--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおみそか

2008年12月31日 01:09

大晦日です。
今年は年賀状も紅白もないため、いかにしてお正月気分を盛り上げるかが課題です。
今日の我が家の食卓のテーマ「豪華っぽさ」。

生春巻は豪華っぽいね。
普通のサラダより確実に豪華っぽい。
081231生春巻

こ、これは!里芋の道明寺揚げ・カニあんかけでは!?
日本からわざわざ持ってきた道明寺粉を使って、これはかなり豪華っぽいよ~
081231さといも道明寺

LAで調達してきた中トロ!
これは豪華っぽい!っていうか確実に豪華だよ~これ
お義母さ~ん、今年もツル男に好物の中トロを食べさせることができました
081231中トロ

そして年越しそば!
これさえあれば何とか年が越せます。
ツル男と2008年を1ヶ月ずつ振り返りながらすすりました。
濃厚な一年だったな~
081231年越そば

食後はツル男と2009年の抱負を話し合い、
デザートを食べながら、ニューヨークタイムズスクエアのTV中継を見てカウントダウン!
で締めくくったのでした

今年一年おつかれさまでした
お世話になった方々、ありがとうございました
来年もよろしくお願いします
スポンサーサイト

お正月の買出@LA

2008年12月28日 14:20

年の暮れ・・・・
もうすぐ大晦日、お正月がやってきます。
日本では、だまっていても年越しムードを高めるものが沢山ありました

干支の移り変わりを意識できる年賀状。
ツル男の実家で食べるごちそうの数々。
年越しムード満々のテレビ番組。
初詣で今年一年を占うおみくじ、などなど・・・・。

あれ?よく考えてみると、今年はそういうのが全然ないではないか
どうやって年を越せばいいんだ~!?
年越しムードを高めるアイテムを調達しなければ!

ということで、erin5夫妻とロサンゼルスにお正月の買出しに行くことになりました。
ありがたく車を出してもらうことに
ついでなのでちょっぴり観光もしてまいりました。

LAのダウンタウンにはリトル東京という日本人街があります。
ちょいとチラ見。
081227日本人村

まあウワサには聞いてましたが、全体的にこじんまりとシャビィてます(shabby=みすぼらしい)。
レストランはろくでもなさそうだし、ホコリっぽいお土産屋さんには昭和の雰囲気が。
とても有名ブランドがあるようには見えないカバン屋さん。
081227有名ブランド

マツキヨのパクリであろう「ドンキヨシ」の看板は消えかかっててホラーです。
目玉商品は「超ウラビ」。ツル男が激しく反応してました(笑)
081227超ウラビ

今や日本でもお目にかかることが難しいニノキン。
ダウンタウンの高層ビル街を横目に、相変わらず勉強熱心です。
081227にのきん

哀愁漂う気分を一掃すべく、LAの中心街に向かいます。
中心部分はさすがにすべてがピカピカで都会的です。
これは、ウォルトディズニーコンサートホール。
081227ディズニーホール

久しぶりの都会の雰囲気にテンションも上がります。
ビルの谷間に入るよ~!キタ~!ビカビカのビル!
081227ビカビカビル

わお~!LAのビジネス街は、予想外に美しい景色でした。
大きな国旗と州旗が掲げられたヨーロピアン風のビルの合間を、
真っ直ぐ伸びていく下り坂がかっこよくて、思わずみんなで歓声をあげました。
やっぱビジネス街はきれいでいいわ~。新宿の方が大きいけどね。
あと、どこもかしこもあまりにひと気がなかったのは休暇だからでしょうか??
081227ビルの谷間2

しかし美しくて清潔な大都会は一瞬にして終わり、
その周辺は汚くていかにも治安の悪そうなスラム街だらけです。
金網の上に何重にも巻かれた有刺鉄線、
壁の落書き、歩道に寝転がるホームレス達といったものが、むしろLAの日常風景
歩くのもけっこうおっかなびっくりです。

そんなダウンタウンの中心地を後にして向かったのはコリアンタウン。
お目当ては朴焼肉店。英語ではPark's BBQです。
どの韓国人に聞いてもLAではここが一番と言うらしい評判の焼肉店。
店内は珍しくこぎれいで、有名人の写真がいっぱい飾ってあります。
渡辺謙さんやチャンドンゴンやヨン様も足を運ぶとか。
081227PardsBBQ.jpg

キリッとしたお姉さんが豪快に霜降肉を炭火で焼いてくれました。
韓国式焼肉って日本人は大好きですけど、
アメリカ人には意外にも不人気なのか、めったにお店がないんです。
辛いのが苦手なのかな?
久しぶりの本格焼肉に、みんな舌鼓を打ちます
081227カルビ

冷麺好きな私も、久しぶりに冷麺を食べられて大喜び。
ここのはそうめんより細い冷麺でした。
肉も冷麺も食べなれた味とはちょっと違ったけどね。
他にもおすすめの豚肉を頼み、お通しが15皿くらい付いてきて一人$20以下!
安くて豪華でした~
081227極細冷麺

あれ?焼肉のたれに、何かいるよ?
081227焼肉のたれ

ちっちゃい悪魔発見
ヒヒヒ。辛さにやられてしまえ~。
081227悪魔ちゃん

お腹一杯になった私達は、本日のメイン目的の買物に向かいました。
今回は$400ほど、しこたま買い込みましたよ・・・・。
これで年越しの準備は万端だ~!?
安全運転おつかれさまでした~

感謝感謝

2008年12月27日 14:43

081226親子

私の日本の友達Rちゃんは、幼い子どもが年子で二人いるので、
今は自分のことを犠牲にして子育てに専念中。
クリスマスどころではない忙しさなのですが、
子どもの元気な姿を見ることを喜びにして前向きにがんばっていてとってもステキです
この間Rちゃんからメールをもらって思いました。

