--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一山超えた

2009年09月25日 20:09

090926Hibiscas.jpg

アリゾナの旅から帰ってきたら、一ヶ月前に受けたTOEFLの結果も返ってきてました。
今回で最後にしようと思って受けたけどコンディションが万全じゃなかったので、
結果は期待していなかったのですが・・・・。

わ~い!ついに目標点数達成
長くかかったけど、少しずつ努力した結果が形に現れると嬉しいっ

ただ、大学院入学は期間と費用の関係で結局諦めました。
カウンセリングコースって、マスターでも卒業まで3年かかって、
学費は州立でも1000万円くらいかかるのです・・・・。
聴講生も同じ額の学費がかかるのですよぉ・・・・。

というわけで、次の目標は何にしようかなぁ。
英語はとりあえず、これからは英会話に重点を置けたらいいなぁと思ってます。
TOEFL勉強のおかげでいろいろな収穫があったのですが、
スピーキングはやっぱりまだまだ苦手なままで・・・・

インプット中心の勉強やってたのでなおさらかと思われます。
これからはアウトプット中心で・・・・とはいえ、どうしたものか

スポンサーサイト

おすすめ英語学習サイト

2009年09月09日 20:53

090909GoletaCafe.jpg

またまたお気に入りのカフェ、Goleta Coffee Companyにて。

最近、英語学習のためのとてもいい無料サイトを発見しました。
Livemochaです

どんな内容かというと・・・・。
 ① 学習コースを選択する。
    TOEFLコースとか旅行での会話コースとかあります。
 ② 課題に取り組む。
   センテンスのレビュー・リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングなどあります。
 ③ 課題を提出する。
    例えば英語の課題をオンラインで提出すると、
    英語が母国語で他の言語を勉強している会員に送信されます。
    (人を選んで送信することもできます。)
 ④ 添削してもらった課題を見直す。
 ⑤ 他の人の課題を添削する。

私もさっそくやってみました。
実際の問題と、提出した課題に返ってきたコメントです。

      

【ライティング問題】
Last vacation
Where was the last place you went on a vacation? How far away is it from your home? How much did the ticket cost to get there?

【私の回答】
I went to San Francisco on my vacation. I heard that it takes six hours by car from my hometown but it actually took eight hours because I had a heavy traffic jam due to mountain fire. On that trip, I was the only driver so I've throughout drove! So, I don't need any ticket to get there.

【添削コメント】
"I went to San Francisco on my vacation." <Sounds fine>

"I heard that it takes six hours by car from my hometown but it actually took eight hours because I had a heavy traffic jam due to mountain fire." <Seems a bit awkward. What if we slightly rearrange the words? "Due to traffic jams caused by mountain fires the six hour car trip actually took eight hours.">

On that trip, I was the only driver... <We could say "During the trip I was the only driver.">

Overall, you did a fine job - Keep up good work!

      

【スピーキング練習問題】※音読したものを録音して送信
Wine Regions
What is in a bottle of wine? People usually make wine from varieties of grapes. Merlot and Chardonnay are varieties of grapes. Often, the name of wine comes from the variety of grape. But wine can also take its name from the place of production. Chianti and Bordeaux are places of production. The color of red wine comes from the skin of the grapes. White wine does not use the skin of the grapes.

【コメント】
・ pretty good except the pronunciation for the regional areas like Chianti and Bordeaux.

・ Very good. Like sugarnspice said, Chianti and Bordeaux are mispronounced, but hey, they're words borrowed from Italian and French, so who cares. "Chi-" in Italian is a hard "k" sound and both vowels in "Bordeaux" are an "o" sound.

・ Very, very good. I really like your tone(voice).

      

こんな感じでした~。
おぉ~すぐにコメントがもらえ、みんな励ましてくれてやる気が出る!

外国人のメル友・チャット友・スカイプ友を探して言語交換するためのサイトや、
サイト内に書いたブログを世界中の学習者でお互いに添削しあうサイトは、
星の数ほどあるのですが、その中でもここはとてもいいかも。

Livemocha以外のサイトについては、
ほとんどの人は一方的に添削してもらいたいだけになっちゃうんじゃないかしら、
と思って仕組みが成り立つのか疑っていたのですが、
ここは、お題が決まっているので添削しやすいのと、
自分が課題を提出した直後に「この人の課題を添削してください」という画面になるので、
それを無視することもできるのですが、義理を感じてついつい添削したくなる・・・・
なかなかよく工夫されていると思います。
有料コースに申し込めば、更にいろいろできるみたいです。

ライティングって、自分の文章の不自然さになかなか気付きにくいので、
ネイティブの人に添削してもらえると勉強になります。
スピーキング練習も、こんな風に宿題でも出されない限り
自分の声を録音して練習するなんておっくうでやらないし・・・・。
何より、みんなで一緒にがんばってるっていう仲間意識が、モチベーションにつながるかも!?

