--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳と心を味方につけよう

2008年11月30日 02:19

昨日これ読みました。
これ系の本は好きでけっこう読んでますが、その中でも上位にランクイン

脳と心を味方につける マインドハックス勉強法脳と心を味方につける マインドハックス勉強法
(2008/07/25)
佐々木 正悟

商品詳細を見る


「脳と心を味方につける マインドハックス勉強法」とだけあって、
脳科学と心理学の理論に基づいた、上手な勉強の仕方が書かれています。


<章立て>

 第1章   効率よくインプットしていく「暗記」術
 第2章   ストレスをパワーに変える「やる気」術
 第3章   勉強習慣が勝手に身につく「継続」術
 第4章   限られた時間を目一杯使う「ながら」術
 第5章   アタマを整理して思い出す「ノート」術
 第6章   実力を200%出し切る「テスト本番」術
 第7章   絶対に途中で挫折しない「英語学習」術
 巻末付録 勉強の効率化・継続化に役立つツール集

1,2,3章が特に面白かったです(それ以外の章はあまり真新しいことなし)。
「暗記」「やる気」「継続」どれも勉強には不可欠、かつ私の苦手とするところ。
ちなみに第7章には、昔紹介したiKnowがお勧めツールとして紹介されています。


<取り入れようと思うこと>

①「ストレス=やる気」と自己暗示をかける

この本には、こう書いてあります。

『勉強を始める前に「ストレス」を感じたら、コーヒーを煎れたり本を読んだりせずに、「ストレス=やる気」と書いたカードを読み返します。』

ストレスを感じるということは、脳が危機と感じて何かしらの行動をさせようとしている証拠。
何かしらの行動というのは、脳にとっては何でもいい。
何か行動をしさえすれば脳は満足してストレスは解消される。
だから勉強を始める前にストレスを感じたら、勉強を始めてしまえばストレスはなくなる。
という、何だかヘリクツのような説明がされていました。

個人的には、これは筆者が治療的ダブルバインドの効果を狙ったものではないかなと思いました。
ダブルバインドとは、異なる矛盾したメッセージを同時に発することで、
どっちのメッセージに従っても相手の意図に沿わない形になってしまい、
八方塞がりになる状態です(簡単に言うと)。

このコミュニケーションの特徴を、
ポジティブに心理治療に応用したものが治療的ダブルバインドです。
どっちに転んでもプラスの結果が得られるような仕組みです。
例えば「Noと言えない」ことで悩んでいる人に、
「私の提案に対してここでNoと言ってみて」と言うとします。
するとその指示に従っても従わなくてもNoと言えることになるわけです。

つまり、「ストレス=やる気」というのは、はっきり言って理屈はどうでもよくて、
筆者が読者に治療的ダブルバインドの暗示をかけようとしているんじゃないだろうか。
この仕組みに従えば、
「ストレスが高まれば高まるほどやる気が出ることになるし、
ストレスが低まったら低まったでそれにこしたことはない」

という、どっちに転んでもハッピーな結果になるというわけです。

大学院で心理学を学んでいる筆者ならやりそうなこと。
面白いからさっそく私も、「ストレス=やる気」の自己暗示をかけてみようと思います。


②数日後に復習する

ここではレミニセンス忘却曲線という心理学の有名な概念が紹介されています。
レミニセンス効果は、学習直後よりも一定時間経ってからの方が、
記憶内容を思い出しやすくなるというものです。
脳が記憶するべき内容とそうでないものに整理するのに時間がかかるためと言われています。
また、忘却曲線の研究によると、復習を全くしないと記憶定着レベルは悲惨なほどに低下しますが、
一度復習するだけで、記憶の成績は劇的に上昇し、
三度復習すると、80%以上の内容を思い出せるそうです。

レミニセンスと忘却曲線は心理学を勉強した人は誰でも知っている概念ですが、
確かに改めて筆者に言われると、これを利用しないなんて愚かな気がしてきた・・・・

現に私も、1年前に覚えたはずの英単語帳を最近見直してみたら、
ほぼ100%に近いほど忘れていました
悲しい気持ちで一週間前にとりあえず900語覚えてみました。
そして今週は新しく700語暗記しました。
かなりの量だし難しい単語だし更に新しい700語が入ってきたので、
一週間前の900語はかなり忘れてるだろうな~と思いながら昨日復習してみたところ、
なんと!面白いほど覚えていて感激でした。
私の脳、まだ一応動いてるんだね・・・ちょっと明るい気分になりました

勉強したことを数日毎に三度復習することで、
完全に定着させることができるかもしれないのに、
それをしないばっかりにほぼゼロからの暗記を繰り返すのはもったいない
復習って面白みがなくて嫌いだけど、ちょっと頑張ってみようかな~と思います。


③ほめ言葉でやる気モードに突入させる

これまた心理学の概念、プライミング効果が紹介されてます。
先に提示された刺激が、その後の刺激処理に促進効果を及ぼすこと。
つまり明るい言葉を沢山見せられると、脳は明るいモードに入りやすいということです。

さっそく自画自賛ノートを作って、昨日の単語900語暗記の努力の成果について書き込みました
このノートに自画自賛の言葉を書き溜めて、
やる気が出ない時やネガティブになった時に見返そうかな~と思ってます。