そういう人もいるのに、私が地味生活を送ってま~すなんて、罰当たりだな~と
年末もほとんど休まず働いてる人もいるだろうし。

多分こっちに来て感覚が狂ってるんだと思います。
というのは、こっちでは今はクリスマス休暇なので旅行をする人が多い。
特に外国人の私達は、せっかくだからいろんな所に行きましょ~という人が多い。
現に、英語クラスの仲間でこの休暇にあえて旅行をしないのはウチだけです(笑)
クラスでの話題も当然「休暇にどこに行くの~?」とういうのが多くて、
私は正直かなり浮いておる・・・・というか寒い存在なんじゃないか!?
と、周りに申し訳ない気すらしてくるのですよ。
いや~面白いネタ持ってなくてスイマセ~ン盛り下げてゴメンネみたいな。

大学の図書館に行っても、ぶっちゃけ冬休みに入ってから人っ子一人いません
そんなもんなのか!?とちょっと心配になるのですが、
みんな実家に帰ったり旅行に行ったりしているのでしょう。
たま~に教授らしきおじさんが本を読みに来て昼寝して帰るくらい。

そんなこんなで、ちょっと肩身の狭い思いを抱えつつ、
期待しないでね~ウチらはどこにも行かないよ~と前もってブログに書いたわけです。

ただ実際は、夫婦で毎日勉強するのは楽しくて、今の生活に何の不満もありません。
とっても恵まれた幸せな毎日に感謝しております
もちろん、せっかくアメリカにいるのだから、
色んな所に旅行して自分の視野を広げるのも素晴らしいこと。
私も一段落ついたらいつの日か・・・・

とりあえず今は、日本でがんばってる人達に恥じないように、私もがんばろ~と思います

アボカド料理

2008年12月26日 00:37

カリフォルニアはアボカドの名産地です。
安くて美味しいアボカドがスーパーで手に入ります。
ツル男はアボカドが大好物なので、我が家の食卓ではアボカドが大活躍。
巻き寿司やサラダに入れたりしても十分美味しいんだけど、いろいろお試し中。

アボカドグラタン。
081103アボカドグラタン

アボカドと牛肉のバルサミコ酢炒め。
081103牛肉アボカド炒め

アボやっこ。
081103アボカドひややっこ

アボチー(アボカド&チーズ)天ぷら
081226アボチー天ぷら

などなどございますが、これにはかなうものはありません!
アボカドごはん!!!
アボカドとかつおぶしとしょうゆの絶妙な組み合わせ!
アボカドが塩分と反応すると何故か水分を発してごはんがベチャベチャになるので、
ごはんを固めに炊いたり、固めのアボカドをチョイスするのが良いです。
しょうゆを炊き込んでもいいんだけど、混ぜた方がおいしい。
やっぱ和風の味が一番だわ~。

081103アボカドごはん

アメリカ人のエコ意識と体感温度

2008年12月25日 11:17

クリスマスツリー解体。
また来年~。

081225ツリー解体

ご覧の通り、うちはフェイクモミの木を購入しましたが、
アメリカ人はクリスマスに生のモミの木を買うおうちが多いです。
とってもいい香りがするそうです

12月になると、いろんなお店で生モミフェアーをやっています。
オレゴン州で大量生産されたのを切り倒して毎年運んでくるそうです。
そうそう、生モミは基本的に根がないので使い捨て。
クリスマスが終わったらどうなるか

こうなります・・・・

(ゴミ箱に豪快に捨てられる生モミたちの残骸)

と写真を載せたくてゴミ箱を偵察してたんだが、
うちのアパートの住人は、そういうことをする人はいなかったようです。
暖炉のあるおうちは薪にするそうですが、ゴミ箱に捨てるのも一般的だとか。

アメリカ人は揚げ物に使った油を台所の排水口に流すらしいですから、
エコ意識もへったくれもあったもんじゃありません。
いくら日本が湿度80%の猛暑の中で、
クールビズだ~28℃設定だ~と汗をかきかき頑張ったところで、焼け石に水
アメリカじゃあ、平気でエアコン22℃設定くらいですから。

こりゃあ冬になると逆にガンガン暖房をたくのか!?と思いきや、
いまだに冷房かけてるのか!?と思うくらい室内は寒い。
私なんてスタバに30分もいれば寒くてマフラーを巻いたりします。
英語の先生のおうちに遊びに行くと、
アジア人は手がかじかむくらい凍えているにも関わらず、
おばあちゃん先生は窓を開けていて平気な顔をしています。

アメリカ人は寒さにはめっちゃ強くて暑さには弱いのか!?

メリークリスマス

2008年12月24日 00:37

今日はクリスマスイブなので、ひっそりおうちでお祝い
クリスマスケーキは、手作りチーズスフレ再びです
スッピンで酔っ払ったら、目の周りだけ真っ赤になりましたウキ~

081224Christmas.jpg

アメリカのおうち

2008年12月22日 00:01

先週はまた英語の先生のおうちでパーティーがあったのでツル男と参加しました。
暖炉には灯がたかれ、庭の道にはろうそくが点々と置かれ、
相変わらずステキなおうちでした

081220HolidayParty.jpg

そして今日は、別の先生のおうちで英会話のグループレッスン。
残念ながら写真にはあまりステキに写ってないのですが、
窓の外にはヤシの木林と海が大きく見渡せて絶景です

081222TeacherHouse.jpg

こっちに来て、何件かアメリカ人のおうちにおじゃまして思うこと。
どのおうちもキレイ!とってもキレイ!
すっきり片付けられて絵なんかが飾られ、台所もピッカピカ
それだけで生活レベルが高く感じます。

なぜだ~!?
こっちのおうちは広くて収納も多いので、片付けしやすいのかもしれません。
洗った服は全部乾燥機で乾かすので、
ベランダで洗濯物がはためいて生活感丸出しなんて家は皆無だし。
見習いたい、でも日本に帰ったらまた窮屈でゴミゴミした生活が始まるのかなぁ・・・・
とちょっとだけ怖い今日この頃です

真の自己成長とは

2008年12月21日 22:20

この本がよかった!