前に紹介したSmart.fm(改名前はiKnow)も、ディクテーションが特に良いと思いま~す。

七夕気分を味わいたくて・・・

2009年07月07日 18:31

090707SeaTsuruo.jpg

7月7日。七夕の日
日本にいると分からなかったのですが、
日本は伝統行事が沢山ある国なんだなぁと気付きました
行事を通して季節を感じられるって幸せなことだと思います

そんな伝統行事のあまりないアメリカにいても、
日本の七夕が恋しくなって夜の湖に星を見に行ってきました
ほとんど満月に近かったので、星はあまり沢山見られませんでしたが、
明るい月の光に照らされた湖面は鏡のようでとてもキレイでした
晴天続きのカリフォルニアでは、
織姫と彦星も毎年会えちゃって何かロマンチックじゃないなぁ・・・・(笑)

  

ところで、最近さぼっていた勉強、ぼちぼち再開です
長~い夏休み期間は英語のクラスもなくなったりして、
油断すると英語力が退化してしまいかねない恐ろしい期間ですが、
逆に集中して勉強できるチャンスでもあるので、ツル男と共に図書館通い再開です

それと同時に、一日中日本語禁止生活も再開です。
ツル男とだと一番リラックスして気兼ねなく話せるので、
実は意外に英会話練習相手に適しています。
以前に比べれば大分いろいろなことが英語で話せるようになってきたかな。
まだまだ3合目くらいという感じですが
めげずにエッチラオッチラ登って行きます

スランプ!?

2009年04月03日 23:49

相変わらず、えっちらおっちらと英語の勉強に励んでいる私ですが、
ここ最近真剣さが薄れ、スランプ状態が続いております。

しかもここ数週間は、勉強しても手ごたえを感じられない状態が続いていて、
やる気のなさに更に拍車をかけております
これまでは・・・・、



① 渡米2~3ヶ月後
  リスニングに抵抗がなくなってきて、
  話していることが「何となく」推測できるようになってきた。

② 渡米5~6ヶ月後
  単語帳を一冊暗記したところ、辞書なしで読めるものが増えてきた。
  今まで聞こえてこなかった単語が聞こえてくるようになり、リスニング力もUPしたような。
TOEFL TEST完全攻略3000語―Computer‐Based Testing対応TOEFL TEST完全攻略3000語―Computer‐Based Testing対応
(2000/12)
木村 哲也

商品詳細を見る
これ↑とこれ↓。
2冊の本でかぶってない単語がけっこうあるため両方やっております。
そしてまだ完全には覚えられていませ~ん。
TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)
(2006/05)
神部 孝

商品詳細を見る

③ 渡米6~7ヶ月目後
  下の本(激ムズ)に、今まで溜まっていたいろいろな疑問の答えが書いてあることを知る。
  まだ読破していないし何度も読まないと身につかない内容だけど、
  以前より英文の構造をきちんと理解できるようになってきた。
英文解釈教室英文解釈教室
(1997/06)
伊藤 和夫

商品詳細を見る



といった感じで進歩を感じて自分を励ましながらやってきたわけですが、
ここ最近は何の進歩も感じられず、むしろ後退したような気がしてくすぶっていました

そんな時には夫婦会議
我が家では、お互い何か煮詰まった時によく会議を開くのですが、
今回もツル男の知恵を拝借して、勉強計画を立て直しやる気を充電しました。
おまけに毎週英単語テストをやってくれることに(何とナイスな旦那様)。
よし!明日から再スタートだ~

<今後の計画>
・ ボキャブラリー
   単語帳暗記し、毎週日曜日に「ツル男テスト」実施。
・ リーディング
   問題集解く。
   新聞・カウンセリングの論文・小説読む。
・ 文法
   問題集解く。
・ リスニング
   問題集解く。
・ ライティング
   毎日書いたものを週一アメリカ人の先生に添削してもらう。(最近始めた)
・ 英会話
   授業に出たり、カンバセーションパートナーと週一話したり。
   実は今のところ重点を置いてないので、平日の2時間だけ。