④脳を興奮させながら勉強する

脳科学に基づくと、感情的に興奮している時は記憶力が高まるんだそうです。
極端な話、吊り橋の上で読んだ本の内容はよく覚えているそうな。
カフェインを飲んで動悸を高めるのもいいそうです。

以前TVで、脳科学者の茂木健一郎さんの勉強風景が紹介されていました。
大きな声を出し、オーバーリアクションでバタバタ動きながら勉強していました。
何か大変そうだし、ホントに効果あるのかな~と疑心暗鬼でしたが、
あれが正に脳科学に基づいて考えられた勉強法だったわけです。

改めて考えてみると、私の脳はとっても退屈しやすいということに気付きました。
中・高時代、多分半分以上の授業は寝ていました
(大げさじゃなく本当の話!同級生は知っているはず)
大学も興味のない授業は寝てばかりいて(寝るつもりはないのに)、
大学院の専門の授業になって初めて寝なくなりましたが、
今でも英語の勉強の最中は、必ず一日に一度はウトウトします。
私って何でこんなに眠い人なのかしら~と思ってましたが、
きっと脳が退屈しているせいなんだろうと思います(多分)。

その証拠に興味のある専門の授業では眠くならないし、
友達と楽しく遊んでいればどんなに夜更かししても居眠りしたりしません。

ということで、いかに自分の脳を退屈させず興奮状態にさせるか
今後工夫していきたいと思います。



放っておけば絶対に楽で楽しい方に流れる、根っからの怠け者の私も、
こういう本を読むと自分も頑張ろう!という気になれます(単純なので)。
佐々木正吾さん、ありがとう!!!

スポンサーサイト

英語についてグチってみる

2008年11月29日 12:31

英語を勉強すればするほど、私には英語は数学のように感じられて仕方ありません。
周りの人に聞いてみても、あまり同意が得られないこの感覚なのですが・・・・。
ついにこの感覚の正体が分かりました!


<国語=アート!?>

私は昔から数学が恐ろしいほど苦手&嫌いです。
結婚式のスピーチで親切な親友どもがバラしてくださいましたが、
高校の数学のテストを白紙で出して0点を取ったことがあるほど

一方、子どもの頃から一貫して、「国語」だけはデキる子でした。
「登場人物の心情は?」とか「この詩が含む意味は?」とか答える問題なんて大得意。
なんとな~く直感で分かって勉強しなくていいので(笑)、国語は好きでした。

しかし今、他国の言葉を学んでみて気付いたことがあります。
実は日本人誰もが学校で学び、
私がちょっとデキて得意になっていた「国語」という教科は、実は「アート」だった!
学問に必要な論理的思考、あまり必要としないような気がします(?)。
むしろ必要とするのは直感力・想像力・表現力!

以前の記事に書いたように、私が得意なのは体育・美術・家庭などの実技系。
これらと国語は似たカテゴリーに属すものなのかもしれません。


<英語の難しさ>

そんな実技系・直感系しかできない私からすると、
文頭に書いたように、英語も数学も似たものに感じます。
(本当は違います・・・アートと学問に分けると同じカテゴリというだけ。)
どこが似ているか。

①いっぱい暗記しないとできるようにならない。
 英語は何といっても単語!イディオム!文法!
 数学は公式!

②使ってる文字が暗号みたい。
 英語のアルファベットは私にとっては数字と同じくらい抵抗があるものです。
 数学の数字や文字記号アレルギーで、
 必然的に勉強量が減り、更に不得意になるという悪循環に陥っていた私
 日本語はには漢字が含まれていて、
 文字が持つ意味が視覚的に目に飛び込んでくるので
 直感的に右脳で理解することができると思います。

 ちなみに数字を認識する時は、
 言語を認識する時と違う脳の場所を使っているということを、
 京大の研究グループが突き止めたそうです。
 今のところ私の脳は、アルファベットを数字と同じ部位で認識しているようです
 
 余談ですが、日本語はリーディング分野で最も効率的な優れた言語なんじゃないだろうか
 だって、3種類の文字を使い分けて、
 重要な単語、それ以外、外来語を分かりやすく表記してるんですもの。
 日本語は斜め読みというものができるけど、英語でそれをやるのは私には一生ムリ。

③文法が厳格。
 規則、規則、規則~!
 日本語は語順を変えても言葉を省略しても通じるのに、
 英語はちょっとでも不適切な使い方をすると通じなくなる(数学も然り)!
 英語は規則さえ覚えてしまえば分かり易くていいという人もいますが、
 私にとっては規則に毎回細かく従うことが一苦労です

我ながら、何て不器用な人間に生まれたんでしょうね~
でもその一方で英会話は、体育のようにも感じます。
体育!私の得意分野じゃないか~!
それを心の糧として、英語習得の果てしない道を地道に進んでいきましょ~

サンクスギビングごはん

2008年11月28日 00:52

昨日は Thanksgiving Day 本番ということで、久しぶりにごちそうでした~

まず前菜。
アボカドの燻製サーモン乗せ
自作のバルサミコ酢とくるみのドレッシングをかけて。
ホントは生ハム食べたかったのに~・・・・。
大手チェーン店に売ってなかった・・・・信じらんない
しかもアボカドでなくマンゴーに乗せる予定だったのに、
買った当日切ったら茶色くなって腐ってた・・・・信じらんない

081127アボカドサーモン

ロブスタースープ
やっぱり海の幸のだしはおいしいです。

081127ロブスタースープ

ホワイトアスパラのマッシュルームクリーム添え
ホワイトアスパラ久しぶりに食べた!!!
ツル男の大好物なんですが、
アメリカに来てからめっきり外食することがなくなってずっと食べていませんでした。
どんなもんかな~とあまり期待せずに瓶詰めを買ってみましたが、結構美味しかった!

