宣言で季節の移り変わりを感じる今日この頃です。
我が家の中も春気分

090328Suisen.jpg

ねこやなぎってフワフワで何てラブリーなんだ~と思っていたら、
水にさしていた枝から根っこが生えてきました。
そんな瞬間に、「命」を感じて最高に幸せになる私
「根っこ」とか「新芽」とか、たまらんっす

090328Turip.jpg

そして日本人の知人から、鉢植えの青じそを分けてもらいました。
これでいつでも気軽にシソ料理ができる!!!かなり嬉しい
アメリカ滞在中は、帰国時に処分に困るので趣味の植物栽培を封印していたはずですが、
何だかんだいって少しずつ鉢が増えてきているような・・・・まいっか

090328Shiso.jpg

WBC決勝戦観戦@ドジャースタジアム

2009年03月24日 16:31

ついにこの日がやってきました
WBC決勝、日本vs韓国戦、場所はロサンゼルスのドジャースタジアム。
日本の決勝進出を信じて(というより勢いで?)
決勝戦のチケットを早々購入していた私達にとって、
この何週間かは一喜一憂の日々でした。
日本チームが決勝戦に残るとは限らないのに支払った$300・・・。
日本チームがピンチになる度に高まる緊張感
それだけに、この日が迎えられることに感慨もひとしおです

準決勝が終わった後は、午前2時くらいまでかかって応援グッズ作成に没頭しました。
作った日の丸の数7個、描いたパネルの数、21枚・・・・(没頭しすぎ)。

090323Win.jpg

この日は正午に車でLA入り。
ランチを食べるなどして時間をつぶし、16:30過ぎくらいに球場に到着しました。
公道を進んでいくと、信号の向こうはそのままスタジアムのゲートに続いています。

090323Entrance.jpg

名物のドジャードッグなどを食べて気分を高めます。
私達の席は3塁の脇、日本チームのベンチの裏だったので、
柵にもたれかかって試合を見守る日本選手の後姿がばっちり見えました。

090323DodgerDog.jpg

あっという間に開始時間の18:30になり、いよいよ日本選手入場~!!!
私も張り切って君が代を歌いました

090323Samurais.jpg

そして試合が始まるわけですが、残念ながら写真がございません
興奮してそれどころじゃなかったので・・・・。
ビデオ撮影もしたけど、これまた興奮してブレまくってたし・・・・。


韓国の応援

しかし韓国の応援はすごい
観客の数自体、6~7割が韓国勢だったのに加え、
鳴り物を持った応援団が指揮を執っていたため、
悔しいのですがどうしてもかなわないのです。
日本選手が圧倒されないように、必死で声を張り上げました

それでもたまに日本のピンチの時に、韓国の応援が会場全体で一つになる瞬間がありました。
野球の魔物が会場を支配して韓国に味方するようで、不気味な空気に包まれました
日本選手はさぞかしプレッシャーを感じて戦っていたことでしょう。
日本応援団として選手に申し訳なく思いながら、
少しでも味方の声が届くように、バルーンが壊れるまで必死に叩いて声を枯らしました。


岩隈選手

090323Iwakuma.jpg

MVPをもらった松坂選手が岩隈選手に恐縮していたそうですが、
事実今大会の本当のMVPは岩隈選手ではないでしょうか。
終始安定して落ち着いたピッチング、ストライクや空振りを取るたびに熱狂しました
仙台に住んでいた人間としても、楽天選手の活躍がとても嬉しかったです。


ダルビッシュ選手

090323Darvish.jpg

杉内投手のまま9回まで押さえさせるのかと思いきや、原監督の采配はドラマチックでした。
エースとはいえ、相当のプレッシャーだったでしょう
苦しさが客席まで伝わってくるようでした。
私は感情移入のあまり過呼吸になりそうになり、軽く具合悪く&クラクラしていました(笑)
それでも何とか取った2アウト。
「あと一人!あと一人!」
客席の日本人全員で大合唱し、次の瞬間の勝利を確信していました。
ところが、突然打たれたヒット、走るランナー、なかなか返ってこないボール。
あの瞬間血の気が引きました

延長の10回は、5-3でリードしていたとはいえ依然苦しそうでした。
韓国の応援も最高潮に達していたし、とてもしんどい勝負だったと思います。
それでもその重圧に打ち勝って投げ切ったのは、
本当に立派だと思ったし、大きな感動を与えてくれました


