--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康第一

2010年05月06日 18:17

100506Segway.jpg
<写真は街で見かけた、セグウェイで犬の散歩の図>

あれは7年前の春・・・・
大学院卒業記念に仲間5~6人で台湾旅行に行くことになった時のことです。
みんなで行く海外が楽しみで仕方なく、ワクワクしながら計画を立てていました
そこににわかに勃発したのが、SARS騒動

SARS。覚えているでしょうか。
和名、重症急性呼吸器症候群
謎の新型ウイルスSARSの流行で、当時8,098人が感染し、774人が亡くなりました

私達の出発日直前、
台湾人医師がSARSに感染して空港で倒れる
という恐ろしいニュースが飛び込んできました
旅行を取りやめるべきか否か・・・・協議の末、私達は予定通り旅行を決行することに。
旅行当日はSARSの心配はどこへやら、思いっきり楽しんで帰ってきました

帰国翌日。
一人で電話相談のバイト中(休日でほとんど電話はかかってこない)に私の体ににわかに異変が・・・・
悪寒、節々の痛み、倦怠感、
そして熱はみるみるうちに39℃台に突破
朦朧とした意識の中で、私はたった一人で葛藤しました。

・・・・私、SARS?どうしよう・・・今すぐ病院に行くべきか・・・・
SARSだとしたら、この部屋は完全に汚染されているから、
誰かに報告して消毒してもらわなきゃ。
一緒に行った仲間達にも感染しているかもしれない。
更に感染するのを防ぐために今すぐ仲間に伝えた方がいいのかな。
でもSARSじゃなかったとしたら、ただの人騒がせになってしまう。
親にもまだ言えない。
私、死ぬのかな・・・・遺書書いた方がいいかな・・・・。


などなど。
そして朦朧とした頭で自ら運転して、医大の休日窓口に向かいました
看護婦さんに、台湾旅行から帰ってきてこの状態になったことを説明すると、
看護婦さんの顔色が変わり、マスク装着。
周りの患者さんも私の周りから逃げるようにいなくなっていきます。
慌てて売店にマスクを買いに走る人も。
ほんとに申し訳ないと思いつつ、藁にもすがる気持ちでそこにいるしかない状態

しかしその日は運悪く休日だったため、当番は麻酔科のお医者さんでした。
「インフルエンザの検査は陰性だからもしかしたらSARSかも知れないけど分からない」と言われます。
「とりあえず薬を飲んで様子を見て、悪化するようならここに電話して。」
SARS緊急窓口みたいな電話番号を渡されて帰されました

後は覚えてません。
家について薬飲んで、泥のように眠り続けました。
3日後。
熱はウソのように下がって普通の状態に
一時は死を覚悟したけど、どうやら旅の疲れが原因だったようです
あぁ・・・・SARS感染者日本人第一号にならなくて本当に良かった。

以前も強行スケジュールなサンフランシスコ旅行から帰ってきた翌日、
発熱して4日間寝込み、その後ウソのようにケロリと回復したということがありました
昔から体が強そうに見えて弱く、疲れると体が一時的に休眠状態になるみたいです(汗)
おかげさまで今回の体調はすっかり復活し元気一杯
それにしても、健康第一・体力第一だなぁ・・・・。

スポンサーサイト

ワ~イとガ~ン

2010年03月11日 01:39

今日ポストをチェックしたら届いていたもの
フィニックスでのトレーニング修了証明書
ワ━━ヽ(*´∀`)ノ━━イ!!