081127ホワイトアスパラ

そしてメインはもちろんターキーの丸焼き・・・・といきたかったんですが、
ターキーはものすごく巨大で、
大人数でパーティーでもやらない限りとても消費できる量ではないので断念。
でもスーパーで胸肉(一番美味しい部分らしい)のみのスタッフドターキーを発見!
しかも味付け済みでローストするだけ!
さっそく買って来て焼いてみました。

081127ターキー

わ~い!これぞサンクスギビング!
大喜びでかぶりつきましたが・・・・はっきり言って味は微妙。
肉はパサパサのささみ状態だし、中の詰め物は甘くてまずいし。
結局肉の部分にテンメンジャンと、しょうゆ&柚こしょうをつけて食べました。
「やっぱアジアの味が一番だよね~。」と言いながら(笑)

そして昨日習ったばっかりのパンプキンパイ
いつものごとく思い付きで、レモンをまぶした青りんごを入れて焼いてみました

081127パンプキンパイ

ワインのおつまみチーズの盛り合わせ
田舎のせいなのかアメリカのせいなのか、こっちにはろくなチーズが売ってません。
あ~熟成されたコンテが!芳醇な香りのゴルゴンゾーラが食べたい!

081127チーズ盛合せ

でも久しぶりに食べるとまぁまぁの味に感じます。
実はお酒自体も超久しぶり。
大酒飲みだったツル男は、毎年健康診断で肝臓がひっかるので健康のために断酒中、
私は、お酒を飲むと脳が萎縮するという事実を知って
これ以上脳ミソを小さくしないために同じく断酒中でした。

食後のデザートはブルーベリーのムース
ゼラチン系は簡単で、目分量でも失敗しないのでどんどん適当になってきている
それでもおいし~!デザート大好きのツル男も喜んでおりました。

081127ブルーベリームース

しかしさすがに食べ過ぎた~・・・・。
こんなものが食べられることに、Thanksgivingです

081127Thanksgiving.jpg

サンクスギビングお料理教室

2008年11月27日 23:26

081125CookingLesson.jpg

昨日は翌日のThanksgiving Day に向けて、
英語の先生のおうちでクッキングレッスンを受けました。

サンクスギビングデイに食べる一般的な料理は、
  ・スタッフドターキー(詰め物をした七面鳥の丸焼き)
  ・パンプキンパイ
  ・クランベリーソース 
  
などですが、今日は、
  ・パンプキンパイ
  ・キャセロール
  ・くるみとりんごとクランベリーのサラダ
  ・チョコのお菓子

を教えてもらいました。

驚くことに4品とも甘い料理でした
甘党の私的には大喜びでしたが。

パンプキンパイなんて、アジア人からすればケーキですが、
それでも先生はデザートではないって言うんです。
「ビタミンが沢山含まれていて体にいいよ」って。
でもいくらビタミンが含まれていても、
これだけ糖分取っちゃえば絶対不健康だと思うんだけど・・・・(笑)

サンクスギビング本番は何を作ろうかなぁ・・・・・。

2年目なのに・・・・。

2008年11月26日 00:52

ツル男 「昨日言おうと思って言わなかったんだけど・・・・。」
ツル子 「なに?」
ツル男 「昨日さ~結婚記念日だったよね~もちろん覚えてはいたんだけどさぁ。」
ツル子 「うそ!そうだ昨日だ!忘れてた・・・・・。」

正直記念日とかあんまり気にしないタイプなんですけど、
イベントごとは大好きだから一生お祝いし続けようと思ってたのに。

結婚2年目にして早くも、結婚記念日を忘れる私達・・・・

免許キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

2008年11月24日 23:15

とうとう届きました!カリフォルニアドライバーライセンス
テストに合格してからまだ二週間も経っていないのですが・・・・、
届くのが早くてびっくり!
何しろアメリカの身分証明書を持っていない外国人は、
免許が届くまで1ヶ月はかかる(ひどい時は3ヶ月)と聞いていたのです。

じゃじゃ~ん!

081124DriverLicense.jpg

嬉しいんだけど・・・・写真写り、やっちゃってます。
何かうすら笑い浮かべてるし、半目気味だし、歯がはみ出てるし(笑)
まあいっか~

Thanksgiving Party

2008年11月21日 01:46

アメリカのハロウィンの次のビッグイベントは、Thanksgiving Dayです。
その年の収穫とインディアンへの感謝を表すことから始まったらしいです。
今では家族が集まってターキー(七面鳥)・パンプキンパイ・クランベリーソースなどなど、
沢山の料理を囲んで団欒する行事のようです。
本当は11月の第四木曜日、つまり来週なんですけど、
一足早く英語クラスの先生のおうちでサンクスギビングパーティーが開かれました。

081121ThanksGivingParty.jpg

なんてステキなおうち!
これぞサンタバーバラ!という感じのスペイン風のモダンでおしゃれなおうちでした。
曲線の多い建物の作り、白塗りの明るい壁、落ち着いたモスグリーンに塗られた木の枠。
あ~こんなうちに住みたい・・・・。
まぁ日本では一生無理だろうな~。
おそらく30人以上は来ていましたが、余裕の収容スペースでした。

