--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍がんばれ

2010年02月01日 14:41

ツル男は自分のテリトリーの快適度を大切にしています。
私より几帳面でキレイ好きなツル男は、整理整頓にも余念がありません。
好みが分かれるところでしょうが、私的には楽で助かる夫です

そんなツル男のテリトリー(=書斎)の快適度を更にUPするために、模様変えをしました。
以前から、机が狭い狭いと言っていたので、
無理矢理机を3つくっつけて、ついにL字型になりました。

100201Desk.jpg

書斎にくっついているウォークインクローゼットは、完全に書庫化してます。
こっちに来てから二倍に増えた本達、これから更に増えることが予想されます。

100201Shelves2.jpg

最近予算カットの影響で、大学の教科書がオンラインで配布されるようになったとか
米Amazonも、電子書籍の売り上げが紙書籍の売り上げを抜いたそうです。
ツル男もAmazon KindleiPadをほしがっていますが、
日本では著作権問題で書籍の電子化が難航しているので、購入に踏み切れずにいます。

日本が頭の固いこと言ってないで、時代の変化に柔軟に対応してくれれば、
本の置き場所で頭を悩ませる必要はなくなるのにな~

スポンサーサイト

エロかわいいリブラちゃん from デンマーク

2009年07月11日 10:59



サンタバーバラからほど近いデンマーク村、ソルバンクにお出かけした時のこと。
デンマークの由緒ある陶器ブランド、Royal Copenhagenのお店にふらりと寄りました。
するとツル男、何故か陶器の置物にひとめぼれ・・・・そしてまさかの衝動買い
普段あまりそういうことをしないので、意外な行動にびっくり

・・・・これです。

DSCN2545.jpgDSCN2546.jpg
DSCN2547.jpgDSCN2548.jpg

まさかロイヤルコペンハーゲンの置物を手に入れることになろうとは
「Because it's very beautiful !(日本語禁止中)」とのことです。

Christel Zodiacというシリーズで、ツル男の誕生日のてんびん座のリブラちゃんです
ちなみに私の誕生日のおうし座トーラスちゃんは、あんまり可愛くなかったので買いませんでした

多少の動揺を抱えながら帰宅したものの、いざ部屋に飾ってみると意外にしっくり
我が家の書斎のテイストによく合います。
しかもカワイイし

DSCN2531.jpg

論文執筆作業中の主人の後姿を見つめるリブラちゃん

DSCN2538.jpg

高いところから見下ろすリブラちゃん
ご主人様、ガンバレ

DSCN2534.jpg

今日もエロ癒しパワーで主人をしっかりサポートしております

立てば○○

2009年06月11日 00:27

090611しゃくやく

しゃくやくは日本の伝統的な花のイメージがありますが、
アメリカでも今はしゃくやく=Peonyの季節だそうで、
先日嬉しくなって買ってみました

そして今日は一日、友達のプレゼントを作っていました。
人にあげる物を作ってる時ってなんでこんなに楽しいんでしょう
しかもなかなかいい仕上がりになって、あげるのが楽しみだな~ルルン

我が家のクリスマスツリー

2008年12月14日 22:01

もうすぐクリスマス

家も。
081218ChristmasDecoration.jpg

街も。
081218ChristmasTree@camino.jpg

車も。
081213ChristmasCar.jpg

すっかりクリスマスムードです
でも、思ったほどでもない気がするのは田舎だからなんでしょうか。
この街のお店はクリスマスに閉店するそうだからびっくりです。
従業員もお客さんも、おうちでゆっくり過ごしましょうってことなんでしょうか。

ちなみに日本でもおなじみに「メリークリスマス!」という言葉。
実はクリスチャンにしか言わないんだそうです。
他の宗教のお祭りも年末に重なるため、
相手がクリスチャン以外の場合は「ハッピーホリデイ!」というのが普通なんだそう。

それでもカトリック教徒でない人も日本と同様、
クリスマスの日をサンタのお祭りとしてお祝いします。
私はサンタはフィンランドからやってくるもんだと思ってましたが、
実はこれ日本だけの話らしい!
日本がたまたまフィンランドと契約(?)を結んでいるだけで、
伝説の中のサンタはグリーンランドに住んでいるらしいです

グリーンランド国際サンタクロース協会というのがあって、
世界各国に180人の公認サンタクロースがいるそうです。
日本にも一人だけいました!その名もパラダイス山本さん!
何ともうさんくさそうなサンタさんにぴったりな名前じゃぁないですか
(サンタクロースの由来はこちら

うちも、先週からちょっとだけ盛り上がってます。
大きいクリスマスツリー買いました。
う~ん癒されます

081213ChristmasTree.jpg

レンタル家具キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

2008年09月12日 00:58

080912ダイニングテーブル

ついに来ましたレンタル家具
ダイニングテーブルセット、ベッド、ランプ、ツル男の机と椅子、本棚。
これでだいぶ人間らしい生活ができます。

先日のブログに書いていた家具屋とのバトルは、
結局はっきりした結論は得られず、私が諦めました

I can not guarantee the items you want will be available in a week
or so...it may be sooner, it could be longer.

だって。
I can not guarantee・・・
アメリカに来てから何度こんな言葉を聞いただろう・・・
でもそれがこの国の常識なんでしょうから仕方がないです。

最後にサインする前に、
在庫がないからといって勝手に替えられたランプの背が高すぎたので、
AかBに替えられないか聞いてみました。
すると何故かCになら替えられると・・・。
Cなら替えなくていいよ・・・てことで、
結局何も変更せずに昨日サインしたのでした。

13:00から15:00の間は都合悪いってメールに書いたのに、
12:00から18:00の間に行くっていう電話が来て、結局13:30に来るし

来てくれたのはおそらくメキシコ系の男性二人。
我が家は土足禁止なので、一応聞いてみました。

「靴を脱いでいただけますか?」
「No. I can't take my shes off. I'm sorry.」


あっさり断られました(笑)
まあ、沢山重い荷物を運んで往復する度に脱いでたら仕事に差し障るでしょうからね。
と思い直し、慌ててダンボールを敷きつめました
この日のために念のために取っておいて良かった~。
おじさんの方はダンボール敷いてないところもドカドカ土足お構いなしでしたけど、
若いお兄ちゃんの方は気を使って布を敷きながらやってくれました

ほんとに面白いな~と思います
日本の場合、「お客様は神様」ですから、
靴を脱げと言われたら脱ぐか、恐縮して断るかだと思います。
しかしアメリカでは、サービス業者と客の間に上下関係はありません。
サービス業者側はあくまで自分の仕事をまっとうするだけ。
ちゃんと権利も主張してきますし、日本だったらふてぶてしいくらい対等な関係です。
別れ際、日本だったらお客様に深々とお辞儀をするところを、がっちり握手をして別れます(笑)

 客 「グッジョブだったよ。ありがとな。」
業者 「大したことないぜ。またな。」


みたいなイメージ(笑)
ほんと面白いな~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。