達人のサイエンス―真の自己成長のために達人のサイエンス―真の自己成長のために
(1994/03)
ジョージ レナード

商品詳細を見る


著者は合気道道場を主宰するアメリカ人。
合気道の修行や指導を通して気付いた、
一つの道を究めるために学習し続けることで得られる、
真の自己成長について教えてくれています。


目次

はじめに
第1部 達人の旅
 第1章 「マスタリー」とは何か?
 第2章 ダブラー、オブセッシブ、ハッカー
     ―マスタリーに到達できない三つの典型的なタイプ
 第3章 マスタリーの道とアメリカとの戦い
 第4章 プラトーを好きになるには

第2部 達人への五つのキーポイント
 第5章 キー1・指導
 第6章 キー2・練習と実践
 第7章 キー3・自己を明け渡すこと
 第8章 キー4・思いの力
 第9章 キー5・限界でのプレイ

第3部 マスタリーへの旅じたく
 第10章 決意がくじける理由
      ―後退や周囲の抵抗に打ち勝つには
 第11章 マスタリーへのエネルギーを得るために
 第12章 マスタリーの道での落とし穴
 第13章 平凡なことをマスターする
 第14章 旅の準備

エピローグ 達人と愚者


最初ちょっと怪しい本かと思いましたが、いやいやどうして説得力があります。
日本人の達人達の名言が取り上げられたりしててちょっと嬉しかったり


マスタリーとは

筆者が今現在も歩み続け、成長の糧としている「マスタリー」の道とは何か?

「初めに困難であったことが、練習や実践を重ねるにしたがい、
しだいに簡単で楽しいものに変わっていく不思議なプロセス。」

「即席の、その場しのぎの、打算的な精神というものは長続きせず、
場合によっては個人や社会を破壊してしまうのだと確信するようになった。
人生における成功や理想の実現に何か王道があるとするなら、
それは終わることのない長期のマスタリーのプロセスにあるといえよう。」

確かに何かで偉業を遂げた人、例えば俊輔選手やイチロー選手は、
スポーツの分野でマスタリーの道を歩みながら、
日に日に人間の器を増しているように見えます。
でも・・・・地味で地道な努力を必要とするし、何だか大変そうだしめんどくさい・・・・。
私達が何かを始めても大抵挫折したり中途半端に終わってしまうのは何故なのでしょうか?


マスタリーの道を妨げるもの

私達のマスタリーの道を妨げるものの一つに、プラトーがあるそうです。
プラトーとは、ブライアントハーターという心理学者が発見した、
学習の過程で必ず起こる、進歩の止まるスランプ期のことです。
その過程を繰り返し、図のような学習曲線を描いて上達していきます。
081219プラトー
最初、おぉっ上達した!と思ったら急に退化したような気がして、
しばらくはどう頑張っても上達していないような時期が続き、
それに絶えて学習を続ければ、また上達期がやってくる・・・・
なんでまたこんなイジワルな上達の仕方をするのでしょう?


学習のプロセス

スタンフォード大学の神経学教授、カール・プリブラムの仮説が紹介されています。
彼の脳-肉体システムの仮説によると、人間は2階層のシステムを操って学習しています。

1階層目【認識システム&努力システム】
      この二つが習慣行動システムに新しい情報を伝えてを再プログラムを行う。
2階層目【習慣行動システム】
      認識&努力システムの情報を受けて、プログラミングされているもの。
      これを使うことで、私達は普段意識しなくても反射的に沢山のことができる。      
      車や自転車の運転など。


学習曲線の図で言うと、「プラトー」期は「認識&努力システム」が作動して、
「習慣行動システム」をどう再プログラミングすればいいか検討している時期なのだと思います。
再プログラミングが終了したタイミングで、急に上達する変化が訪れます。
しかし「システム」には秩序を保ち変化を抑えようという性質がある(一般システム理論より)ので、
プログラミング前の形に戻ろうとするのでしょう。
放っておくと、学習したことをすっかり忘れたりできなくなったりする状態になります。
変化(上達)を定着させるには、「認識&努力システム」を引き続きフル稼働して、
「習慣行動システム」が新しいプログラムに完全に慣れるまで
調整し続けなければいけないということだと私は理解しました。


ダブラー・オブセッシブ・ハッカーチェック

マスタリーの道を妨げるものには、性格要因もあります。
以下は典型的な3つのダメ性格パターン。
(ツル子作成のリストなので、筆者の主張に必ずしも忠実でない可能性があります。)

ダブラー(ミーハー型。心があちこち移ろいやすいタイプ)
 ① 冒険家である。
 ② 新しいものに敏感だ。
 ③ 新しく始めたことが上達するとすぐ有頂天になる。
 ④ 新しい仕事仲間が好きだ。
 ⑤ 仕事や習い事が自分に向いていないんじゃないかと思うことがよくある。
 ⑥ プラトーに至ると、自分を正当化してすぐに諦めるが、
   また初期の上達の快感を味わいたくて、新しい熱中先を探す。