そして料理もとっても美味しくて大満足!
来週はいよいよサンクスギビング本番。
ツル男のために何を料理しようか検討中・・・・。

最近の日常風景

2008年11月20日 11:48

<最近の日常>

7:00   起床
      家事&身支度
8:30   ツル男起床
午前   ツル男の大学の図書館でお勉強したりしなかったり
      (英語クラスはつまらなくなって行くのをやめました)    
午後   授業やカンバセーションの約束があったりなかったり    
19:00  ツル男と共に帰宅
      料理
20:30   夕食
21:00   家事
      お弁当作り(ツル男がついにアメリカンランチに耐えられなくなりました)
      まったりしたり勉強したり
      ツル男のメンテナンス
23:00   お風呂
      まったりしたり勉強したり
      ツル男のメンテナンス
1:00    就寝
1:00~4:00 ツル男就寝

という感じの毎日、しばらくは勉強強化月間です


<最近恥ずかしかったこと>

そんなこんなで学生じゃないのにツル男の大学の図書館に潜り込んでる私。
8階から眺めるオーシャンビューは最高だし、かなり快適です。
夕方には海に沈む夕日を眺めることもできます。

もう一つの快適ポイントはクワイエットルームがあること。
静かに集中したい人専用のスペースで、ここでは携帯はもちろんパソコンのタイピングも禁止です。
用事がある時は筆談だし、なるべく音を立てないように気を使います。

ところが先日ツル男がやってくれました!
最近iPod Touchを買ってもらってご機嫌のツル男。
無線ランにつないで無料でネットはできるし、
アプリケーションも充実していてけっこう楽しめるらしいのです。
しかも容量が32Gっていうんだから驚きです!
枕元にまで持ってきて、朝起きるとiPodの動画で目を覚まし、
勉強中はもちろんiPodの音楽で気分転換しています。

ところがこのiPod。
高機能なだけに、前世代と違ってスピーカーも内蔵されているんです。
だからイヤホンを外せばそのまま音楽を聴くことができます。

ある日の帰りがけ、クワイエットルームでツル男のiPodが鳴り響きました。
しかも曲がOZMAアゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
紅白で問題になった例の曲。
みんなで肩組んで横揺れして踊る部分。

な~な~ななな ばんすぅぃずみば~んす!って・・・・。

何が恥ずかしかったって曲が鳴ったことより何より、それがOZMAだったことが恥ずかしいよ・・・。
(アメリカ人は誰も知らないだろうけど。)

「あ~カラオケでOZMA歌いて~!」と毎日ダンスしているツル男に誰か癒しを・・・・。


山火事じゃないのに煙臭い日々

2008年11月18日 01:19

山火事、思った以上に大変なことになってました
日本のニュースにまで流れていてびっくりしました
でも地名が、モンテシートなんだけどモンテシトって言っててウケました。
いろいろご心配いただいてありがとうございます。
おかげさまでうちは大丈夫です

ところが、山火事の被害にあったわけでもないのに、最近我が家は煙臭いんです。
理由は、料理を焦がしたため(笑)
今回のは強烈で匂いが取れない・・・・

電子レンジでケーキのスポンジを作ってたんです。
加熱時間が分からなくて5分くらいやってたら、見事に真っ黒焦げになりました。
加熱は何と1分でいいみたいです。

3分でできる!簡単スポンジの作り方
  ① アメリカのケーキの素を牛乳でかなり薄める(激甘なため)。
  ② 卵を入れる。
  ③ 混ぜる。
  ④ 容器の半分くらいまで入れる(けっこうふくらむため)。
  ⑤ レンジで1分チ~ン!完成!

簡単な割にはフッワフワになっておいしいです。
バターを入れるとしっとりパウンドケーキになります。
レモンを入れるとレモンケーキになります。
お隣さんが引っ越して行く時にケーキの素を3箱くれたので、
試しにやってみたらオーブンで焼くよりおいしいかも・・・・。
激甘なのはカステラだと思えばいいし(?)
でもくれぐれも加熱しすぎには注意です

さて突然ですが、諸事情によりこれからしばらくブログを頻繁には更新できなくなります。
でも夫婦仲良く元気で生きています
時々は更新する予定です。
心配しないでください

Tea Fire

2008年11月14日 10:13

サンタバーバラで昨日また山火事が起きました

山が真っ赤に燃えて、真っ黒な大きい煙の塊が空に伸びていてびっくりしました。
Tea Gardensが燃えたから、山火事の名前は"Tea Fire"なそうな。

乾燥した山に風の勢いが加わって火が勢いよく広がり、
夜通しの消火作業にもかかわらず、広範囲が焼けた模様。
70戸の建物が燃えて、27000世帯が停電になって、
2人が火傷で病院に運ばれ、学校は今日休校になったそうです。

今朝起きて外に出てみると、いつもはスッキリ青い空に灰色のかすみがかかり、
車にはうっすら灰が積もっていました。

人為的なものなのかな~だとしたら許せないなぁ・・・。

動画はここ

DMVの仕事っぷり

2008年11月13日 22:38

免許の話ついでに、ちょっとしたアメリカン体験再び

私が車を購入したのは8月半ば。
DMV(Department of Motor Vehicles)への車両登録はディーラーが手続きしてくれ、
登録証とナンバープレートが郵送されることになっていました。
こちらでは驚くことに、車を買ってしばらくはナンバープレートのないまま走ることを許可されています。
しかもナンバープレート郵送って・・・かなり衝撃的。
しかし問題発生