最後に、あの本に書いてあった学習曲線を思い出しました・・・・。
ここここれはプラトーかぁ~!
そうか、まだ脳が第二次変化を起こせないでいるのですね。
そのためには第一次変化を「起こし続けること(継続/反復)」が必要だ~

ということで、不器用で人一倍時間がかかるけど、
めげずに淡々と勉強し続けることにいたします・・・・
この場を借りて有言実行、がんばれツルコ~
 

積み重ね続けることの大切さ

2009年03月02日 23:21

1月に受けた英語のテストの結果がこの間返ってきました。
結果はまぁこんなもんかなという感じ。
前回よりだいぶ点数が上がり、今回のテストの目標は達成しましたが、
最終ゴールまではまだもう少しだけ長い道のりが残ってます。
なかなか一朝一夕にはいかないものですね~・・・・

くじけそうになる時、mehoriさんのブログLifehacking.jpに紹介されていた、
「10000時間積み上げの法則」を思い出します。
「伝説的なプログラマーのビル・ジョイのような人や、
ビル・ゲイツや、ビートルズのようなバンドの成功も、
『10000時間の努力』と、いくつかのタイミングが支配している」のだそうです。
それを裏付けるような、以下のような調査結果があるそうです。

 

 たとえば、音楽学校でバイオリンを学んでいる生徒を、ソリストになりそうなグループと、プロオケでやっていけそうなグループ、そしてプロオケは無理でも音楽の先生になりそうな3グループにわけて練習量を比較するという調査を行うと興味深い事実がわかるのだそうです。 全てのグループでバイオリンを始めた平均的な年齢は変わらず、「スタートが早かった」効果はグループでみると無視できました。それに対して練習量 は、他のグループは同じ年齢で 8000 時間、あるいは 4000 時間にしか達していなかったのに対して、ソリストになりそうなグループは計10000時間ほど、一週間の練習量も他のグループよりも飛躍的に高かったのです。


この調査によると、こういう人達は存在しなかったそうです。

 ① 練習をせずに天才的才能を発揮する人
 ② いくら練習をしても上達しない人

つまり・・・・

生まれつきの天才に見える人でも、必ず努力しているし、
人一倍努力しさえすれば、必ず上達するということ

です。そして、10000時間積み重ねた暁には・・・・
もしかしたら自分も、その分野で素晴らしい才能を発揮しているかも!?

本格的に英語の勉強を始める決意をした11月半ばから、
机に向かって勉強した時間を記録してきました。
2月まででトータル215時間・・・・。
10000時間のほんの2%くらい
このペースで10000時間に到達するためには・・・13年くらいか!?
ひょえ~・・・・そんなに努力を続けないと英語のエキスパートにはなれないのかぁ

・・・・と、そんな先の見えないゴールを眺めて絶望するよりは、
ここまでの道のりを振り返って自分を褒めてあげよう
3ヶ月半前と比べて、何といろんなことが分かるようになったことか
たった2%の道しか進んでいないけど、人と比べて劣っているけれど、
過去の自分と比べてこんなに進歩したという実感があるから、
これからも前に進んで行こうという気持ちになれます

そう、大切なのは、目標までの距離を測ることでも、人と比べることでもなく、
過去の自分と比べてどう進歩したかを確認しながら
自分のペースで一歩一歩前に進んでいくこと
なんだ

努力して、進歩することは楽しい
恥ずかしながら人生30年目にして、初めてそう感じています。
怠け者で今まで努力らしい努力をして来なかった私は、
努力せずに要領よく体裁を整えることばかり考え、
コツコツ積み重ねる続けることの大切さを知りませんでした

今思えば大学受験勉強だって、大学院での専門の勉強だって、
あの頃ならもっともっと積み重ねることができたのに、
もったいない時間の使い方をしたなぁと悔しく思います
最初のうちは何とかごまかせたとしても何年か経ったら、
積み重ね続けた人に絶対かなわない時がやってくる・・・・。

だからこそ、毎日1時間でも多く、積み重ね続ける人になろう
気分屋で怠け者の性格は変えられそうにありませんが、
今からでも遅くないはずと信じて、
一生勉強して積み重ね続けていきたい・・・・と思います




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。