オブセッシブ(せっかち型。考え方が偏狭でゆとりのないタイプ)
 ① 現実主義である。
 ② 結果を重視する。
 ③ 早く成果を上げるための近道を探す。
 ④ 気分が高揚する音楽や話が好きだ。
 ⑤ 恋人とけんか別れしたかと思うと熱烈によりを戻したりする。
 ⑥ プラトーに至ると、凄まじい努力をして乗り越えるが、
   また次のプラトーに至ると、深く傷ついてやめてしまう。

ハッカー(のらりくらり型。意気地がなく熱心さに欠けるタイプ)
 ① 仕事は文句を言われない程度に済ませる。
 ② 結婚は、外部の世界からの楽な避難場所である。
 ③ 仲間と楽しく過ごすことができればそれでいい。
 ④ 仕事はなるべく時間通りか少し早めに退社する。
 ⑤ 仕事中におしゃべりするのが好きだ。
 ⑥ 上達のコツを一旦飲み込むと、プラトーに長くとどまっても不満に思わないが、
   現状に満足し、そこから何も学ぼうとしない 


私にはダブラーの気があります。
今も好奇心がウズウズして、新しくて刺激的なことに飛びつきたくてたまらん・・・・。


プラトーを好きになること

一見いばらの道のように見えるマスタリーの道、歩み続けるコツはあるのでしょうか?
筆者は、プラトー期を楽しめるようになることが達人への唯一の道だと説いています。
その証拠を、俊輔選手とイチロー選手に見ました!

<プラトーを楽しむ両選手のコメント>
「単純な反復練習や自主練習」が「僕は好きだ」(俊輔選手)
「満足は(目標を達成した瞬間ではなく)求めることの中にあるんです。」(イチロー選手)
プラトーを楽しめる境地に達しているからこそ、
苦しい練習を続けることができ、こんなに大きな選手に成長したのですね。

<悟りを開いているように見える両選手のコメント>
「たくさんの実をつける太い樹は、成長するのに時間がかかる」(俊輔選手)
「僕がどうして毎日練習をやるか?その理由は簡単です。いいときの状態ってすぐ身体が忘れるじゃないですか。それを忘れないように毎日やるのであって、それ以外の何物でもありません。『継続』は力なりなんです」(イチロー選手)
イチロー選手は、学習システムの仕組みを経験的に知っているとしか思えないコメントです。

本人自ら語るように、両選手とも決して天才に生まれたわけでなく、
誰にも負けないコソ練の量で技術を身に付け、
今の境地にいるからこそ説得力も増します。

私も今からでも地道な努力を続ければ、
マスタリーの境地をほんのちょっとでも垣間見ることができるかもしれない・・・・
ダブラーを封印してがんばってみようかなぁ~

俊輔やイチローのように

2008年12月18日 18:02

081219夕焼け

ツル男の学校も一段落して、ウィンターバケーションを迎えました。
私の英語クラスも授業が終わり、しばらくはひたすら自由時間になります。

しかし私達、アメリカに来てから地味な生活ばっかりしています。
それには一応理由があって・・・・
自分の将来のために、アメリカでしか勉強できないことを、
なるべく多く吸収して帰ろう~!という目標のためです。

「いろんな場所でいろんな物を見たり聞いたり体験したりするのも、学びなんじゃないか?」
という意見はごもっともなのですが・・・。
自分の目標と、限られた時間と、優先順位を考慮すると、
今は遊ぶ暇がな~い!という感じなんです・・・・。

私はもともと机に向かうよりは体験することが大好きでアクティブな人間です。
旅行がしたい!パラグライダーもやりたい!ホーストレッキングもしたい!子どもも産みたい!
やりたいことを挙げればきりがないんですけど・・・・
せっかくの海外生活のチャンスを活かすために、
目標に向かって努力する期間として今を位置づけることにしました。
精一杯努力しても、もしかしたら目標に到達できないかもしれないけど、
目標に向かって努力している過程からきっと沢山のことを学べるはずです。

と意気込む私を、勇気付けてくれた本達。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

俊輔選手はスバラシイ。
この本を読み彼の考えに触れて、彼を見る目が大きく変わりました。

察知力 (幻冬舎新書)察知力 (幻冬舎新書)
(2008/05)
中村 俊輔

商品詳細を見る


<心に残った名言>
 壁があるときは、まだましだ。それを乗り越えればいいだけ。
 壁が見つかれば、よっしゃ、という気分になる。
 次はそれを乗り越えるために必要なことを考える。
 乗り越えたら、また強くなれるから。
 
 壁があるほうが僕は落ち着く。
 どんなに分厚い壁であっても、それから逃げることはない。
 逃げようという気持ちも起きない。
 どんなに困難で、たとえ、ぶつかって砕け散ったとしても、
 ”ぶつかった”ことで得られるものがあるから。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

スポーツ選手で外せないのはイチローです。
彼は実は機械なんじゃないかと思うくらい仙人級なので、とても真似はできませんが。

イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫
(2004/12)
児玉 光雄

商品詳細を見る


<心に残った名言>
 目標を設定してそこに到達すれば、
 そこで満足してしまって先に進む努力をしなくなるでしょう。
 満足は求めることの中にあるんです。

 そりゃ、僕だって、勉強や野球の練習は嫌いですよ。
 だれだってそうじゃないですか。
 つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。
 でも、僕は子どものころから、目標を持って努力するのが好きなんです。
 だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか。

 結局は細かいことを積み重ねることでしか頂上には行けない。
 それ以外には方法はないということですね。

 いま小さなことを多く重ねることが、
 とんでもないところに行くただ一つの道なんだなといいうふうに感じています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