<問題①>
かな~り経ってから届いた登録証の名前が間違っている
「ツルコ」じゃなくて「ツルカ」になっちゃってる。

<問題②>
ナンバープレートがいつまで待っても届かない
ナンバープレートに貼る小さいステッカーが送られてきたのみで何の音沙汰もなし。


かなりめんどくさくてしばらく放置していましたが、この間ついにDMVに出向いてみました。
まず<問題①>は、簡単な書類をかかされその場で変更手続完了。
最初「パスポートがないと手続きできないよ」と言ってたのに、結局無理矢理やってくれました。
身分証明書をちゃんと確認する気配もなし・・・・。
大丈夫なのか!?

次に<問題②>は、これまた簡単な書類を書かされ、
(「ナンバープレートが届かない」というチェック欄がちゃんとあります。)
あっさりその場でゲット。

毎度のことなんですけど、何というか、日本では考えられない不備っぷりと適当さ。
これでこの大きな社会が成り立ってるんだから不思議です・・・・。
オバマが健康保険制度を導入したら、日本の厚労省どころの騒ぎじゃなく大変なことになりそう。
でもその分ミスの後のフォローは早そう(適当そう)・・・・。

免許取得物語

2008年11月12日 00:32

今日、やっと全ての自動車免許試験にパスしました
この記事がかける日をどんなに待ちわびたか・・・・。
長い長い道のりでした・・・・。


筆記試験

筆記試験を受けたのは9月24日
本当はもっと前に受けたかったんですけど、
DMV(Department of Motor Vehicles)が混んでいて、
何週間か後の予約になってしまいました

事前に、DMV発行のハンドブック(英語)を読破。
日本語版電話帳の後ろに付いている練習問題を解き、
知り合いに過去問を貸していただいて解き、
日本人の方のサイトもいくつか参考にさせていただき、万全の態勢でいざ試験。

試験環境・・・・こんなです

081112免許筆記試験

ガヤガヤしたオフィスの片隅で立ったまま回答。
制限時間とかありません。
ただし日本語で受けることができます。
終わったらカウンターに持っていくと、その場で丸付けしてくれます。
6問以上間違うと不合格のこの試験、何とかクリア。

次は日を改めて実技試験です。
実技試験の予約、この日にDMVでしていけば何も問題もなかったのですが・・・・。


実技試験予約

帰宅後、実技試験の予約をオンラインですることにしました。
DMVのサイトからできるはずなんですが、
「この番号はオンライン予約できないから電話予約しろ」と言われ、
しぶしぶ電話をかけると自動音声に・・・・

アメリカの自動音声受付は日本のものとはちょっと違います。
日本の場合、ボタンの番号を押せと指示されますが、
アメリカでは肉声感知式になってるんです・・・・
いちいち英語で答えなきゃいけないんですけど、これが大変。
何しろ機械に読み取ってもらえるくらい正確な英語発音をしなきゃいけないわけですから。
こんな感じ。

「番号は何番ですか?」
「イ~トゥ~トゥリ~ジィ~ロ、ファ~イブ、ワ~ン、ワ~ン、エ~イッ!」
「E2305718、ですね?」
「No!」
「失礼しました。もう一度、番号は何番ですか?」

という感じで何度も失敗・・・・
最後はオペレーターにつながり、何とか実技試験の予約を取ることに成功。
予約日は更に1ヶ月後、10月21日の9:50です。


実技試験準備

実技試験は自分の車でDMVまで行き、
試験官を助手席に乗せて15分くらい路上を走って行われます。
16個以上のエラーか、危険と見なされる運転が1回でもあったら不合格です。

知り合いは、すでに受けた人から情報をもらって試験に備えていました。
何でも、試験のルートが3種類くらいあり、それを教えてもらって練習すれば安心らしい。
私もルートを教えてもらうつもりでいました。
ところが・・・・。

サンタバーバラにはDMVが2つあります。
我が家に近い方とダウンタウンに近い方。
私は我が家に近い方で受けたかったんですが、
予約が取れなかったのでダウンタウンの方を予約しました。

ダウンタウンでの試験経験者にルートを教えてもらおうとしたところ、
何故か誰もはっきり覚えていないのです
確かにダウンタウンのDMVの周りは住宅街の同じような道が続いていて、覚えにくいかもしれない。
しかも恐ろしいことに、ダウンタウン受験者はことごとく試験に落とされている
聞いただけでも、5回落ちた人2人、3回落ちた人2人、1回落ちた人3人・・・・
私が聞いた中では不幸にも一発合格のひとはゼロ・・・・

えぇ~!!!そんなに難しいの!?

