--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HanaCell携帯について

2009年03月05日 11:18

今日は、私の使っている携帯電話、HanaCellについて・・・・。
これから渡米予定の方への参考のために書くので、それ以外の方にはつまらないです。
どうぞ読み飛ばしてください

さて、アメリカで外国人が携帯電話の契約をするのはけっこう大変らしい
アメリカが発行する身分証明書もないし、
経済力を証明することもできないからです。
(通常はアメリカで使用したクレジットカード等の借金歴を確認する)

なので、まともに契約しようとすると、高額な保証金を払わされます
しかも基本2年契約なので、途中解約すると
これまた高額(日本の比じゃない)の解約手数料を請求されるそうな
ということでプリペイド携帯にする人が多いのですが、私はHanaCellにしてみました。

HanaCellはアメリカ在住日本人向けの格安携帯電話サービス。
ネットで調べてもほとんど口コミ情報がないし、
大丈夫かしらと怪しんでいたのですが、
半年使ってみて、結論・・・・「良い」
今のところ何の遜色もなく使えております
以下は、私の感じるメリット・デメリット。


メリット

① 何といっても・・・・「料金が安い」
    デポジット・途中解約手数料を取られないことはもちろんですが、
   月額料金が$9.99!  
   40分の無料通話分を越すと、$0.25/1分で加算されます。
   ちなみにアメリカどの州からかけてもかかってきても、
   ロングディスタンス料金は加算されません。(国際電話は$0.50/1分)
   うちはアメリカに来てほとんど携帯を使わないので、
   最近は請求金額が毎月$9.99です

② 日本語対応してもらえる
    ただでさえ複雑な契約内容が英語だとかなりめんどくさいので、
    日本語が通じると安心感があります
 
③ 通話明細がもらえる
    プリペイドだともらえません。

④ 携帯端末の持ち込みOK
    ちなみに私は端末を持ち込まず、
    HanaCellで最安だった、10数年前のPHS以下のショボ端末を使っています。
    


デメリット

私のようなトランシーバー的な使い方なら特にデメリットは感じませんが、
あえて挙げるなら・・・・

① 利用頻度が多い人や通話時間が長い人は向かない
    逆に高くなってしまう可能性があるので、定額の話し放題の方が良いと思います。

② インターネットが使えない
    そもそも携帯でネットをする文化がアメリカにはあまりないようですが、
    iPhoneとか使いたいのならやめた方がいいです。
    ちなみにEメールは送れます。

③ 対応があまりいいとは言えない!?
    登録したメールアドレスを間違われたことがあり、
    正しいアドレスを教えろというのでメールで連絡したところ、
    返信が遅かった・・・・という程度です。
    日本の感覚で考えると対応が良くない印象でしたが、
    たぶんアメリカの会社はもっと対応が悪いでしょう・・・・

④ アメリカの住所が決まっていないと契約できない
    私は渡米後すぐにプリペイド携帯を買って、
    住所が決まってからHanaCellに契約しました。
    プリペイド携帯の番号をナンバーポータビリティすることも可能らしいです。


最後に・・・・私はHanaCellの回し者ではございません(笑)
ただ、「アメリカでは携帯をあまり使わない・・・・でも連絡手段は必要」
という方にはぜひオススメするサービスです

スポンサーサイト

作業効率と整理整頓の関係

2008年09月02日 04:47

最近改めて気づいたこと。
アメリカに来てから、作業効率が悪すぎる
午前中いっぱいかかってこれしか終わらなかった・・・・とがっかりすること多数。
やる気のないせいかな~なんて思ってましたが、どうやら違うようです
原因を考えてみました。

① 英語で調べなければいけないことが多いので、処理スピードが落ちる。
② 分からないことをすぐに電話して聞くことができないので、
 インターネットの検索に時間がかかる。
③ プリンターが届いていないので、
 印刷やコピーする時はアパートの共用プリンタまで歩いて行かないといけない。
④ 物が適当に置かれているので、取りに行ったり探したりするのに時間がかかる。


主な原因はこの4つです。
原因が分かったところで、改善策を考えよう!