偉人達の思考回路には、不思議なほど徹底して共通点があります。

<俊輔とイチローの共通点>
・ 毎日人一倍努力している。両者とも「練習の手を抜いたことは一度もない」と言い切る。

・ ただがむしゃらに練習するのではなく、
  自分を分析して目標を設定しながら練習することが大切と自覚している。

・ 結果が出た時に満足しすぎると、気が緩んで失敗するということを知っていて、
  そういう時こそ気を引き締める。

・ 他人の評価や表面的な結果にとらわれない。
  結果が出なくても精一杯努力してきたから悔しくないと言い切れる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++


そんなこんなで引き続き、地味生活を続けます。
読んで下さっている方には、あまり面白みのないブログになること必至ですが、
少しでも応援してくださると幸せです

おもしろ韓国

2008年12月15日 00:52

英語のクラスで知り合った韓国人のスーは気さくで話しやすく、
同じアパートの隣の建物&お互いのダンナ達が同じ英語の授業の同じグループ、
という偶然も重なってプライベートでも仲良くさせてもらってます
今日はうちで飲み会をすることに

081215MyHomeParty.jpg

持って来てくれたワインを飲みながらいろんな話に花が咲きましたが、
印象に残った話をいくつか・・・・。

①韓国の出会い事情
 スー達は友達の紹介で出会ったそうですが、そのシチュエーションはハニカミ的。
 当日は紹介者の友達抜きでいきなり二人で待ち合わせたそうです。
 ポケベルの番号以外は何も知らず、写真すら見たことなかったそうです。
 韓国では一般的なんだって。
 ちなみに私達夫婦が出会った「合コン」は、
 韓国では高校生などの若者がやるものなそうです(笑)

②韓国式マナー
 さすが儒教の国韓国、目上の人を敬うマナーは日本より厳しいです。
 お酒を飲む席では、目上の人の前で面と向かってお酒を口にしてはいけないらしい。
 ではどうやって飲むかというと、顔を脇にそむけ口元を手で隠して飲むそうです。
 一歳でも年上だったら、女の人は「オンニィ」男の人は「オッパ」と呼ばなければならないらしい。

③韓国版コックリさん
 「『フンジンサマ、オイテクタサイ』って何って意味?」っていきなり聞かれて
 何のことやらさっぱり分かりませんでしたが、
 詳しく聞いていくとどうやらコックリさん的な遊びが昔韓国でも流行っていたらしい。
 日本から輸入されたらしくて、呼び出す時の決まり文句が日本語です(笑)
 「天神様、おいで下さい」か!?なぜ天神様!?(笑)


081215Cheeseスフレ

今日のデザートは初自作のチーズスフレ
ブレンダーでメレンゲを泡立てたら、
おそらく回転が速すぎて泡を片っ端からつぶしていってしまい失敗。
我が家にはハンドミキサーがないので仕方なく手で泡立てることになり、
ツル男が大活躍してくれました
出来栄えは・・・・すごくおいしくできてびっくり
これはいいクリスマスケーキはこれで決まりだな

我が家のクリスマスツリー

2008年12月14日 22:01

もうすぐクリスマス

家も。
081218ChristmasDecoration.jpg

街も。
081218ChristmasTree@camino.jpg

車も。
081213ChristmasCar.jpg

すっかりクリスマスムードです
でも、思ったほどでもない気がするのは田舎だからなんでしょうか。
この街のお店はクリスマスに閉店するそうだからびっくりです。
従業員もお客さんも、おうちでゆっくり過ごしましょうってことなんでしょうか。

ちなみに日本でもおなじみに「メリークリスマス!」という言葉。
実はクリスチャンにしか言わないんだそうです。
他の宗教のお祭りも年末に重なるため、
相手がクリスチャン以外の場合は「ハッピーホリデイ!」というのが普通なんだそう。

それでもカトリック教徒でない人も日本と同様、
クリスマスの日をサンタのお祭りとしてお祝いします。
私はサンタはフィンランドからやってくるもんだと思ってましたが、
実はこれ日本だけの話らしい!
日本がたまたまフィンランドと契約(?)を結んでいるだけで、
伝説の中のサンタはグリーンランドに住んでいるらしいです

グリーンランド国際サンタクロース協会というのがあって、
世界各国に180人の公認サンタクロースがいるそうです。
日本にも一人だけいました!その名もパラダイス山本さん!
何ともうさんくさそうなサンタさんにぴったりな名前じゃぁないですか
(サンタクロースの由来はこちら

うちも、先週からちょっとだけ盛り上がってます。
大きいクリスマスツリー買いました。
う~ん癒されます

081213ChristmasTree.jpg

お気に入りアメリカおやつ

2008年12月12日 18:56

081210RiceCrispyTreats.jpg

これは、英語の先生に作り方を教えてもらった、Rice Crispy Treatsです。
作り方はとっても簡単!

①バターとマシュマロをレンジで溶かす。
  先生は沸騰させない程度に溶かしたバターでマシュマロを溶かせって言ってたけど、
  マシュマロがちっとも溶けないので、横着者の私はマシュマロごとレンジに投入!
②よく混ぜる。
  分離がなくなるまでねっとりと混ぜます。
③ライスクリスピーを入れて絡める。
  ライスクリスピーは日本でも売ってるのだろうか。
  朝牛乳をかけて食べるシリアルです。
  ライスクリスピーの量を増やせば甘さ控えめにできます。
④容器に平らに入れ、冷蔵庫で冷やし、固まったら切って食べる。
  この時に重要なのは、容器にバターなどを塗っておくことです。
  塗らないで入れたらくっついてエライ目にあいました。
  そんな時に超便利なのがPAM!
  スプレー式のオイルです。
  日本でこんなの売ってるのでしょうか?
  もし売ってるのだったら帰国後も必ず買うだろう便利グッズ!