イチロー選手

090323Ichiro.jpg

ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった。最後は笑顔になれた。最後の打席では神が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入った。一つ壁を越えた。(「今大会は山あり谷ありでしたが」と質問され)谷しかなかった。最後に山が来ました。これからシャンパンファイト、思いっきり浴びてきます。
<イチロー決勝インタビュー>


この決勝戦で何にも勝る感動は、
イチロー選手の10回のあのヒットの瞬間です。
9回の同点タイムリーで韓国は勢いを取り戻し、
球場は完全に韓国優勢の雰囲気に包まれていました
韓国の「テーハミング(大韓民国)コール」が不気味に会場を支配し、
日本の応援がかき消されて聞こえないくらいでした。

そして本人も語った通り、イチロー選手は大会を通してずっと不調が続いていました。
どんなに苦しい打席だったでしょう。
何度も何度もファールでねばるイチローの姿から、必死さが伝わってきました

そしてイチローはやってくれました
韓国のテーハミングコールが一瞬で日本の歓声に変わりました
みんな飛び上がり、抱き合って喜び合いました
イチローが自分自身との勝負に勝ち、壁を乗り越えた瞬間でした。


試合後

試合後はメダルとトロフィーの授与式があり、
その後日本チームが日の丸を持って球場を一周しました
私達は一斉に椅子の上に立ち上がり、
パネルをかざしたり旗を振ったりニッポンチャチャチャコールをしたりして喜びました
私のお気に入りの内川選手は、「1、2、3、ダァ~!」とやってくれ、
ピースを振ったらピースを振り返してくれました(妄想と言われてもいい)
イチロー選手の退場は、クールに人差し指と中指を振って挨拶、
原監督の退場は、紳士らしく帽子を取ってお辞儀でした。

みんなが「ありがとう!感動をありがとう!」と叫んでいました。
私の掲げていた最後のパネルは、勝っても負けても出すつもりで作りましたが、
あの時の気持ちは、このパネルの通りになりました

090323ThankYou.jpg

この日、家にたどり着いたのは夜中の1時半。
ゲーム前に山登りもしたし、相当疲れているはずなのに、
興奮のせいで運転中は全く疲れを感じませんでした(驚)
翌日は山を登った足と、バルーンを叩いた腕と、声援を送ったのどが大変なことに。
でもその痛みも嬉しく感じます

本当に、感動をありがとう!!!
おつかれさま!!!


WBCゲンかつぎ②~ハリウッドサインの裏~

2009年03月23日 23:30

有名なハリウッドサイン、実は裏側に登れるトレイルコースがあります。
前から行きたかったので今回はWBCのゲンかつぎのためにも(こじつけ)、
ハリウッドサインの裏側に登って、ドジャースタジアムを見下ろし、
日本の必勝を祈願することにしました

090324HallywoodSign.jpg

ここに車をとめ、スニーカーに履き替えてさあスタート

090324Trail.jpg

途中やたら馬糞が落ちています
踏まないように気をつけながら歩行。

090324Bahun.jpg

それもそのはず、馬に乗った集団がいました!
登り口に馬の牧場があり、ホーストレッキングコースになってるようです。
馬糞のかぐわしい香りが辺りにたちこめ、これはホントにLA近郊か!?というくらいのどか

090324Horses.jpg

ジョギングで登ってる人も何人かいたくらいなので
傾斜がそんなにきついわけではないのですが、
日差しが暑いので、あっという間に汗をかいてきました
「こんなにキツイとは聞いてなかった。」とツル男から不満の声。
そもそもこういうことをやりたいと言い出すのはいつも私の方で、
ツル男はそんなに乗り気ではなかったのでなおさらです
「日本チームのためだと思ってがんばろう!」
と意味不明の励ましをしながら、超スローペースで登ること1時間。
ついに到~着

090324Sign1.jpg

遠くに見えるビル郡がLAのダウンタウンで、その手前にドジャースタジアムがあります。

090324Sign2.jpg

日の丸を手に、必勝祈願の記念撮影
いい想い出になりました

090324JapanFlag.jpg

帰りは、ノリカと陣内の離婚について話していたら、あっという間に30分で下に着いてました
必勝~!!!