①と②はどうしようもない現実です・・・
ネットで調べ物をする時、
日本語だと斜め読みしても調べたいことが目に飛び込んでくるのに、
英語だとなかなかそうはいきません・・・。
日本だと手っ取り早く電話で聞いて済ませるようなことも、
いちいちネットで手探り状態で調べています。
それが英語の訓練になっているのも事実なんですが・・・。

③も仕方がないこと・・・
航空便は比較的早く着くのですが、ぶんなげて壊されたりするらしいので、
精密機械類を送るなら船便にしろと言われました。
早く届け~パソコン周辺機器!

残るは④のみ。
これは少々改善の余地がありそうです。
先日テーブルと椅子を買って少し快適度UPした書斎に、
必要な物を全部持ってきて探しやすい&取りやすいように
置き方を工夫することにしました。
入国時から増え続けている書類は、一応ファイリングはしていますが
改めてタグなどつけて整理し直してみようと思います。

突然ですが私達夫婦の数少ない共通の趣味の一つが実は、
ライフハック」なんです。
生活の「快適さ・効率・生産性」を上げる工夫を考えるために、
よく二人で会議してます(笑)

そんな私達にとって「整理整頓」はとっても重要。
ダイソーで仕切りグッズを買ってきて机の引き出しを使いやすくすることから始まり、
電子機器やITを駆使して情報を管理することに至るまで、
整理整頓することで作業効率が上がり、快適さが増し、
結果的に生産性が高まると思うんです。

いい感じにシステムが機能していた東京の我が家はリセットされ、
新天地で快適システムを再構築しなければいけません。
新しい間取りで物の置き場一つ工夫することもとても重要。
なるべく最短距離・最小頻度・最小労力になるように。
とはいえおしゃれなインテリアも大好きなので、
出しておけば効率的だけど、毎回しまう・・・というように、
効率よりも見た目の美しさを優先してしまう私です・・・

080901firework.jpg

最後は、昨日うちの近くから見た花火。
独立記念日に上げられるはずが、山火事騒動で延期になったそうです。

美しいものは無駄なものが多い。
それを無駄と切り捨てるか、芸術と評価するかは、
個人の価値観によるものですね

時差について

2008年08月29日 01:16

080829.jpg

時差ボケ

そういえば私は時差ボケをほとんど経験しなかったような気がします。

初日の朝は、いつもより早く目が覚めてしまい、
その日一日吐き気がして調子が出ませんでした。
昼すぎに眠くなることは2,3日続き、少し昼寝したりしていました。
一週間くらい経って、メンタルヘルスの記事に書いただるさは、
もしかして時差ボケの症状の一つだったのかもしれません。
それでも二日目からは夜にはちゃんと眠くなるし、
朝も7時頃ちょうどよく目が覚めていました。

ちなみに日本とアメリカは、16時間時差があります(冬は17時間)。
いろんな人から、時差ボケが直るまで2週間くらいはかかるよと言われていたのですが、
思ったよりひどくなくて良かったです。
いつでもどこでも爆睡できるタイプだから良かったのかな。


サマータイム

カリフォルニア州はサマータイム(Daylight Saving Time)を導入しています。
3月第二土曜日の午前2時から11月第一土曜日の午前2時までは、時計を1時間早めて、
昼間の明るい時間を有効に使おうという制度です。

私達がこちらに来た頃は一番日の長い時期で、
更にサマータイムが加わって20時でも外が明るい状態でした。
日没時間が本当なら19:15くらいのはずが、
サマータイムで1時間早まるので20:15になるのです。

「そろそろ暗くなってきたから家に帰ろう」と思うことなく、
必然的に昼間の活動時間は長くなります。
ちびっ子達も19時でもまだ外で遊んでいたりします。

う~んでも何か調子狂う!
まず夕食を食べるタイミングが分からなくなります。
外がまだ明るいのに夕食を食べるのって何だか変な感じです。

サマータイムの是非についてはいろいろな人が議論しています。
日本でも導入を検討中だとか、
それに日本睡眠学会が反対声明文を出したとか・・・。

私にはまだ、サマータイムの良し悪しは分かりません。
一年暮らしてみてどう感じるのか、楽しみですね。

車ゲット!