100311Certificate.jpg

も一つおまけに届いていたもの
アリゾナ州交通局からの「交通違反のお知らせ」(写真付き)
il||liガ━━(゜Д゜;)━━━ンil||li

100311Notice.jpg

あぁ・・・・気のせいだと信じたかった。でも現実だった。
この記事に書いたように、私はフィニックスでスピード違反をして
自動速度取締機に激写されました

まぎれもなく、この顔は私だ・・・・。
しかもカメラ目線・・・・かなり恥ずかしい
うん、だって、しかとこの目でフラッシュが光る瞬間を見たものはは・・・
こんなところで記念写真撮るつもりなかったんだけどなぁ。

100311Speeding.jpg

いくら反則金を払えばいいのか、書類には書いていなかったので、
指定のサイトでチェックすることに。

いやぁ、最近の交通違反事情もハイテクですなぁ。
オンラインにて、周囲の状況写真、顔写真、くっきり写ったナンバープレート写真の3枚に加え、
違反の決定的瞬間の動画も確認することができました

うん、確かに、見覚えのある車が颯爽と走り抜けてた
言い逃れようがないわっ

あの時に戻って、トレーニング修了の至福に浸ってる自分に注意してあげたい。
「上の空になってスピード出てますよ。」って
ツル男ママがよく言ってた。
「うまくいった時ほど気を引き締めなさい」って。
全くその通りだ

結局なぜかオンライン支払いの画面に行けず、金額は分かずじまいだった。
かなり高いことは確かであります。
明日またチェックしてみよ・・・・。゚( ´pω・`。)゚。

ワードのバカ~

2010年02月21日 21:55

お休み二日目。
今日は遊びの誘いを断り、勉強デーにして来週の予習などしました。
夕方からちょっとだけ、Zeig解説EricksonのセッションのDVDを友達と一緒に見ました。

ていうか一昨日最悪なことがあった。
毎日ホテルに帰ってから、
その日のクラスで感じたことや経験したことをパソコンで文章にしてるんだけど、
金曜日、何を思ったか木曜日の分を上書き保存で消してしまった
痛恨のミス!

レクチャーの内容は、後でCDを買えばもう一度確認できるけど、
その時自分が感じたことは、記録しなければ消えてしまう。
そっちの方がより大切なので、気持ちの新鮮なうちに書いたのに・・・・
ワードのバカ~、もっとしつこく確認してくれてもいいじゃ~ん、
あんなに頑張って書いてたこと知ってるくせに~イジワル~

何とかファイルを修復しようとして努力してみたけどムリだった。
めっちゃ凹んだ・・・・。
また頑張って思い出して書きました。
とほほ・・・・

高機能過ぎる空気入れ

2010年02月08日 13:54

晴天続きだったストームシーズン前半を埋め合わせるように、
雨が比較的多い今日この頃です

さっき雨が降っっていたかと思ったらぱぁーっとお日様が出たり、
昨日寒かったと思ったら今日は汗ばむくらいだったり、
天気がくるくる変わります。

雨上がりの後のお日様は、何だか思いっきり泣いた後みたいで優しくて気持ちいいです
山火事で木が燃えて淋しい感じになっていた山肌も、雨の恵みで日に日に緑が濃くなりキレイです


        


昨日、1度乗ったきり1年近く放置していた自転車のタイヤに空気を入れました。
3時間くらいかけて・・・・

なぜそんなに時間がかかったかというと、
高機能過ぎる空気入れのせいです。
アメリカのS社製で、空気圧を測るメーターもついてて結構高かったやつ。
高機能のせいで何だか複雑で、しかもタイヤの空気口が見慣れない米式で・・・・
(英・仏・米式などあって、日本のママチャリは英式。)

あーでもないこーでもないと七転八倒したあげく、変なねじを外したら部品が取れて戻せなくなり、
空気入れを買ったお店まで出向いて、同じ商品を見て部品の戻し方を確認したりなんかして
結局空気は何とか入れられたけど、かなりゲッソリしました~

100208Pump.jpg

ネットでいろいろ調べてたら、あれあれ?アメリカ人にも仲間が沢山いるじゃないか~

S社製空気入れの使い方が分からなくてパティオで暴れまわった人。
「Do not buy the ○○○(S社製空気入れ).」っていうレビュー。
S社製空気入れによる苦しみを分かち合うフォーラムやサポートグループなどなど。


わ~い、私と同じまぬけな人達が沢山いるぞ~と思ったら、何だかちょっと幸せな気分になりました(笑)

何はともあれ、我が家の放置自転車に、永い眠りから覚めて働いてもらわなければいけません。
明日になってタイヤの空気が抜けていなかったらタイヤは異常なし。
結果はいかに!?