WBCゲンかつぎ①~縁起のいい店~

2009年03月23日 22:30

WBC観戦当日に、ゲンかつぎをして必勝祈願しました。
一つ目はランチのお店・・・その名もKatsuya(勝屋)」

090324Katsuya.jpg

実は最初からゲンかつぎ目的だったわけではなくて、
日本戦だから日本食のレストランでランチをしようと探していたところ、
たまたま良さそうなレストランの名前が勝屋だったわけです
(ぶっちゃけこの写真を撮ってる時に気付きました。笑)

内装はかなりおしゃれ
日本でも流行りそうな雰囲気です。
味は、ちょっとアメリカナイズされてましたが、そこそこ美味しかったです。
(アメリカナイズの例:ねぎとろにスパイシーな味付けがされている)

090324Salad.jpg090324Lunch.jpg
090324Roll.jpg090324Nigiri.jpg

私はWBCの興奮のあまり(笑)食欲があまりなかったので、
ツル男が寿司ランチ(上段)とウニとトロのにぎり(右下)、
そして店員さんオススメのスパイシートロロールの海老天乗せ(左下)を頼んでシェアしました。
左下のトロロールが美味しかったです

必勝!!

WBC決勝を応援に行くぞ!!!

2009年03月22日 19:42

ついに決まった~!!!WBC決勝出場!!!

TV中継を見ながら、こんな感じで固唾を呑んで応援してました!
日本の旗を立て、清原選手の本を魔よけに置き、
ツル男はサッカー日本代表のTシャツで(?)気合入りまくりです!

090322Cheering1.jpg

一時はどうなるかと思ったけど、やっとチケットを買ったのが報われます!
これが明日のドジャースタジアム決勝戦のチケット!
興奮しすぎてピンぼけ状態(笑)

090322ticket.jpg

そして今夜の私は忙しい!
パネル作成をしなければ~日の丸もいっぱい作りました!
ごはんを作ってるどころではありません(笑)

090322Panel.jpg

明日は午前中に車でLAに向かい、ホームと3塁の間の一階席に陣取ります!!!
声を限りに応援するぞ~!!!

No.1レストラン@サンタバーバラ!? 

2009年03月20日 02:31

090320CaDerio.jpg

一時帰国していた韓国人のお友達が戻ってきたのを記念して、研妻5人でランチしました
今日のお店は、あるサイトでサンタバーバラのNo.1レストランに選ばれたイタリアンレストランです
常々、日本と比べて見劣りしがちなアメリカのレストランの実力はいかに!

090320Dish1.jpg090320Dish2.jpg
090320Dish3.jpg090320Dish4.jpg

結果・・・・案の定、まあこんなものです。
美味しいです、美味しいですけど日本のレストランと比べちゃうとね~。

それにしても、現在専業主婦の身で平日に優雅にランチとは・・・・。
バチが当たらないように、ツル男には、
「ツル男の口に入れても大丈夫な味かどうかを毒見してくるからね!」と
言い残してまいりました・・・

冗談はさておき、快く送り出してくれるダンナ様に感謝しつつ、
ツル男が気持ちよく勉強に集中できるように精進しようと思います
次はいよいよ今年最後の学期、そして博士候補生資格試験だぁ~

男道!

2009年03月19日 00:56

決勝戦のチケットを衝動買いして以来、
WBCに一喜一憂な毎日で私のノミの心臓が破れそうです

 3/7 VS 韓国・・・・・・14-2  
 3/9 VS 韓国・・・・・・・0-1 
 3/15 VS キューバ・・・・6-0   
 3/17 VS 韓国・・・・・・1-4 
 3/18 VS キューバ・・・・5-0  
 3/19 VS 韓国・・・・・・6-2  

昨日のキューバ戦が始まるあたりは、
プレッシャーに押しつぶされそうなあまり(なぜオマエが 笑)
「もうこの試合は観ない・・・」と現実逃避しかけました。
結局大喜びの結果になり、あと一試合勝てば決勝戦というところまでついに来ました

生日本チーム観戦まであと一試合・・・・。
再び高まる緊張感・・・・
「どんなパネルを作ろうか!?」
「フェイスペインティングすべきか!?いや、仮装か!?」
などとそろそろ頭をチラつき始めているのですが、
一方で、最悪の事態が起きた場合の切なさを考えると恐ろしくて準備に取りかかれないでいます。
いか~ん!縁起でもな~い!日本必勝~という感じでいくか・・・。


そんな野球フィーバーついでに読んだ本。

男道男道
(2009/01)
清原 和博

商品詳細を見る


男道!
清原選手にまつわるドラマに感動の涙を流したのはつい2ヶ月前ですが、
この本にまた泣かされました
それ以来WBCの野球を見ながらも、
プレーに隠された勝負の世界の葛藤や男気に、思いを馳せております。
次の試合も、見せてくれよ!男道!