けっこう軽く考えていた私は一気に不安になりました
しかもルートが分からない。これはかなりヤバイ・・・・。

とりあえず経験者の「この道とこの道の間の範囲だった気がする・・・」
というおぼろげな情報を元に、範囲内の全ての道を通ってみることに。
2時間くらいかかりました。
走ってみてますます不安になりました
路駐だらけで見通し悪いし、自転車多いし、人が横から飛び出してくるし。
でももう落ちてもいいから受けてみるしかない!と覚悟を決めました

ちなみにカリフォルニアのDMVでは、
YouTubeで実技試験に合格するコツの動画を配信しています。
このシリーズだけで12回分あります。
便利それもチェックしました。




アクシデント

来たる10月21日、9:50
張り切って早めにDMVに到着。

「実技試験の予約をしているんですが。」
「何時の予約ですか?」
「9:50です。」
(書類を確認する職員。)
「あなたの予約は9:15でした。今日は受験できないので予約を取り直してください。」
「えぇ~!?」


何と、”Nine Fifteen””Nine Fifty”を聞き間違えていたのです
きっとあのオペレーターがメキシコなまりだったせいだとブツブツ言っても後の祭り。
(たぶんただ単に私が聞き取れなかっただけ 笑)
とりあえず次の実技試験の予約だけはその場でしましたが、
更に3週間後の予約になってしまいました

そのまま帰るのも切ないので、実技試験のお勉強をすることにしました
タイミング良くDMVから出てきた試験中の車を追尾。
少なくとも一つのルートをちゃっかり覚えて帰ってきたのでした


気を取り直して実技試験

そして今日!
間違いなく11月12日の14:30から、実技試験です!
1時間くらい前に行ってまた追尾作戦を実行しようとしたのですが、
運悪くこの日は一台も試験の車を見かけず、追尾作戦は失敗しました・・・。

受付を済ませ、所定場所に待機。

081112免許実技試験

前の中国人っぽい女の子の試験が終わるまで待ちぼうけ。
試験官、試験中に携帯でくっちゃべってます・・・・(笑)
その後同じ試験管がやって来て試験開始です。
手信号の実演&意味説明、ウインカー、ブレーキランプ、ワイパー、デフロスター、ライト、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)、エマジェンシーランプ(ハザードランプ)を確認後、試験の説明を受けて書類にサイン。
いざ出発です!

ラッキー!追尾コースと同じコース!

緊張もなく、余裕の走行。
何しろどこで曲がれって言われるか分かっちゃってますから。
フフフ~ン。

追尾した時と全く同じ場所で路肩に停車しろという指示。
停車した後まっすぐバックする試験があります。
私は前回、この時点で「終了だ~」と思って追尾をやめていました。
ところが!

「は~い、次は左に出てそのまま真っ直ぐ進んで、その先の角を左折してね。」

ショック!
私が終了だと思ったのは前半部分で、まだ後半部分が残っていたのでした・・・・。

ここからのルートは完全に分かりません
でも仕方がないので落ち着いて指示に従います。
途中、自転車が車の前にはみ出してきたり、
路駐の車が発進したり、人が車の陰から横断したり、
青信号の右折時に横断歩道を渡りそうな人が歩道を歩いて来たり、
いろいろ要注意ハプニングはありましたが、臨機応変に対処できた・・・はず。
後半半分も終え、何とか無事にDMVに帰還しました。

本来ならばここで試験官から試験の合否や、減点されたポイントについての説明があります。
ところが何か関係ないナンバープレートの話をして、さっさと建物に戻ろうとする試験官。

「あああ、あの~試験は合格ですか?」
「あ~ごめんごめん。合格よ~。ほらこれ。」


と、忘れていたかのように試験結果の書類を渡してくれました。
それを見てびっくり

エラー数:0

マジですか?パーフェクト合格?

確かにとっても気をつけて運転したけれども。沢山練習もしたけれど。
ちょっとびっくり。
これまでの長い道のりが、ちょっとだけ報われたような気がしました

とりあえず免許取得万歳~!

日韓交流

2008年11月11日 19:08

081111SookHouse.jpg

今日は韓国の友達のおうちでポットラックパーティーしました。
本場のトッポギ(韓国では"Ddokbboki")をごちそうに。
辛い!うまい!でも辛い!
日本人は辛くてヒーヒーいってましたが、韓国人にとってはいたって普通の辛さだそうです。

私はマンゴープリンを作っていきました。
(なぜか写真に一個だけイチゴプリンが混ざってます。)

081111MangoPding.jpg

ちなみに今日はVeterans Dayで、祝日の少ないアメリカでは久しぶりの祝日です。
私は勝手に日本の敬老の日と完全に勘違いしておりました
老人をベテランって呼ぶなんて粋なはからい・・・・くらいに思ってましたが、
大きな勘違いだったことがたった今このブログを書いていて分かりました
「復員軍人の日」だって。
一つ賢くなりました

社会心理学のセミナーに潜入

2008年11月09日 12:46

この間、社会心理学の研究者のSayakaさんに誘ってもらって、
大学のセミナーに潜り込んできました。

UCLAのBenjamin R. Karney先生による、結婚満足度の変容に関するモデルの紹介です。
分野は違いますが、家族や夫婦は私にとって主要な関心対象であることと、
大学レベルの英語の講義体験をしてみたいという目的意識を持って行きました。

教室は意外に狭くて生徒も20人弱。
インフォーマルなセミナーだったので、モグリの私はちょっとドキドキしましたが、
ぜ~んぜんノープロブレムでした

しかし、アメリカ人の先生はやっぱり話が上手ですね~。
かなり熱を込めながら、抑揚の高音がかなり高いところまで行っていたのが印象的でした。
しかし早いこれが大学の講義のスピードかぁ・・・・
パワポがあるから良かったようなものの、全て聞き取るのは私には不可能でした

幸い内容自体はシンプルなものだったので、何を説明していたか、
最終的には大体理解できたと思います。
7割方チンプンカンプンになる予定だったのでほっとしました

女性の結婚満足感は、
夫に対する個々のポジティブ行動の認知とその時の妻の原因帰属能力の状態に影響され、
更にそれらはストレスによってネガティブに作用するというような内容だったと思います。
私的には「ストレス」と一言に言ってもどんなストレスで、
どんな相互作用を経て夫をネガティブに帰属するのかな~ということと、
ネガティブ認知や不適切な原因帰属を防ぐ要因は何かな~というところに興味が沸きました。
今回は直線論的な話だったので、
臨床家の端くれ的にはやはり相互作用と介入方法に興味が沸きます。

でもとっても面白い体験でした
機会があったらまた懲りずに潜らせてもらうことにします

インディアンに遭遇!