   081213PAM.jpg

な~んて簡単!
そしてほのかに甘くて超サックサク!おいし~
私はバニラを加えてみたりします。
美味しい美味しいクッキーも、先生達がよく教えてくれるのですが、
作り出したら5キロくらい太りそうなのでアンタッチャブルになってます。
・・・ってこれも十分高カロリーだけどね。
何かエアリーだとカロリー低そうなイメージ・・・なんでいいんですよ

ちなみに複数の友人知人が心配している私の体重・・・・
今のところ、日本にいる時と変わってません。
春夏は一時的に体重が落ち、
秋に差し掛かるといつも通りぽっちゃりし始める・・・という感じ。
日本では毎週していた外食を、こっちに来てほとんどしなくなったのと、
大好きだったお菓子が、こっちでは口に合わなくてほとんど食べなくなったので、
アメリカンフードの打撃をそんなには受けてないのかもしれません。
その代わりお菓子を家で作るようになったので、一気に一杯食べちゃって肥えるんだけど

ツル男の体重も、こっちに来て2,3キロ急速に減った後は、
それ以上減らずにキープしてるみたいです。
2,3キロ痩せたのは、職場でゴージャスなランチを食べてた証拠だね。

いずれにしても、最近秋冬体重に突入してしまったので、
ランニングを続けてダイエットだ~

夫婦愛とは・・・

2008年12月11日 10:42

081211BakerHouse.jpg

以前にもパーティーに呼んでいただいたことのある、
英語の先生のおうちに遊びに行きました。
最近は一緒に行動するのが、大体固定メンバーになっています。

ベーカー先生は91歳!
以前にも書いた通り、愛すべきグランマという感じのステキな先生です
今日も上下ピンクの部屋着に真っ赤なマニキュアで私達を出迎えてくれました。

そして今日は泣かされました
先生のダンナ様はツル男の大学の化学の学部長を勤められ、
ガン研究の第一人者として世界的に活躍されていたそうです。
ノーベル賞候補に挙がりながらも、40年近く前に惜しくも他界されたそうです。
(ノーベル賞は故人には贈呈できない決まりがあるのです)

そんなダンナ様を支え、愛し続けたベーカー先生
先生の話の端々には、ダンナさんを称えるエピソードがいつも登場します。
ダンナさんが貧乏なドクターの学生だった頃、
「私がこれから3年間あなたのために働くから、その後あなたは私のために働いてね。」
と約束して、ハードな仕事と家事をこなしてダンナさんのキャリアを支え続けた日々のこと
土日も休むことなく化学の研究に没頭するダンナさんでしたが、
国際学会がある時はベーカー先生もついて行って、世界中を旅行することができたこと

そしてダンナさんは、
自分のキャリアが奥さんの支えによって作られたものだということを分かっていてくれ、
日々感謝の気持ちを表すことを忘れなかったそうです。
貧乏時代、銀食器屋さんのショーウィンドーの前をふと通りがかった時、
「今は買えないけど、将来必ずプレゼントする」と約束し、25年後にその約束を果たしたこと
出版された本を開けてみると、冒頭に「ベーカーへ感謝を込めて」の文字が印刷してあったこと

ベーカー先生はダンナさんが亡くなってから、
ダンナさんがどんなに自分を愛していたか、
自分がどんなにダンナさんを愛していたかを知ったそうです

数々のステキなエピソードと想い出の品々を目の前に見せられ、
何度、目に涙があふれたことか
そして、困難を一緒に乗り越えた夫婦の絆の素晴らしさと、
夫を支え二人三脚で歩いていく決意を改めて感じるのでした。

40年近く前に愛するダンナ様を亡くして未亡人となってしまった先生ですが、
その後、留学生とその家族のためのカンバセーションクラスを立ち上げ、
以来36年間、ボランティアでクラスを続けられています。
その人柄のため、母国に帰った留学生達から今でも慕われ、
先生が「ミュージアム」と呼ばれる部屋の一室は、
世界各国のおみやげであふれ返っています。

3人の実のお子さんの他に、
「世界中に子ども、孫、ひ孫がいるのよ。
夫が亡くなった後は生徒に会うために、また世界中を旅行するようになった。」

と嬉しそうに話す先生。
毎年誕生日には、70人くらいの人が集まってパーティーを開いてくれるそうです。

アメリカ人は、自分のパートナーを堂々とよく褒めます。
聞いているととても幸せな気分になるし、とてもステキな文化だなと思います。
そして先生の人生はステキだねぇとしみじみ話しながら家路に着いた私達でした

日米合同ホームパーティー

2008年12月10日 18:17

081210JapaneseFoodsParty.jpg

今日はカンバセーションパートナーのアメリカ人の女の子2人と
日本人3人でホームパーティーしました。
メニューは希望に沿って、お好み焼き・たこ焼き・おにぎり・お団子。
おなかにたまるメニューばっかり・・・
案の定おなかがいっぱいになってお団子を作るまでには至りませんでした
でも話が盛り上がって楽しい時間をすごしました~

その頃ツル男は・・・・2つのテストを抱えていました。
何と3時間ずつ
第一ラウンドは8:00~11:00、第二ラウンドは16:00~19:00
問題数は5,6問、一問30分くらいかかって解くらしい・・・恐ろしや
そして一日を終えてランナーズハイになって帰ってきました(笑)
しかも計算ミスさえしていなければ、満点が取れそうだとか・・・!?
おつかれさ~ん