我が家のジョギングコース

2009年03月15日 21:27

090312RunningTsuruo.jpg

ホワイトデーのチョコも食べ過ぎたことだし、
久しぶりに近所の湖へジョギングに行ってきました

3月8日からまたデイライトセイビングが始まり、
時計が1時間遅くなって昼の時間が長くなりました。
不思議とその頃から季節がまた一段変わったようで、
日差しが強く眩しくなり雨が降らなくなりました。

湖の周りもすっかり春らしく(?)菜の花が咲き乱れております。
しかし冬でもブーゲンビリアが咲き蛙が鳴いてるこの土地で、一体何を合図にしたのか、
このタイミングで一斉に咲いている菜の花がある意味すごいと思う・・・・。
冬の間も日本に比べれば暖かいし、今は日差しがジリジリ暑いくらいだし、
「春だな~」というよりは「夏が来る!」という感じ

090312GoletaLake7.jpg

こっちの公園には、ワンちゃんのトイレ用の袋とゴミ箱が設置されていることが多いです。
(写真はビーチの公園で撮ったもの。)
そしてヤシの木が大きい!

090312ForDogs.jpg090312PalmTree.jpg

そしてこの湖には沢山の野鳥達が住んでいます。

090312GoletaLake3.jpg

人間を見たら寄って来る、餌付けされた野鳥(?)も・・・・。

090312GoletaLake4.jpg

そして、カモメ的な鳥達。

090312GoletaLake5.jpg

日本で一番ふてぶてしい鳥はカラスですが、アメリカ在住のカラスはとっても控えめで、
人間の食べ物をあさらずに謙虚に草むらの虫なんかを食べています。
なんと健気な・・・・
代わりにこいつらが、隙あらば人間の食べ物を強奪しようと、
日本のカラス張りにふてぶてしくのさばってます

ツル男はこっちに来てすぐ、
外のテーブルに置いたサンドイッチをカモメに丸ごと食べられて一食抜いたそうです
それ以来(?)「鳥は恐竜の子孫なんだ・・・いつかやられるかもしれない」
と異様におびえております。
哀れなツル男ちゃん・・・・(いろんな意味で)

ドキドキ・・・・

2009年03月15日 20:22

日本がキューバに6-0で勝った(WBC)・・・・

正直・・・・今日負けるかもと思ってました

神様、日本チーム様、ごめんなさい

希望を捨ててはなりません

「決勝戦のチケットを衝動買いして良かった~」と
来週の今頃喜んでいる姿を、毎日寝る前に思い浮かべることにします



あぁ~・・・ギャンブルみたいだ・・・ドキドキする~

美味しい美味しいチョコレート

2009年03月14日 22:04

毎年逆チョコが一般的なアメリカでは、
ホワイトデーには何をするのかと疑問に思っていたら、
ホワイトデーは日本にしかないそうです

先月は、アメリカの風習に従うようにツル男をうながし(脅し)、
めでたく逆チョコをゲットしました
そして今月は、決してアメリカの風習に従わないようにツル男をたしなめ(威嚇し)、
またまたチョコゲット~~~

090314WhiteDay1.jpg

今回はBernard Callebautという人の作品ですが、
彼はフランスのインターナショナルチョコレートフェスティバルで
世界一に輝いたショコラティエらしい
箱を開けると中は3段になっていて、32種類のチョコレートが
代筆の手書メッセージ付きで郵送されてくるところが心憎い演出です。

090314WhiteDay2.jpg

わ~いどれから食べるか決められな~い
好きなのは後に残すとして・・・・
ま、まままま、まいう~~~!!!
舌の上でとろける滑らかな食感、後から口いっぱいに広がる芳醇な香り・・・・
お~まさかアメリカでこんなに繊細なチョコレートが食べられるとは
すっかり舞い上がり、一粒ずつ二人でシェアして半分くらいたいらげましたよ