2008年08月15日 07:09

いよいよ納車の日
一路レンタカーでニッサンへ。
最近彼女と別れたというジュニアがレンタカー屋までフォードで併走してくれ、
レンタカーを返した後フォードに乗せられニッサンへ戻りました。
昨日マネージャーのデイビッドに散々命令され、こき使われているジュニアです


ノープロブレム!?

車に乗るのに必須なのは保険です。
保険のことはよく分からないのでデイビッドに任せていました。
デイビッドは頼りになるけど何だか適当で、
ノープロブレムノープロブレムって言ってるけどほんとに大丈夫か!?
と心配していましたが、やっぱりちょっと適当でした。

「午前中ミーティングで電話できなかったんだよ。」
と私達に会うと慌てて電話し始めたデイビッド。
しかし保険会社の人は長~いランチに行ってるらしく不在。
そしてどうやらダウンタウンの保険会社に車で行って、そこで契約をしなければならないとのこと。
行く間に事故ったらどうすればいいんだ~!
とかいう細かいことを言っていたらこの国では生きていけません
結局もう一度午後に待ち合わせて、ニッサンからまた車で併走して連れてってもらうことになりました。

今度のパシリはミゲル。
ミゲルの運転は超適当でついていくのが大変でした。
後ろからついてくる私達のことなどおかまいなしなので、
私達の間に別の車が入ってきて何度も見失いそうになるし。
しかも2回くらい黄色信号渡るもんだから、後ろの私達はクラクションならされちゃったよ


保険契約

それでも何とか保険屋のオフィスに着くと、女の人がペタペタ裸足で出てきました
超リラ~ックス
こっちの人は接客マナーとかあんまり重要視しないようです。
平気で契約中にガム食べてたりします。

契約はまたもや私達をグッタリさせました
一個一個分かりづらい項目を英語で説明され、
保証金額をいくらにするか決めさせられます。
そして半年分約$450の現金を支払い、燃えカスのようになって退散しました

もうお金を払うのはイヤだよ~


車購入!!!

2008年08月14日 06:58

080814SBCC.jpg

今日はついに車を購入するつもりでディーラーに行きました
お気に入りの一台はなかなか見つからなかったものの、
今ある中で決めるしかないと腹を決め、向かったのはニッサン。
何台かめぼしい車があったので最検討です。

昨日の営業のミゲルが、明日来る前に電話をくれと言っていたので
何度か電話しますが全く出ません
仕方なく直接行ってみると、何とミゲルは今日休んでるとのこと!
何ててきとーなんだぁ~
翌日会うと、病気で休んでたって・・・ほんとかよ~

何台か試乗してみた結果、私達が買ったのは・・・
2004年製 フォード タウルスSE 走行距離約45000マイル $8900
初期費用込み込みで$11750のところを、値下げしてもらって$10500でした
プラス、事故以外で故障したときに1回$50で修理してもらえるディーラー保険に2年間加入して$1210

合計$11710をキャッシュで吐き出して、またもやグッタリの私達

ニッサンでフォード購入って・・・でももう細かいことはいっていられないのです。
これ以上迷ってる時間はない!今すぐ車をゲットしなければレンタカー代が・・・
ということで下した苦渋の決断でした。
アメリカに来て、日本人なのに日本車に手が届かなくてアメリカ車を購入する私達。
ある意味郷に入っては郷に従ってるよね♪と話しました。

グッタリついでに、「エンジン音が気になるけど大丈夫か!?」とかグダグダ言ってたら、
奥から偉いマネージャーが出てきてディスカウントしてくれたり、
レンタカーやら保険やらの値下げ交渉をしてくれたので、結果的に助かりました

レンタカーを明日の午前中に返していよいよ納車です




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。