体力向上プロジェクト

2008年12月08日 12:37

081208Marathon1.jpg

昨日から、夫婦でランニングを始めました
夫婦会議で今更ながら、何をするにも体力は必須だ!という結論に到達したからです
最近世の中の成功者達を観察してみたところ、精神力はさることながら、
並外れた体力の持ち主であることが多いと発見した私達。
私が勉強してて根気が続かないのも(?)、すぐ眠くなるのも(?)、
人と話してるとたまにスイッチが切れるのも(?)、
体力がないせいに違いない!(ということにして)、とりあえず体力をつけてみることにしました。

というのも、超体力ナシ人間な私
チビっ子時代はワンパクなのに病弱という矛盾した体質で、
肺炎で二回入院したことはあるわ、持病を何年も治療していた経験はあるわで・・・・。
学生時代運動部に入ってましたけど、瞬発力はあるけど持久力は全くないタイプでしたし、
二十歳の頃家族登山をしたら、50代の親よりバテてびっくりされました。

一方ツル男は、体力がなさそうに見えてあるタイプ。
基本的に丈夫で、風邪をひきません
結婚生活2年間、私が何度高熱に倒れようがノロウイルスをもらってこようが、彼は常に無敵です。
時には一週間連続3時間睡眠、なんてこともできちゃいます。
しかしそんなツル男もツル男なりに運動不足の危機を感じていたようです。

というわけで、私の大大大嫌いな持久走を・・・
中学のロードレース大会仮病で休んだくらい大嫌いな持久走を・・・
頑張って続けてみることにしました。

実はこっちに来る直前も、夫婦で走ってました。
はっきり言って新宿は、ランニングには最悪の環境です。
緑地を求めて新宿中央公園に走っていったら、
タイミング良く路上生活者の方々の夕食の時間で、
歩道に配給待ちの長~い列ができていました。
その人ごみをかき分けながら走っていると、
「この人達は、お腹が減らないようになるべく動かないでいるだろうに、
自分は何をやっているんだろう・・・・。」
と自分に問いかけたくなってしまう始末
結局そのコースには二度と行かないことにして、
家の裏の殺風景な公園をひたすらグルグルしてました。

しかしここはビーチの見えるステキなランニングコースが沢山あります
しかも雨がほとんど降らないからサボる理由がない!
とりあえず近場でうちのアパートの敷地内のランニングコースを走ってみました。

キリッと涼しい空気に暖かい日差し真っ青な青空には飛行機雲
黄色く色付いた木々からは鳥の声が・・・・
あ~なんてサワヤカ・・・・

・・・・ところが
ものの2分で異変が現れました

た、体力が落ちとる・・・・走れない!


あっという間に肺の辺りが痛くなって、3周でギブアップ
しかも、三十路にも関わらずその日の夜に筋肉痛が来るほどダメージを受け、
翌日にはものすごい痛みで歩くのもままならないほどになってしまいました。
そして、筋肉の炎症を鎮めることで体が精一杯なせいか、
いつもに増して激しい睡魔が・・・・。

ちょっと運動しないとこんなになるなんて・・・・相当体力が地に落ちてた証拠だね~。
こっちに来てから車でしか移動しないし。
やっぱり運動しなくっちゃ


と、運動の必要性を身に染みて感じたのでした

プリンスに出会う

2008年12月02日 23:55

081202Orchestra.jpg

大学のオーケストラに所属している友達夫婦の、定期コンサートに行ってきました。
やっぱり生の音はいい!
友達夫婦は、ダンナさんがフレンチホルン、奥さんがオーボエなので、
並びの関係上なかなか顔を拝むのは難しかったのですが、
奥さんの方はソロパートを任されているらしいので大注目です。
ありました、ソロパート!
予想以上に上手で、同じ日本人として何だか誇らしい気持ちになりました

同じく私が大注目してしまったのは、ある一人のフルート青年。
とっても上手な彼はもちろんソロパート担当で、
しかも一人でピッコロとフルートとアルトフルートの一人三役をこなしていました。
私の目が釘付けになったのはそれだけじゃありません。

放たれるプリンスオーラ
可憐で優雅な吹きっぷり、コンダクターを見つめる鋭い眼差し、
身のこなし、風貌、全てがキラキラしておりました
髪型は王子様にふさわしい七三分け、
しかも後ろは刈り上げてるっていうんだからますます興味津々です。
プリンスのファミリーネームは日本名でした。
日本人とのハーフか!!

さすがアメリカ、ハーフ率高いです。
日本なら、ハーフっていうだけで外国人扱いされていじめられたりしますけど、
アメリカはそんな人がごろごろいるのでみんな全く気にしてません。
逆に純粋なアメリカ人を探す方が難しいんじゃないでしょうか。

しかしプリンス、今後の活躍に期待です

まだ秋の味覚

2008年12月02日 09:13

081130栗おこわ

秋の味覚栗おこわを作りました。
ちなみに栗はChestnuts、もち米はSweet Rice(あ、でも正式名称はGlutinous Rice!?)です。

スーパーでイタリア産のChestnutsが売ってたので買って煮てみたところ・・・・
甘栗か!って思うほど甘くて感激
でも渋皮が複雑に身に絡みついていて皮剥きづらかった・・・・腱鞘炎になるかと思った

しかし、秋の味覚って・・・・もう12月じゃん!というツッコミが入りそうですが、
いえいえ、こちらはまだまだ秋の気配ムンムンです
(これがサンタバーバラの冬の気配なのか!?)