信頼できる修理工場

2010年01月29日 11:02

100129ParmTrees.jpg

以前のトラブル以来、長距離運転にも耐え、割と機嫌よく走ってくれていた我が家の愛車。
この冬に入ってエンジンルームから異音がし始めました。
キュルキュルキュルキュル・・・・
明らかにヤバそうな音。

NissanでFordを買うという拭い去れない失態はさておくとして、
Nissanで加入した保険がかなりの威力を発揮してくれるので、
いつもNissanの修理工場でメンテナンスをお願いしていました。
ところが彼らメカニック、あまりちゃんと車を見てくれているとは思えず、
正直言ってあまり信用できなくなっていました

そんな時にアメリカ人の知り合いが紹介してくれた別の修理工場で点検をお願いしたところ、
いくつか問題が見つけてくれ、しかもちゃんと親切に説明してくれ、料金安い
そして、Nissanの保険を持っていることを話すと、

「これとこれ(高額修理)は保険を使うべきだよ。
来週Nissanに持って行って、そこから電話して。そしたら直接説明してあげるよ。」


と言ってくれました
Eric Krebs Automotiveという修理工場、かなりいいです!

100129SchoolBus.jpg
(写真はこちらのスクールバス。側面のStopサインが立ち上がって赤いランプが点等した時は、
子ども達が乗降中なので後ろに停車して待たなければいけません。)


そんなこんなで、車の診断書を握り締め、いざNissanへ。
Eric Krebs Automotiveに電話して説明してもらっていいか聞いたところ、
「No! 分かるから大丈夫大丈夫(ちょっとイラつき気味)」
結局その日はアポなしで行ったので、次の週にアポを取って帰されました

何か心配だ・・・・ホントに分かるのか!?
そのメカニックをかなり信頼していない私は、Eric Krebs Automotiveに相談に行きました。
するとまたまた親切に、車の診断書に説明を手書きで付け加えてくれ、
やっと安心してNissanに車を預けたのが27日午前10時

Eric Krebs Automotiveの話では、修理には4~5時間かかるんじゃないかということでした。
Nissanでも最初、その日のうちに直ると言われていたのですが・・・・。
夕方電話がかかってきて、修理は次の日までかかるとのこと
ちょっと困るけどまぁしょうがないかと、不便なバス生活をすることに

ところが次の日!
留守電に折り返し電話をくれというメッセージが。
「この部分は保険でカバーできて、この部分は実費になるけどどうする?」
という意思確認でした。
「で、もう修理したんですか?」
「まだ何もしてないよ。だって電話したけど出ないから取り掛かれなかったんだよ。」

えぇ~!!!っていうか電話くれたのつい1時間前だし・・・・。
車預けて丸一日なにしていたんだろ~多分何もしてなかったんだろうな~

相変わらずの感じで、車が戻ってくるまで結局3日もかかってしまいました。
料金は保険がきいて$50。

修理中、車がないと不便なので、レンタカーを割引してもらおうと思い、
Nissanで唯一信頼できるマネージャーの携帯に電話すると、
慌ててレンタカー屋まで駆けつけて手続きしてくれました。
昔散々文句を言ったりしてるので、このマネージャーだけは気を使って対応してくれます。

どの店もサービスの質が平均的な日本と違って、
アメリカでは店によってサービスの質にかなりの差があります(料金に比例する傾向あり)。
たまにEric Krebs Automotiveのように(しつこく宣伝 笑)、
良心的な値段でサービスもいい店がありますが、
信頼できる良い店を見つけることってアメリカで生活する上で重要だな~と思います




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。