090314WhiteDay3.jpg

こんな繊細な舌を持つアメリカ人がいたとは!と思ったら、
彼は正真正銘のベルギー人でしたどうりでね~(笑)
カナダが本拠地でアメリカにもいくつか支店があり、
日本では東京のOPAQUE(銀座・丸の内)にお店があるそうです(あと名古屋にも!?)。
(逆ホワイトデーはまた後日。)

大学オケのコンサート

2009年03月11日 00:22

090311Orchestra.jpg

erin5夫妻の所属しているオケの恒例コンサートに行ってきました
大学の音楽部の授業の一貫で結成されるオケで、
毎学期末に集大成のコンサートが開かれます。
授業の一貫とはいえ、全員正装、指揮者の先生もタキシードで登場です。

このコンサートのいいところは、指揮者の先生が演奏の前に、
少しだけその曲の解説をしてくれるところです。
例えばブラームスのコンチェルトの前には、
彼がとても複雑な性格であったため、
長調の曲の中にも必ず影の部分(特にトロンボーンパート)が
表現されていると解説していました。
(3日前に亡くなった先生の愛犬に曲を捧げたいという挨拶付き

なにはともあれ、曲の背景が分かって聞くと面白いです。
私もピアノをやっていた頃は、曲の背景を知ってから、
自分なりの妄想ストーリーを心の中に描きながら弾くのが好きでした

楽器の演奏とカウンセリングは、似ている部分があると感じます。
クライアントの家族関係や問題の背景を知った上で、
一つ一つの音色に慎重に耳を傾け、より良い音楽に作り上げていくのがカウンセリングです。
自分の妄想ストーリーで勝手に突っ走らないようにするのが肝心なので、
他の音と自分の音を調和させるオーケストラの演奏に近いのかもしれません。

それはさておき・・・・
今回のコンサートでは、erin5夫妻のソロパートが沢山あって非常に素晴らしかったです
パチパチ

A Farewell Party

2009年03月09日 10:16

090308FarewellParty.jpg

社会心理学のビジティングスカラーとして来ていたSayakaちゃんが、
ついに帰国することになりました
昨夜はカンバセーションパートナーだったアメリカ人の女の子二人も呼んで、
我が家で送別会(Farewell Party)です

この日のメニューは・・・・

 ・ 手巻寿司
 ・ アボカドとエビのサラダ:erin5ちゃん作
 ・ ローストビーフのサラダ:erin5ちゃん作
 ・ ビーフシチュー
 ・ 鶏肉の煮物
 ・ チーズ
 ・ 団子(みたらし・こしあん):erin5ちゃん作

かなりおなかいっぱい・・・・

それにしても、早いものです。
こうやって一人一人見送っていくんだな~と思うと切ないですが、
ここで知り合えた友達には、同窓生のような連帯感を感じます。
次に会うときまで、お元気で・・・・

WBC熱急上昇!

2009年03月07日 23:25

昨日深夜、WBC世界選手権、日韓戦をテレビで見ました
わ~!日本人がいっぱいいる!懐かしい!嬉しい!
7ヶ月日本を離れるだけで、何とも新鮮になるものです。
時々映る東京タワーやお台場にもいちいち喜んだりして

そして更に面白いのが、映像は日本なのに解説は英語なことです(笑)
日本人の難しい名字をたどたどしく発音するのがかなり面白かったです
「イチロ~スズゥキ、フゥクド~メ、オガサゥワ~ラ、
イワムゥ~ラ、ムゥラ~タ~サン」

なんで村田選手だけさんづけなんだっ(笑)

時間が時間なのでちょっとだけのつもりが、3:30まで観戦。
その時点で8対2だったので安心してベッドへ・・・。
翌朝目覚めるとすぐ、枕元にあったツル男のiPodでネットのニュースを検索しました。
14-2でコールド勝ち
いやぁ朝からテンション上がります
テンション上がりついでに・・・・やってしまいました。
ドジャースタジアムでの決勝戦のチケット購入!
(しかもけっこういい席。)

はっきり言って、日本が決勝まで勝ち上がってくるかどうかの保証はまったくなく・・・・
張り切って買ったはいいけど日本の試合じゃなかったらどうするんだ!?
確実に日本の試合を観られる可能性の高い予選リーグのチケットを買うか!?
などなど、少々ためらいはありましたが、
せっかくだから日本が決勝に残ることを信じようじゃないかという結論になりました。
ちょうどツル男のテストが終わって春休みの時期です

果たして当日私達は、日本チームの優勝をかけた試合に大興奮しているのでしょうか、
ドミニカ共和国vsキューバ(?)の試合を静かに見守っているのでしょうか・・・・
お願い!日本!