朝晩はけっこう冷え込むようになったんですけど、
いまだに半袖短パンとビーサンで歩いてる人はゴロゴロいるし(私にはムリ 笑)
しかもうちは日当たりがいいせいか部屋の温度が20℃を下回ることはなく、
西日と料理の熱に暖められて、夕食時なんて暑くて窓開けることもしばしば。
寝る時も薄い毛布一枚でOKなんです。

日本ではもうすっかり冬支度なんでしょうね。
おしゃれなコートに身を包んだ人が街に溢れているんだろうなぁ。
今年はどんなのが流行ってるんでしょう。
みなさんお体に気をつけて・・・・

ツル子式暗記術

2008年12月01日 23:22

前回読んだ本に触発されて、勉強方法を工夫してみることにしました。
ポイントは2つ。

 ①脳を興奮させる。
 ②自分に合ったスタイルでやる。


①については、前回の記事に書いた通り。
脳科学的に基づき、脳を興奮させた状態にして集中力と記憶力を高めます。

②については、前々回の記事に書きました。
私はどうやら普通の人よりも机に向かう勉強にむいていないらしいので、
その困った特殊体質をどう征服するかに焦点を当てます。


自分はどんなタイプか

よく学校では、「目を動かすと同時に、手を動かし、口を動かしてそれを耳で聞きながら覚えろ」
と教わりますが、私にはそれだけでは足りないようです。
すぐにそれが機械作業に突入してしまって退屈してしまいます。
退屈したら最後、後は居眠りするだけ・・・・。

昔書いた記事を見返してみると・・・・。

<私はKinesthetic学習者>
 ・触ったり何かをしたりすることで身に付きやすいタイプ。
 ・何かを実際に試して覚えるのが得意。
 ・手を使ったり動き回ったりして学習するのが好き。

です。そうか~だから私は椅子に座ってじっとしていると必ず眠くなったんだ(ホントか!?)!
体を動かしたり何かを触ったりする時に得られる触覚刺激が足りなすぎるから。
そう言えば昔世界史の暗記をする時、
学校の教室を借り切って、授業風に黒板に書いて説明しながら覚えるのが好きでした。
ノートに書けばいいじゃん!と言われそうですが、
多分私にとって黒板に向かって体や口を動かすことが大事だったんだと思います。
狭いノートの中で手を動かす程度ではダメだったんですね~効率悪っ!


ツル子式暗記術 その①

そんな自分の特徴を踏まえて、こんな勉強方を考えてみました~。
今苦労している、英単語の暗記の時に使えます。
じゃ~ん!名付けて「ツル子式ハイテンション勉強法」

方法はとってもシンプル。
単語帳の英単語と日本語の意味を読んでいくだけなのですが、少々コツがあります。

<例>「thread 糸 thread 糸 herald 到来を告げるもの herald 到来を告げるもの・・・」
① 一定のリズムで
    0,7秒間隔くらいのリズムを刻みながら。
    「糸」のように短い言葉でも「到来を告げるもの」のように長い言葉でも、
    同じ0.7秒に収めて唱えるようにします。
    ちなみにダンスやピアノが好きな私にとってリズムに乗った方が集中できる気がする。  
② 早口で
    早口言葉のように、早く滑舌良く唱える。
    0.7秒のリズムだと必然的にそうなるのですが、
    早口で噛まないで話そうとすると脳が活性化される気がする。 
③ 威勢よく
    アクセントを大げさに強調し、ハキハキ元気良くお腹に力を込めて。
    そうすることで脳がより活性化する気がする。
④ 2回繰り返して唱える
    必ず2回以上繰り返す。
⑤ 復習テストをする
    ある程度の量やったら、日本語訳を隠して意味を答える。
    答えられなかった単語にチェックしてもう一回やる。


これをやってみると、あ~ら不思議。
今まで何回見返しても、線を引いても、書き写しても覚えられなかった単語が
みるみるうちに覚えられるではありませんか! 

この暗記術は、昔の体験がヒントになっています。
高校の時友達に勧められた単語暗記の問題集。
「受験スーパーソニック英単記憶術」っていう本で、
残念ながらもう本屋さんには売っていないのですが、
それがとっても覚えやすくて今でも忘れていないのです。
カセット(何故かCDでなく)とセットになっていて、その音が正に①②④でした。
しかも心なしか感情がこもっていて面白かった!
「sink 沈む sink 沈む stimulate 刺激する stimulate 刺激する」
例えばsinkの時は沈んだ暗い声、stimulateの時はトーンが上がって刺激的な声という感じ。
何で廃刊になっちゃったんだろうな~。


ツル子式暗記術 その②

更にもう一つ工夫してみました。
名付けて「ツル子式カードゲーム暗記法」

① 小さいカードを用意(単語カードなど)
② 覚えたい英単語を表に大きく書いていく。
   「ハイテンション法」で単語と意味を唱えながら。
③ ある程度の量書いたら、裏に英単語の意味を書いていく。
   一枚めくるごとに意味を答えられるかチェックする。
   もちろん「ハイテンション法」で単語と意味を唱えながら。
④ 全部書き終わったら、めくりながら意味を答えて、
   答えられたものと答えられなかったものに分ける。
   言うまでもなく「ハイテンション法」で単語と意味を唱えながら。
⑤ 答えられなかったものだけ繰り返す。
⑥ カルタ風にばらまいて、意味が分かったものだけゲットできる遊びをする。

  
これのポイントは、体を動かす動作が多いことです。
カードをめくったり、書いたり、遊んだりできるところが私にぴったり。
これなら何度も楽しく復習できるのも良い点です。
ただし、カード作りはけっこう労力と時間がかかるので、
どうしても覚えられないもののみやることにします。
普通の方法で覚えられるのであれば、そっちの方が効率がいいし楽チンです。


あくまでKinesthetic学習者の私に合った暗記法ですが。
自分で工夫して勉強法を考え出すこと自体が刺激的でいいですね~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。