2008年11月08日 11:30

昨日大学で用事があって、20時過ぎに食堂の建物から出たんです。
すると突然、ビービービーピカンピカンピカン
警報が鳴り響いてライトが点滅し始めました

ななななに!?何かうちら悪いことした!?

動揺する私達
すると中からお香をモクモク炊きながら、何かの民族衣装に身を包んだ集団が!

えぇぇ~!

更に動揺する私達。
しかし彼らは全く動じる様子はありません。
お香の煙に反応して鳴り響く火災報知機の光と音も、まるで彼らのための演出のよう。

インディアンだぁ~!

おもむろに食堂の前でダンスを踊り始めました。
しかし週末の20時過ぎ。
あたりに人は少なく、特に誰かに見せるためにやっているようではないようです。
イベント主催者が近くにいるわけでもなさそうです。

謎・・・・いったい何のために?なぜ大学で?

どうやらこの辺りにはインディアンの子孫が住んでいるようで、
この日は○○部族に招待されて△△部族の方達がやってきたようです。
そして収穫に感謝する踊りを踊っているとのこと。
大学の教授にインディアンの血を引く人もいるのでそのつながりではないかということでした。

しかし警報機が鳴ったのでパトカーが出動する始末で、
何故こんなにゲリラライブ的だったのかという謎は、最後まで解けませんでした(笑)
それでも記念写真はパチリ
ちょっとラッキーな面白体験でした。

081107インディアン

インド式結婚式

2008年11月07日 09:56

昨日はパーティーの帰りに、インド人のスーブラがおうちに招待してくれました
そしてインドの民族衣装、サリーを着付けてくれました

サリーは、シルクでできた幅1.5メートルくらいの一枚の布でした。
多分5メートルくらいあるでしょう。長~い!
それから上半身には丈の短い上着を着て、インナーのスカートをはきます。

スーブラは器用に布をジャバラ折にしながら、体に巻きつけていきます。
驚いたのは全然ヒモを使わないこと!
日本の着物はやたらヒモやら特殊アイテムやらを使って着付けます。
サリーはその代わり安全ピンを2つくらい使ってました。

そして完成。ジャ~ン
ちょっと優雅な気分です

081107サリー

その後スーブラの結婚式の動画を見せてもらいました。

<カルチャーショックその①>
スーブラの実家には使用人が沢山いる
中流階級以上は必ず使用人を雇うんだそうです。
だからアメリカに来るまで彼女は料理も掃除も洗濯もやったことがなかったらしい。
しかも使用人の月給は$10らしい。為替ルートの違いがあるとはいえ・・・・。
平均月収を目安にすると、インドのデリーが¥24800、日本が¥314600なので、
$1を¥100で計算して日本の感覚に直すと、使用人の月収は¥12685・・・・
カースト制度の落とす暗い影を見てしまいました

<カルチャーショックその②>
スーブラは結納の時に初めてダンナさんと対面した
インドではお見合い結婚が主流。
より上の地位の人と結婚するために、両親の知人などが縁談を持ってきてくれるんだそうです。
そして結婚前は基本的に彼氏を作るのはタブーなそうな。
もし好きな人ができてしまったら、親に交渉する権利はあるそうです。

<カルチャーショックその③>
ちょっとエッチな(?)ビデオの編集

彼女は3日間かけて結婚のお祝いをしたそうです。
1日目は新婦の実家(新郎はまだいない)、
2日目は外に会場を借り(新郎登場)、
3日目は二人一緒に新郎の家に。
(ちょっと詳しい順番は忘れたけどこんな感じ)

結婚の儀式は伝統的なものでした。
ターメリック水(!)を顔に塗られたり、
おまんじゅうみたいなものとミルクを色んな人が食べさせに来たり。
そして二人の契りを結ぶ儀式のもいろいろなものがありました。

 ① お互いの首に花飾りを何度も交換してかけあう(緊張気味の二人にこの時点でドキドキ)
 ② ターメリック水(?)を顔に付けてあげる(かなりドキドキ)
 ③ 横に並んで座り、お互いの服を結んだ後、スーブラの指をダンナさんがにぎる(キャ~)
 ④ 立ち上がってダンナさんが後ろからスーブラにハグをし続ける(ギャ~!!!)