HanaCell携帯について

2009年03月05日 11:18

今日は、私の使っている携帯電話、HanaCellについて・・・・。
これから渡米予定の方への参考のために書くので、それ以外の方にはつまらないです。
どうぞ読み飛ばしてください

さて、アメリカで外国人が携帯電話の契約をするのはけっこう大変らしい
アメリカが発行する身分証明書もないし、
経済力を証明することもできないからです。
(通常はアメリカで使用したクレジットカード等の借金歴を確認する)

なので、まともに契約しようとすると、高額な保証金を払わされます
しかも基本2年契約なので、途中解約すると
これまた高額(日本の比じゃない)の解約手数料を請求されるそうな
ということでプリペイド携帯にする人が多いのですが、私はHanaCellにしてみました。

HanaCellはアメリカ在住日本人向けの格安携帯電話サービス。
ネットで調べてもほとんど口コミ情報がないし、
大丈夫かしらと怪しんでいたのですが、
半年使ってみて、結論・・・・「良い」
今のところ何の遜色もなく使えております
以下は、私の感じるメリット・デメリット。


メリット

① 何といっても・・・・「料金が安い」
    デポジット・途中解約手数料を取られないことはもちろんですが、
   月額料金が$9.99!  
   40分の無料通話分を越すと、$0.25/1分で加算されます。
   ちなみにアメリカどの州からかけてもかかってきても、
   ロングディスタンス料金は加算されません。(国際電話は$0.50/1分)
   うちはアメリカに来てほとんど携帯を使わないので、
   最近は請求金額が毎月$9.99です

② 日本語対応してもらえる
    ただでさえ複雑な契約内容が英語だとかなりめんどくさいので、
    日本語が通じると安心感があります
 
③ 通話明細がもらえる
    プリペイドだともらえません。

④ 携帯端末の持ち込みOK
    ちなみに私は端末を持ち込まず、
    HanaCellで最安だった、10数年前のPHS以下のショボ端末を使っています。
    


デメリット

私のようなトランシーバー的な使い方なら特にデメリットは感じませんが、
あえて挙げるなら・・・・

① 利用頻度が多い人や通話時間が長い人は向かない
    逆に高くなってしまう可能性があるので、定額の話し放題の方が良いと思います。

② インターネットが使えない
    そもそも携帯でネットをする文化がアメリカにはあまりないようですが、
    iPhoneとか使いたいのならやめた方がいいです。
    ちなみにEメールは送れます。

③ 対応があまりいいとは言えない!?
    登録したメールアドレスを間違われたことがあり、
    正しいアドレスを教えろというのでメールで連絡したところ、
    返信が遅かった・・・・という程度です。
    日本の感覚で考えると対応が良くない印象でしたが、
    たぶんアメリカの会社はもっと対応が悪いでしょう・・・・

④ アメリカの住所が決まっていないと契約できない
    私は渡米後すぐにプリペイド携帯を買って、
    住所が決まってからHanaCellに契約しました。
    プリペイド携帯の番号をナンバーポータビリティすることも可能らしいです。


最後に・・・・私はHanaCellの回し者ではございません(笑)
ただ、「アメリカでは携帯をあまり使わない・・・・でも連絡手段は必要」
という方にはぜひオススメするサービスです

箇条書き近況報告

2009年03月04日 22:50

090304SexAndTheCity.jpg

最近は・・・・

・ 友達が貸してくれるDVD、「Sex and the city」にはまっているが、
  今日借りたシーズン6で終わってしまうので焦っている

・ 3週間もたせたネイルを新しくした
  極小のラインストーンが手に入らなくて困っている。

・ アボカド好きのツル男に調子に乗って頻繁にアボカドを食べさせていたら、
  「さすがに飽きた」と言われ、次の手を探している
  (食後のゼリーだけはまだ飽きないらしい。)