結納の席で初めて会ったという二人の事情を聞かされているだけに、
少しずつ近づいていく彼らに終始ドキドキでした。
私なんかは感情移入しすぎて一人で興奮して友達に呆れられてました(笑)

そして何といってもクライマックスは3日目の夜です。
何故かシーンは二人の寝室へ・・・・。
おもむろに寝室に入ってくるダンナ様。
その向かう先には、何故かベッドの上で座って待っているスーブラ。
そしてダンナ様もベッドの上へ、スーブラの肩に手を回します。
そして、フワフワ漂う二人の写真。ハートマークに切り取られています。

プロのカメラマンにビデオ作成を依頼したため、こんな過剰演出(?)も用意されていたのでした。
日本でメモリアルムービーの最後に、二人の初夜のシーンが入っていたらびっくりです(笑)
実際の初夜は、二人とも眠れなくて夜通しおしゃべりをして過ごしたそうです。
何だか自分の薄汚い心(笑)が、真っ白に洗われるような気がしました

興味津々の私達、スーブラを質問攻めです。

「この時どんな気持ちだったの?」
「ダンナさんの第一印象は?」
「今幸せ?」


やっぱり最初はかなり緊張して、ろくに話しすらできなかったそうな。
でもダンナさんのことは最初から気に入って、今はとっても幸せだそうです
とってもキレイなスーブラの花嫁姿と、嬉しそうなダンナ様、
そして今とっても幸せだという彼女に、ほんわか幸せな気持ちになったのでした

ポットラックパーティー

2008年11月06日 00:43

今日は英語クラスの先生のおうちでPotluck Partyがありました。
食べ物を各自が持ち寄るパーティーのことで、アメリカでは一般的です。
(Potluck=あり合わせの料理)

081106BakerHouse.jpg


私はバラ模様の巻き寿司カリフォルニアロールを作りました。
けっこう美しく仕上がって好評!しかし写真を撮り忘れた・・・
その他にも、韓国・台湾・中国・メキシコ・フランス・アメリカ・インド・・・・
多国籍料理のオンパレード

081107多国籍料理

先生はかなりご高齢のおばあちゃんなんですけど、
おうちは隅から隅までピカピカで、お庭にはきれいなバラの花が咲いていてとてもステキでした
ご本人も普段からアクセサリーをつけたり真っ赤なマニキュアを塗ったりしていて、
こんな風に年を取れたらいいなぁと憧れます
毎回クラスに持ってきてくれる、甘すぎずに美味しいクッキーの作り方をレクチャーしてもらいました。

081107MakingCookies.jpg

自分と違う国の人と話してると飽きないわぁ~

オバマ圧勝!にまつわる事件!?

2008年11月04日 14:15

今日はついに、大統領選挙の投票日
やはりオバマ氏圧勝のようです

ところで昨日は何故か、フリーウエイも一般道もものすごい渋滞でした。
おかげで私は英語クラスに出そびれてしまったんですが。
その渋滞のわけは・・・・。

081104Gunman.jpg

フリーウエイに拳銃とアメリカ国旗を持った男が現れて、道が封鎖されたため。
写真は、男が要求したオバマのキャンペーンフラッグを、
爆弾処理ロボットがお届けにあがった瞬間です

よく分からないけどオバマの支持者らしく、
フリーウェイのフェンスにオバマの旗とアメリカ国旗を付けた後、
おとなしく取り押さえられたようです・・・

意味不明
何が目的だったのでしょう・・・・
SWATまで出動させる大騒動でしたが、とってもマヌケな事件でした。

動画はここ

ハロウィン振り返り

2008年11月03日 19:47

今年のサンタバーバラ地区にある学生街のハロウィンのデータです。

          集客 : 45000人
 召喚状をもらった人 : 560人    
        逮捕者 : 236人
救急車で運ばれた人 : 55人
レッカー移動された車 : 50台


史上最悪の1994年は死者が出たりしたらしいですけど、
今年は(これでも)何ごともなく終わったようです
めでたしめでたし(?)

サマータイム終わる

2008年11月02日 22:25

081113夕焼け

今日から冬時間
Daylight Saving Time(DST)の時期は終わり、時間が一時間遅くなりました。
午前2時になると同時に、時計の針は午前1時に戻すという不思議な現象が起きたことになります。

最近朝晩半袖では寒く(それでもキャミとホットパンツで歩いてる人が多いのはさておき・・・)、
毎日雲一つなかった空に写真のように雲が出るようになり、
朝起きるとしっとり道路が濡れていたり、木々の葉がほんのり色付いたりして、
サンタバーバラにも微かな秋の訪れを感じていた今日この頃
冬時間になったことで更に季節の変化を実感することとなりました。
昨日までの18時が17時になったので、「あ~17時でもこんなに暗いんだぁ」と、
急に日が短くなったような気分になるんです。

今回は時間が1時間戻ったので、何だか得をした気分になりました。
朝グダグダ過ごしていても、「あれ~まだ10時じゃな~い」という感じ
逆に冬時間から夏時間に移行するときは、損した気分になるということ。
心疾患の発作発生率が高まるとか
(逆に夏時間から冬時間に移行する時発生率低まるらしい)

私は正直言ってDSTは好きじゃありませ~ん
何で時計自体を操作しなきゃいけないの~と思います。
それなら、9:00~18:00勤務を8:00~17:00勤務にしてくれた方がまだいいです。
(それでは意味ないのでしょうか。)
そもそもそんなにメリットあるんでしょうか。
毎年2回時差ボケ状態・・・・気持ち悪いです。
もし日本で施行されたら大混乱になりそうです。
(ちなみにアメリカに占領されていた時代、日本もDSTを導入させられていたとか!)

日本にDST導入反対~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。