・ 以前取り上げた火災報知機問題は、バッテリー交換によって完全に解決した。
  真っ先に却下した説が原因だったことで、しばらく自分を信じないことに決めた

・ 買った日に店から乗って帰って来てから
  一度も乗っていない自転車にこの間乗ろうとしたら、
  すでに壊れていた


最後に・・・・
ネタがないのにムリヤリ書こうとしても苦しいということが分かりました。

おしまい

積み重ね続けることの大切さ

2009年03月02日 23:21

1月に受けた英語のテストの結果がこの間返ってきました。
結果はまぁこんなもんかなという感じ。
前回よりだいぶ点数が上がり、今回のテストの目標は達成しましたが、
最終ゴールまではまだもう少しだけ長い道のりが残ってます。
なかなか一朝一夕にはいかないものですね~・・・・

くじけそうになる時、mehoriさんのブログLifehacking.jpに紹介されていた、
「10000時間積み上げの法則」を思い出します。
「伝説的なプログラマーのビル・ジョイのような人や、
ビル・ゲイツや、ビートルズのようなバンドの成功も、
『10000時間の努力』と、いくつかのタイミングが支配している」のだそうです。
それを裏付けるような、以下のような調査結果があるそうです。

 

 たとえば、音楽学校でバイオリンを学んでいる生徒を、ソリストになりそうなグループと、プロオケでやっていけそうなグループ、そしてプロオケは無理でも音楽の先生になりそうな3グループにわけて練習量を比較するという調査を行うと興味深い事実がわかるのだそうです。 全てのグループでバイオリンを始めた平均的な年齢は変わらず、「スタートが早かった」効果はグループでみると無視できました。それに対して練習量 は、他のグループは同じ年齢で 8000 時間、あるいは 4000 時間にしか達していなかったのに対して、ソリストになりそうなグループは計10000時間ほど、一週間の練習量も他のグループよりも飛躍的に高かったのです。


この調査によると、こういう人達は存在しなかったそうです。

 ① 練習をせずに天才的才能を発揮する人
 ② いくら練習をしても上達しない人

つまり・・・・

生まれつきの天才に見える人でも、必ず努力しているし、
人一倍努力しさえすれば、必ず上達するということ

です。そして、10000時間積み重ねた暁には・・・・
もしかしたら自分も、その分野で素晴らしい才能を発揮しているかも!?

本格的に英語の勉強を始める決意をした11月半ばから、
机に向かって勉強した時間を記録してきました。
2月まででトータル215時間・・・・。
10000時間のほんの2%くらい
このペースで10000時間に到達するためには・・・13年くらいか!?
ひょえ~・・・・そんなに努力を続けないと英語のエキスパートにはなれないのかぁ

・・・・と、そんな先の見えないゴールを眺めて絶望するよりは、
ここまでの道のりを振り返って自分を褒めてあげよう
3ヶ月半前と比べて、何といろんなことが分かるようになったことか
たった2%の道しか進んでいないけど、人と比べて劣っているけれど、
過去の自分と比べてこんなに進歩したという実感があるから、
これからも前に進んで行こうという気持ちになれます

そう、大切なのは、目標までの距離を測ることでも、人と比べることでもなく、
過去の自分と比べてどう進歩したかを確認しながら
自分のペースで一歩一歩前に進んでいくこと
なんだ

努力して、進歩することは楽しい
恥ずかしながら人生30年目にして、初めてそう感じています。
怠け者で今まで努力らしい努力をして来なかった私は、
努力せずに要領よく体裁を整えることばかり考え、
コツコツ積み重ねる続けることの大切さを知りませんでした

今思えば大学受験勉強だって、大学院での専門の勉強だって、
あの頃ならもっともっと積み重ねることができたのに、
もったいない時間の使い方をしたなぁと悔しく思います
最初のうちは何とかごまかせたとしても何年か経ったら、
積み重ね続けた人に絶対かなわない時がやってくる・・・・。

だからこそ、毎日1時間でも多く、積み重ね続ける人になろう
気分屋で怠け者の性格は変えられそうにありませんが、
今からでも遅くないはずと信じて、
一生勉強して積み重ね続けていきたい・・・・と思います




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。